七夕

七夕に出てくる「天の川」って何? ストーリーも紹介!

こんにちは、「流行の疑問をすっきり解決!」パレットボーイです。

一年の中で私たちが最も天の川を意識するのって7月7日の「七夕」ですよね。

しかし、その時期は日本では梅雨の真っ最中のためほとんど天の川を見ることはありません。

ということは、天の川を今まで一度も見たことがない人って結構多いのではないでしょうか。                         

※以下Twitterより引用

今回は、そんな天の川と七夕の関係についてまとめてみました。

みなさん必見ですよ!

 

 

天の川って?

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

一般的に、天の川とは、天空に浮かぶ帯状の川のような星の大群のことを言います。

おそらく、昔の人が天に川が流れているように感じて「天の川」と呼ぶようになったのでしょう。

そんな天の川は、円盤状に広がった銀河で、私たちの住んでいる地球や、太陽が位置する太陽系もその一部です。

そして、地球や天の川が属する銀河を「銀河系」あるいは「天の川銀河」と言います。

天の川は、銀河系の内側を地球から射手座の方に眺めた空です。

そのため、天の川は一年中、肉眼での観測が可能になっています。

天の川銀河直径10万光年です。

つまり、1秒間で地球を7周半するという光の速さで10万年かかるということなんです。

距離にすると、94兆6000億㎞もあるんですよ。

天の川には太陽に似た星が無数にあるのですが、それ以外にも星間物質と呼ばれるガスから出来た物質が含まれています。

重さは、恒星の10分の1ほどで、恒星と星間物質が円盤状になって回転しています。

ちなみに、恒星の総数は2000億個あると言われています。

現在、私たち人類はものすごい勢いで科学を発展させ、宇宙の謎も解明してきています。

もしかしたら、遠い未来、銀河系のどこかにあるワームホールを発見してタイムマシンで行ける時代が来るかもしれないですよ

 

ガリレイの発見

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

昔の人は、天の川を天を横切る雲のような存在としてしか認識していなかったのですが、それが星の集まりであるということを発見したのが1609年天体望遠鏡を自作して観測したガリレイなんです。

ちなみに、ガリレイとはイタリア物理学者であり、天文学者、発明家、哲学者でもあるんです。

様々な業績を残しており、「天文学の父」としても有名なんですよ。

その後、様々な観測を経て天の川が銀河系の中から見える姿であるということが判明しました。

ちなみに、最も明るく見える天の川は、夏の夜空に見える射手座付近であり、銀河系の中心部を見ていることになります。

逆に、冬の天の川は、銀河系の外側を見ていることになるのでその分天の川が暗く見えます。

夏に見える最も濃い天の川が銀河系の中心で、そこにもしかしたら「ブラックホール」が存在しているかもしれないなんて、私たちは本当にすごいものを目にしているんですね。

 

 

七夕ストーリー

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

1年に一度、7月7日にだけ夫婦である織姫と彦星が会うことができる。

というのが「七夕」のストーリーです。

夜空に輝く天の川。

その天の川のほとりにいる神様に一人の娘がいました。

その娘の名を、織姫といいます。

織姫のお仕事は、神様達の衣服を織る仕事で、毎日とても熱心に働いていました。

しかし、働き過ぎの織姫は、年頃の女の子だというのに、自分の身なりに関してはかなりの無頓着さでした。

それを見かねた神様は、織姫のお婿さん探しをし始めました。

そこで、神様が選んだ男性が、皆さんもよくご存じの、彦星でした。

彦星は、牛の世話や畑仕事を真面目にする好青年です。

織姫と彦星はすぐに仲良くなって、お互い好きになり、やがて結婚しました。

そこまでは良かったのですが、二人は結婚したとたん、全く仕事をしないようになってしまったのです。

それを見た神様は、二人を天の川の両岸に無理やり引き離しました

落ち込んだ二人は、余計に仕事をしなくなってしまいました。

そこで困った神様は二人に「真面目に仕事をすれば、1年に一度、7月7日にだけ会うことを許そう」と条件を出したのです。

それから、織姫と彦星は真面目に働くようになりました。

こちらが、「七夕」の大まかなストーリーです。

 

 

〜おわりに〜

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

いかがでしたか?

実は、私たちも知らないうちに天の川を見ていたのかもしれませんよね。

それにしても、1年に一度しか好きな人と会えないなんて神様も少し厳しすぎませんか?

