今、お風呂でダイエットできるとして注目されている、高温反復浴。

1回の入浴で約300~400kcalを消費できるのだとか。

これは、激しいダンスやエアロビクスを1時間続けるのと同じカロリー。

それを入浴だけで消費できちゃうなんて、魅力的ですよね。

今回は、この高温反復浴の効果と、正しい入浴法やポイントについて解説します。

半身浴より効果的?!高温反復浴の効果とは?

高温反復浴とは、40~42℃の熱いお湯に短時間で入ったり出たりを繰り返す入浴法です。

短時間に効率的に交感神経が高まることで脂肪燃焼が促進されて、ダイエット効果が期待できるのです。

さらに、半身浴のように長時間湯船に浸からなくても効果が期待できるのがメリットです。

高温反復浴の効果はやはり、「脂肪燃焼」「デトックス」

さらに「むくみ改善」「疲労回復」の効果などもあります。

体の緊張をほぐし、心までリラックスできるのも良いですね。

では、詳しく説明しましょう。

お風呂に入ることで血液がスムーズに流れ、脂肪燃焼を手助けします。

また、通常の入浴法より血管が活発に動くため、代謝がアップします。

さらに、発汗作用が高くなり老廃物や毒素を体の外に排出するデトックス効果で、痩せやすいからだを作ります。

むくみ改善効果が期待できるのは、体に水圧がかかることで、体がマッサージされている状態になるからです。

そこから疲労成分の乳酸の排出を促すことができるので、疲労回復にも効果があるのです。

高温反復浴の正しい入浴方法

せっかくダイエットに取り入れるのなら、正しい入浴方法で行いましょう。

お湯の温度は熱めの40〜42℃に。
肩までお湯に浸かり、5分間ゆっくりリラックス
湯船から出て、5分間休憩する。
再度、3分間湯船に浸かる。
5分間湯船から出る。
再度、3分間湯船に浸かる。

高温反復浴は、基本的に3分間入浴して5分間休憩するということを約20分間繰り返して行います。

ちなみに、高温反復浴を効果的に行うには、「バスソルト」を使用するのがおすすめです。

中でもミネラルの含有量が高いものを使用することで、発汗作用も通常の約3倍になります。

お風呂に入っているだけで、必須ミネラル群の力で基礎代謝の燃焼をサポートしてくれるんですよ。

高温反復浴のポイントと注意点

高温反復浴は特に、辛い食事制限や運動に耐えられない人におすすめです。

お風呂に入っているだけで脂肪が燃やせるなんて、嬉しい限りですよね!

前述しましたが、高温反復浴のポイントは、40~42℃の熱いお湯を用いて入浴することです。

ぬるい温度で入浴してしまうと体が温まらず、体が冷えてしまう原因になります。

高温反復浴の注意点としては、入浴前や入浴中、入浴後にはしっかりと水分補給をしましょう。

汗をかくことで、体内の水分量が減ることがあり、脱水症状になってしまう原因にもなります。

また、入浴後のお酒は、血液をドロドロにしてしまうため、控えるようにしましょう。

反復しすぎると体調が悪くなったり肌荒れの原因になることもあるので、注意が必要です。

高温反復浴は思った以上に体力を使うダイエット法でもあります。

病中病後や体調のすぐれない人、血圧が高い人や妊婦さんは控えましょう。

元気な人でも、入浴中に異変があれば無理をせずに中止しましょうね。

まとめ

高温反復浴は、ダイエットの他にも美肌効果や冷え性改善、安眠効果も期待できる入浴法です。

注意点に気をつけながら、正しい入浴方法で内側から綺麗な体を作りましょう!