さて、最近は大阪の万博公園の近くにできた「EXPOシティ」でアルバイトをしている人に出会うことが多くなりました。EXPOシティができてからというもの、万博公園は毎日にぎわっているようです。そんな中、今最も注目を集めているのが万博公園にある太陽の塔。とくに内部公開については注目が集まっているいるそうです。

ということで今回は、気になる太陽の塔の内部公開やライトアップのスケジュールを紹介していきますねー!今回の記事で、伝説の4つ目の顔をみれるスケジュールを要チェックです!

伝説の4つの目の顔が見られるスケジュールについてもお伝えしていきすので、ぜひご覧下さい。

太陽の塔の4つの顔って何? 内部公開はいつ?

いきなりですが、太陽の塔には4つ目の顔があることを知っていますか? みなさんも、太陽のてっぺんについている「未来」の象徴といわれている黄金の顔、胴体の部分にある「現在」の象徴の顔、そして、「過去」の象徴で後ろにでっかくある顔という3つの顔はご存知だと思います。

でも、4つ目の顔を見たことってありますか? ほとんどの人が見た事ないと思いますが、4つ目の顔は内部にあるそうです。その4つ目の顔は、人間の祈りや心の源を表しているそうです。

そして、それが見れるのは内部公開が行われる時だけなんだとか! だからこそ、内部公開のスケジュールに注目が集まっているんです!

太陽の塔の内部公開はいつ? 2016年のスケジュールを確認!

気になる内部公開ですが、実は2014年に予定されていた太陽の塔の内部公開が、延期されていたのはご存知でしょうか? もともと、1970年に設立された太陽の塔は耐震工事が必要で、その業者が見つからず延期されていたそうです。しかし、昨年の情報では、2015年にも内部公開が行われるのでは?! と、言われていましたが、残念ながら2016年に公開される予定はなさそうです…

それじゃあ、いつ公開されるの!? と、気になったので次回に内部公開されるのがいつなのか調べてみました!

太陽の塔の内部にある高さ40mの生命の樹を見れるのはいつ?!

さて、気になる太陽の塔の内部公開のスケジュールですが、調べてみたところ2018年を予定しているそうです。もともとは、2017年にも公開される予定だったようなんですが、予算が不足したりいろいろなトラブルが発生して工事が遅れがちなんだとか。

というのも、太陽の塔の中にある生命の樹が工事の邪魔をしているみたいなんです。その生命の樹は、高さ約40メートルあるオブジェでその名のとおり樹をイメージして岡本太郎さんが作ったそうですが、このオブジェがあることで工事の時に人が通りづらくなるんだとか・・・。

でも、この真っ赤な生命の樹は、とても芸術的な作品で見たい人が続出なんだとか。なので、簡単に取り壊すわけにもいかず工事の予算が膨らんでしまい、公開予定がどんどん遅れているようです。

ちなみに、この生命の樹は未来に向かって伸びていく生命エネルギーの象徴なんだそうです。だからこそ、未来がある第1の黄金の顔の方向に向かって伸びているんですねー。しかも、生命の樹にはウルトラマンで有名な円谷プロが作ったネンモウ虫やマンモスなどの模型が約300体も設置されていそうです!

さすが、岡本太郎さん。私がいうのもなんですが、素晴らしいデザインですね! 公開が待ち遠しい! 公開が2018年なのはちょっと残念ですが、じつは内部公開のほかにも太陽の塔を楽しむことができるイベントがあるんです!

2016年版:太陽の塔がライトアップスケジュール

そう、太陽の塔のライトアップ! 内部公開と同じくらい人気があって、毎年、日本中から公開を楽しみにしていた人達が訪れる一大イベントなんです。2015年は12月11日から12月27日まで行われていたんですが、プロジェクションマッピングが綺麗で子供が思わず叫んでしまうほどだったそうですよ! 去年のテーマは「鍵-Key-」だったそうです。

何と今年は、夏にもライトアップのイベントが行われていたんですが、これが幻想的で、すごいんです。なんと、霧を使ってそこに映像を投影して立体的に映像を映し出すようにしていました。名付けて、「ウォータープロジェクションパフォーマンス」。評判も良かったようなので来年にも期待が高まりますね。

さて、毎年クリスマスのシーズンに行われるプロジェクションマッピングですが今年のスケジュールはまだ未定なようです。とは言え、毎年12月の中旬から後半にかけて行われているので、スケジュールをチェックしておきたいですね。

太陽の塔によったら記念に万博記念公でグッズも

せっかく、太陽の塔を見るために万博公園に寄ったのであれば、ぜひともグッズも購入して思い出にしておきたいですよね。万博公園のなかにはご飯を食べれるところはもちろん、グッズを購入できるお店もいくつかあるので、忘れずに寄りたいですね!

太陽の塔は芸術的な評価も高いので、キーホルダーなどを身に着けておくだけでも、話題づくりなどに役立つかもしれませんよ!