織姫と彦星には深いストーリーがあったことを知った今、これまでとは、またひと味違った「七夕」を迎えられるんじゃないでしょうか。

それでは最後に天の川の紹介動画で今回の記事の締めとさせていただきます。

 

(Youtube/PhotoGalleryNorthより)

仙台七夕祭り 今年はいつ開催されるの!?

こんにちは、「流行の疑問をすっきり解決!」パレットボーイです。

七夕と言えば、一般的には7月に行われる行事ですよね。

ですが、一部の地域では、8月に行われるところもあるんです。

いくつかある七夕祭りの中でも、宮城県仙台で行われる七夕祭りは、8月に行われることで有名なんですよ。                         

※以下Twitterより引用
https://twitter.com/___n__525/status/858995006232711168

今回はそんな日本を代表する七夕祭り、「仙台七夕祭り」についてまとめてみました。

みなさん、必見ですよ!

 

 

七夕祭り日程

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

では、さっそく気になる仙台七夕祭りの日程をお伝えしますね。

仙台七夕祭りが行われるのは、毎年、8月6日から8日までの3日間となっています。

そのため、2017年の日程は、8月6日(㈰)から8日(火)になります。

開催時間は10時~22時の予定です。

仙台駅前から中央通り、一番街通りのアーケード街にかけて豪華な七夕飾りがご覧いただけます。

商店街の周辺でも昔ながらの素朴な笹飾りがご覧になれますよ。

ちなみに昭和初期までは、旧暦7月7日に祭りが実施されていたそなんです。

なお、「仙台七夕祭り」の前日には「仙台七夕花火祭り」が行われるので是非興味のある方は行ってみてくださいね!

 

 

仙台七夕祭りとは?

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

仙台七夕祭りとは、旧仙台藩内各地で5節句のひとつ「七夕」にちなんで毎年行われる祭りのことです。

地元では「たなばたさん」とも呼ばれています。

最初は、笹飾りを眺めるだけのお祭りだったのですが、だんだんと、「星の屑まつり」というパレードや「夕涼みコンサート」などの音楽ライブといった様々なイベントが増えてきました。

では、なぜ笹飾りを見るだけだった素朴なお祭りがここまで規模が大きくなったのかをお話ししていきますね。

 

歴史

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

七夕祭りは、もともと中国で行われていたものだったのですが、それが朝鮮半島の百済を経て、奈良、仙台へ伝わってきたと言われています。

仙台といえば、皆さんもよくご存じの伊達政宗が有名ですが、その伊達政宗が、文化向上のために七夕をすすめたことが、仙台七夕祭りの始まりとされています。

ちなみに、伊達政宗とは、戦国時代から江戸時代前期を生きた人物で、出羽国と陸奥国の戦国大名です。

関ヶ原の戦いや大阪の役などで活躍しました。

七夕仙台祭りは、一度景気が悪くなったせいで縮小されたのですが、第一次世界大戦後に復活を遂げました。

しかしその後、また第二次世界大戦が起こったため、また縮小することになります。

ですが終戦後、1947年5000本の竹飾りを沿道に飾って、再び復活を遂げました。

このように、復活、縮小、また復活を繰り返して現在の七夕祭りが存在しているのですね。

 

七夕飾り

では、「仙台七夕祭り」で展示される七夕飾りを見ていきましょう!

 

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

 

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

 

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

 

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

 

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

 

 

 

〜おわりに〜

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

いかがでしたか?

仙台七夕祭りは本当にたくさんの歴史が詰まっているんですね。

皆さんも良かったらこの機会に是非、「仙台七夕祭り」に行ってみては?

それでは最後に、仙台七夕祭りの動画の紹介で今回の記事の締めとさせていただきます。

(Youtube/shingo fujitaより)

七夕ゼリーって何? 簡単レシピ紹介!

こんにちは、「流行の疑問をすっきり解決!」パレットボーイです。

今年も、もうすぐ七夕がやってきますね。

日本の行事の中でも七夕は、子どものためのイベントのひとつですよね。

※以下Twitterより引用

今回はそんな七夕の日に、家族みんなで作れる七夕ゼリーについてまとめてみました。

必見ですよ!

 

七夕ゼリーって何?

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

七夕ゼリーとは、七夕の日に食べるゼリーのことです。

そのまんまですね。

では、何か特別なものは入っているのか?

