菱餅の色はどっち上が正解? ひな祭りのお菓子や桃の花の飾り方解説

イベント

こんにちは!
あなたの「気になる!!!」を解決するパレットガールです。

ひな祭りは、人形の飾りつけが楽しいですよね。

※以下Twitterより引用

https://twitter.com/kuki_misa/status/815552798150406144

でも、「どうやって飾りつけたらいいのか分からない……正解はあるの?」と思っている方が多いようです。

そこで今回は、ひな祭りで気になる
・菱餅などのお菓子の置き方
・桃の花の飾りつけ方や由来
・飾るときの注意点やオススメアイテム
についてご紹介します。

この記事を読むことで、今年のひな祭りはいっそう楽しいイベントになること間違いなし! ぜひ参考になさってくださいね。

ひな祭りのお菓子の飾り方が重要な理由とは?

ひな祭りのお菓子の飾り方が重要な理由とは?

 

ひな祭りの由来とは

そもそも、ひな祭りの由来は、中国から伝わった五節句の一つである「上巳の節句」が元となったと言われています。

三月上旬の巳(み)の日に、厄払いのために自分の体を草や藁(わら)で作った人形(ひとがた)でなでてから、それを川に流すことによって清める風習がありました。

また、貴族の女の子の間では、紙の人形を使った「ひいな遊び」が流行っていました。

この二つが結び付いて三月の上旬にひな人形を川に流す「流し雛」が誕生したそうです。

そして、江戸時代には人形を作る技術が向上し、人形を川に流さずに飾るようになったことによって、今の「ひな祭り」となったと言われています。

なるほどー、昔からの風習が時代ごとに少しずつ変化してきて現在のひな祭りの行事になったのですね。

ひなあられなどの、お菓子を置く理由

お菓子を置く理由についてですが、色々調べてみたところ特に理由はないようです。
おそらく、ひな人形にお供えする意味で置いているのかもしれませんね。

ひなあられについて

ひな祭りのお菓子の飾り方が重要な理由とは?

ひな祭りのお菓子といえば、ひなあられですよね!

昔は、ひな人形に自然の景色を見せるために外に出かける「ひなの国見せ」という風習がありました。その際に持っていたお菓子がひなあられだったそうです。

元々は菱餅を割って持って行った説があり、色も菱餅と同じ色がよく見られると思います。ひなあられの白や緑や赤といった色は、自然の力を色で表しているようで、お菓子で自然の力を頂くことによって強く健やかに成長するのを願うという意味があるそうですよ。

ひな祭りの飾り方の注意点-桃の花-

ひな祭りの飾り方の注意点-桃の花-

桃の節句とは? 時期や桃の花を飾る理由

まず、節句(せっく)というのは季節を分ける節目のことを言います。中国から伝わった考え方で、奇数の数字が重なる日には災いが起こるという考えがあり、それらの邪気をはらうためにお祭りをするようになりました。

そして3月3日は桃の開花期とも重なるので、『桃の節句』と言われるようになります。桃には厄払いや魔除け、長寿をもたらす力があるといわれています。

その恩恵を受けるために、桃の花を飾る風習ができるようになりました。飾る時期は一般的には、立春(節分の翌日)頃の春の日差しの穏やかな時期に飾るそうです。

ひな祭り、桃の花の飾り方と注意点

ひな祭りで桃の花を飾る時はおもに花瓶を使います。桃の花だけをシンプルに生けても良いですね。お花の部分は、台やテーブルに置いたまま切るとつぼみが落ちてしまうので、なるべく触らずにしっかりと手にもってハサミで切ります。

枝の部分は足下を十字にカットすると水の吸い上げがよくなります。桃のつぼみ部分には霧吹きで水を吹きかけるのもお忘れなく。あとは難しく考えないで、高低差をつけて生けるときれいに飾れますよ。

ひな祭りに飾るのは、桃以外の花でもいいの?

桃の花以外にもよく一緒に組み合わせて生ける花としては「菜の花」があります。菜の花は日々伸びていくので、短めに生けると切り戻しの手間が省けますね。

他にはチューリップやマーガレット、フリージア等、桃の花と一緒に飾ることによって桃の節句に合わせることができます。春を感じられる飾り付けをしてみてはいかがでしょうか?

桃の花を飾るなら、ケーラーKAHLER(ケーラー)に

桃の花を生けるのにオススメなのが、KAHLER(ケーラー)という花瓶です。ひとつひとつハンドメイドで作られていて、桃の花を飾るのに最適なんですよ。北欧デザインでカラーバリエーションも多数あります。

ケーラー オマジオ フラワーベース スモール 花瓶 KAHLER Omaggio H125 選べる5カラー♪ ラッピングOK!デンマーク 一輪挿し【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

●●KAHLER/ケーラー Omaggio/オマジオ Medium シルバーエディション15212花瓶/陶器/生け花/北欧/デンマーク【コンビニ受取対応商品】【RCP】

ひな祭りの飾り方の注意点-菱餅-

ひな祭りの飾り方の注意点-菱餅-

なぜ、ひな祭りで菱餅を置くの? 由来と意味

菱餅の色には意味があり、桃色は「桃の花」「魔除け」白色は「清浄」「残雪」緑色は「健康」「長寿」という意味が込められています。

ちなみに菱餅の形は心臓や大地を表していると言われています。

ひな祭りの菱餅の飾り方は色の順番が大切⁉

菱餅の置き方に特に決まったルールがあるわけではないようです。
重ねる色の順番は上から桃色、白色、緑色です。

菱餅はどこで買える? 食べてもOK?

菱餅は店頭であまり見かけないとおもいますが、今はネット通販で買うことができます。
ほんのり塩味でそのまま焼いて食べることもできます。

杵つき餅 ひしもち(ひし餅・菱餅)

包装はそのまま解かずに飾りましょう。(開けてしまうと乾燥してパサパサになってしまいます)

そして、ひな祭りが終わったら封を切ってオーブントースターなどで焼いて食べることができるんですよ。菱餅は角をとって食べることによって円満になるという意味があるので包丁を使用しても良いそうですね。

ひな祭りのお菓子は飾り方が大切! 桃の花や菱餅を用意しよう!

さて今回は、ひな祭りの準備としてひなあられなどのお菓子のことや桃の飾り付け、さらには菱餅についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

桃の節句は桃の花やひな祭りの食べ物にもそれぞれ意味があって、女の子の健やかな成長を願うためには欠かせないものですね。今回の内容を参考にして、ひな人形や桃の花を飾って、ひなあられや菱餅を食べて楽しいひな祭りを送ってくださいね。

では、最後に菱餅と同じ色のひな祭りスイーツを発見しましたので、こちらをご紹介してこの記事の締めとさせていただきます。このレアチーズムースも子供たちが喜ぶこと間違いなしですよ! ぜひご覧下さい。

(Youtube/吉浜人形 公式チャンネルより)