原作者の孫娘が指揮?! 実写映画「赤毛のアン」が2017年5月に公開!

映画

こんにちは、「流行の疑問をすっきり解決!」パレットガールです。

名作「赤毛のアン」が2017年5月6日実写版で公開されますね。今作は原作者の孫娘が制作指揮を担ったそうなので、原作「赤毛のアン」を読んでいた方でもがっかりすることなく映画を楽しめそう!

ぜひ劇場でノスタルジーに浸りながら映画「赤毛のアン」を鑑賞してくださいね!
※以下Twitterより引用

スポンサーリンク

2017年5月公開の実写映画、制作指揮に原作者の孫娘!

2017年5月公開の実写映画、制作指揮に原作者の孫娘!

出典:http://anne-movie.jp/より

さて、2017年5月6日公開実写映画「赤毛のアン」。その制作指揮を担当したのは、原作者の孫娘なんです。

過去にも「赤毛のアン」が実写化された例はありましたが、原作者L・M・モンゴメリの孫娘ケイト・マクドナルド・バトラーが制作総指揮を担ったのは今回が初となります。

原作者の孫娘 ケイト・マクドナルド・バトラーさん

原作者の孫娘 ケイト・マクドナルド・バトラーさん

出典:http://anne-movie.jp/より

「赤毛のアン・ライセンス局」の理事会の1員として、祖母の作品を守る活動をしているケイトさん。

そんな彼女が制作に携わった今作は、原作に敬意を払った映画となるでしょう。

原作「赤毛のアン」を読んだことのある方はぜひ映画館へ足を運んでみてくださいね!

  • スポンサーリンク

  • 赤毛のアンの最新予告動画

    赤毛のアンは、美しい自然に溢れたプリンス・エドワード島が舞台ですよね。

    今作でも、心が洗われるように綺麗な自然が出てきます。その様子は予告動画からも分かりますよ!

    こんなにも美しい自然に囲まれながら生活できたら、心が豊かになること間違いなしです。アンの世界で暮らしてみたいものですね!

    こちらが実写映画「赤毛のアン」の予告動画です。

    (Youtube/SYNERGYより)

    映画「赤毛のアン」のキャスト紹介

    それでは、気になる実写版映画のキャストをご紹介しますね!

    アン役 …………エラ・バレンタイン
    マリラ役 ………サラ・ボッツフォード
    マシュウ役 ……マーティン・シーン
    ダイアナ役 ……ジュリア・ラロンド
    ギルバート役 …ドゥルー・ヘイタオグルー

  • スポンサーリンク

  • アン役 エラ・バレンタイン

    アン役 エラ・バレンタイン

    出典:http://anne-movie.jp/より

    夢を見ることとおしゃべりが大好きな女の子を演じるのは、エラ・バレンタイン

    彼女は赤い色の髪の毛も、三つ編みという髪型も似合っていますよね! 日本でも「赤毛のアン」はアニメになっていましたが、そのイメージ通りの女の子という感じです。

    マリラ役 サラ・ボッツフォード

    マリラ役 サラ・ボッツフォード

    出典:http://anne-movie.jp/より

    サラ・ボッツフォード演じるマリラは、アンを引き取るクスバート家の長女です。

    マリラは非常に厳格な性格で、夢を語るアンにいつも呆れ顔。しかし、アンが周囲に無実の罪で責められた時、先頭に立って彼女を守りました。

  • スポンサーリンク

  • マシュウ役 マーティン・シーン

    マシュウ役 マーティン・シーン

    出典:http://anne-movie.jp/より

    アンの養父であるマシュウ役を演じるのはマーティン・シーンです。多くを経験してきたマーティン・シーンはマシュウ役にぴったりですね!

    彼は内向的な性格のようで、マリラや親族の女性以外を恐れているんだとか。そんなマシュウは体が悪く、とある新聞記事を読んだことがきっかけで死んでしまいます。

    ダイアナ役 ジュリア・ラロンド

    ダイアナ役 ジュリア・ラロンド

    出典:http://anne-movie.jp/より

    アンの親友になるダイアナ役を演じるジュリア・ラロンドはフランス語を流暢に話せるよう。得意のフランス語を使い、短編映画でカナダに住むフランス語圏の少女を演じたこともあります。

    アンとダイアナのかわいいコンビには注目ですね!

  • スポンサーリンク

  • ギルバート役 ドゥルー・ヘイタオグルー

    ギルバート役 ドゥルー・ヘイタオグルー

    出典:http://anne-movie.jp/より

    イケメン担当ギルバート役を演じるのはドゥルー・ヘイタオグルー

    彼が演じるギルバートは、物語の中で赤毛の髪を持ったアンを「ニンジン頭」とバカにしたことで有名ですね。予告動画の中でも、ギルバートは石板でアンに頭を叩かれていました。

    そんな彼はアンの物語で、かなり重要な人物になるので、大注目です!

    〜おわりに〜

    さて、今回は2017年5月6日に公開される実写映画「赤毛のアン」についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

    美しい自然と想像力豊かな女の子が生み出す物語は、見るもの全員を映画の世界に引き込みます。

    ぜひ、劇場で見ていただきたい作品ですので、足を運んでみてくださいね!

    それでは最後に、赤毛のアンを生んだ美しい島「プリンス・エドワード島」を特集した動画の紹介で今回の記事の締めとさせていただきます。
    アンの世界に少しでも触れることができる映像ですよ!

    (Youtube/yoshiyuki suifuyohより)