入っていません

本当に普通のゼリーなんです。

しいて他のゼリーとの違いを挙げるとすれば、ゼリーの形が「星形」、また星形に型どりされた果物などが入っている…

そんなところでしょうか。

一般的に、このようなゼリーのことを七夕ゼリーと呼ぶんですね。

最近では、学校の給食にも七夕ゼリーが出ているそうなのですが、地域によって中に入っているものが果物ではなく、ナタデココのところもあるみたいです。

ということは、七夕ゼリーに形状や味の決まりがあるわけではないんですね。

七夕ゼリーは七夕の行事食ではないので食べなくても特に問題はありません。

ちなみに、そうめんが七夕では行事食とされているんです。

 

 

人気レシピ

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

せっかくの七夕なのに何もないなんて、少し寂しいと感じる方もいますよね。

そんな方のために今回は、七夕ゼリーの人気レシピ3ご紹介したいと思います。

と言ってもあまり難しすぎるレシピだと、お子さんと一緒に楽しめないので誰でも簡単に作れる3レシピです。

 

七夕キラキラゼリー

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

こちらは、見ての通り青と白の2層になった七夕ゼリーです。

まず、白色の部分に使用するヨーグルトをなめらかになるように混ぜていきます。

味は、プレーンがおすすめです。

次に、80℃くらいに温めた牛乳の中に砂糖とゼラチンを入れます。

そして、最初に混ぜたヨーグルトと混ぜ合わせます。

耐熱容器にかき氷シロップと水を入れ、沸騰するまでレンジで温めていきます。

温めたら、寒天パウダーを加え、冷蔵庫で冷やします。

冷やし終えたヨーグルトの上に寒天状のかき氷シロップをのせ、最後に、星形にくり抜いたドライマンゴーをトッピングしたら完成です。

 

ワンポイントドライマンゴーをヨーグルトにつけ込んで柔らかくしておくと使いやすいです。

コレだと簡単に作れそうですね。

 

お星様七夕ゼリー

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

メロンソーダを使った簡単レシピです。

桃、メロン、すいかをスライスし、星形にくり抜きます。

星形になったフルーツは容器の底に入れておきましょう。

次に、ゼラチンパウダー、お湯、ハチミツを混ぜて溶かし、メロンソーダと混ぜ合わせていきます。

メロンソーダを使った液体を容器に1㎝ほど流し入れ、冷蔵庫に入れておきます。(先にフルーツを固め、浮いてくるのを防ぐ)

液体が固まったら、残りの液体も容器に流し入れ、もう一度しっかりと冷蔵庫で固めていきます。

最後に、容器をひっくり返しお皿にのせたら完成です。

 

ワンポイント:ひっくり返すときに、お湯につけて周りを緩めてから行うとキレイに仕上がります。

 

宝石箱ゼリー

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

こちらのゼリーは、星形が全くないのですが、七夕ゼリーの一つです。

まず、ゼリーの素をお湯で溶かし器に入れます。

次に、どこにでも売ってあるフルーツゼリーを器の中に入れていきます。

器が熱いので気をつけてくださいね。

最後に、冷蔵庫で冷やし、固まったら完成です。

 

ワンポイント:先に紹介したゼリーとは違い、固まりやすいので頻繁にゼリーの状態を確認するようにしましょう。

どのレシピも簡単なものばかりなので是非、アレンジを加えてみてください。

 

 

〜おわりに〜

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

いかがでしたか?

今回は、七夕ゼリーとそのレシピについてご紹介しました。

七夕ゼリーは行事食ではないので、七夕をする上で必ず必要なものではありませんが、季節的にもさっぱりしていて食べやすいので是非作ってみてください。

特に小さい娘さんがいる方は、お菓子作りを手伝うことが好きな子が多いと思いますので、一緒に作るのも良いかもしれませんね。

それでは最後に、カラフルな七夕ゼリーの作り方動画の紹介で今回の記事の締めとさせていただきます。

 

(Youtube/SeikinTVより)

世界各地に存在する七夕伝説!?

こんにちは、「流行の疑問をすっきり解決!」パレットボーイです。

七夕といえば、願いを書いた短冊を笹に飾る行事のことですよね。

そんな七夕にちなんだ物語が世界には数多く存在するって知ってました?                          

※以下Twitterより引用

今回は、知っているようで知らなかった七夕の物語についてまとめてみました。

必見ですよ!

 

 

七夕伝説!?

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

では、さっそく七夕伝説として最も一般的な織姫と彦星の物語についてお話ししていきますね。

これは、牛郎織女(ぎゅろうしゅくじょ)という中国発祥の物語です。

ちなみに、牛郎織女とは、河東に住む天帝娘である織姫と河西の牛飼いである彦星の夫婦を題材にした物語のことなんです。

織姫と彦星は恋人ではなく夫婦だったんですね。

織姫の結婚相手を探していた天帝が、働き者である牛飼いの彦星のことを知るところからこの物語がスタートします。

天帝は彦星に「娘の織姫と結婚してくれないか?」と頼みました。

彦星は恐縮しながらも天帝からの頼みを引き受け、織姫と彦星は夫婦となりました。

しかし、2人は結婚すると真面目に働くどころか天の川のほとりでおしゃべりばかりし、一向に働こうとしませんでした。

それを見た天帝が「仕事をしないのか?」と尋ねると、「明日からやります」と答えるだけで全く行動に移さないのです。

これに腹が立った天帝は、彦星を元々いた河西に戻し、2人を離ればなれにしてしまいました

彦星と会えなくなった織姫は、毎日泣きながら暮らしていました。

彦星も織姫と会えなくなった寂しさに耐えられず、家に引きこもるようになり、牛の世話が出来なくなってしまいました。

それを見た天帝は、「2人が以前のようにきちんと働いてくれるなら、年に一度だけ会うのを許そう」と言い、それを聞いた織姫と彦星は、以前よりも増して一生懸命働くようになりました。

このようにして、7月7日は織姫と彦星が一年にたった一度だけ会うことの許された日になったのです。

 

 

世界各地の七夕伝説

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

先ほどお話しした七夕伝説は日本でも有名な、中国の物語なのですが、実は中国以外にも世界には七夕にちなんだ様々な物語が存在するのです。

では、それを紹介していきますね。

 

日本

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

まずは、日本です。

こちらは、天稚彦物語といった平安時代に作られたもので御伽草子に収録されている物語です。

ある日、3人の娘を持つ男のもとに大蛇がやってきます。

そこで、大蛇はと引き替えに娘を嫁に差し出すように要求しました。

末娘だけが、父親のために自ら進んで大蛇の元へ行った。

すると、大蛇から美しい男が出てきて、自らを「天稚彦」と名乗り、2人は幸せに暮らすようになった。

月日が経ち天稚彦は、「天に用事がある」と言い天に帰るが、いつまで経っても帰ってこない。

そこで、心配したは自ら天に向かうが、天稚彦の父は実はであり、2人の関係をよく思っていなかった。

鬼は娘に数々の無理難題を仕掛けるが、それを次々とこなしたため、2人の仲を認め、年に一度だけ会うことを許可した。

これが7月7日の七夕である。

日本にもこのような七夕にちなんだ物語が存在していたんですね。

 

ギリシャ

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

次は、神話などで有名のギリシャです。

ギリシャにある七夕にちなんだ物語は、織姫の星「こと座のベガ」にちなんだ話ですが、中国や日本とは全く異なった悲しい話なんです。

美しい琴を奏でる青年、オルフェウスと妖精、エウリディケは恋に落ちて結婚するのですが、エウリディケは誤って毒蛇を踏み、噛まれて死んでしまいます

妻を失い悲しみに暮れていたオルフェウスは、あの世の大王プルトーンの元へ行き、エウリディケを生き返らせることを決意。

道中、様々な番人がそれを阻むが、美しい琴の音色で番人を黙らし、ついに大王プルトーンの元へついたのです。

そして「地上に戻るまで、妻の方を振り返ってはいけない」という条件付きで一度だけエウリディケを生き返らせるチャンスを貰ったのでした。

しかし、オルフェウスは地上に戻るまでに妻の方を振り返ってしまいせっかくのチャンスを台無にしたのでした。

さらに、悲しみに暮れたオルフェウスは、酒に酔った女に逆らい殺されてしまいます

それを見た、大神ゼウスはオルフェウスの星空に掲げ、それを「こと座」にしました。

 

 

〜おわりに〜

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

いかがでしたか?

今回は、七夕伝説について少し詳しく紹介してみました。

このように古くから伝わる物語は、国によって話が違ったりするので色々調べてみるのも良いですね。

それでは最後に、七夕伝説の動画を紹介して今回の記事の締めとさせていただきます。

(Youtube/saki218より)