世界各地に存在する七夕伝説!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、「流行の疑問をすっきり解決!」パレットボーイです。

七夕といえば、願いを書いた短冊を笹に飾る行事のことですよね。

そんな七夕にちなんだ物語が世界には数多く存在するって知ってました?

※以下Twitterより引用

今回は、知っているようで知らなかった七夕の物語についてまとめてみました。

必見ですよ!

七夕伝説!?

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

では、さっそく七夕伝説として最も一般的な織姫と彦星の物語についてお話ししていきますね。

これは、牛郎織女(ぎゅろうしゅくじょ)という中国発祥の物語です。

ちなみに、牛郎織女とは、河東に住む天帝娘である織姫と河西の牛飼いである彦星の夫婦を題材にした物語のことなんです。

織姫と彦星は恋人ではなく夫婦だったんですね。

織姫の結婚相手を探していた天帝が、働き者である牛飼いの彦星のことを知るところからこの物語がスタートします。

天帝は彦星に「娘の織姫と結婚してくれないか?」と頼みました。

彦星は恐縮しながらも天帝からの頼みを引き受け、織姫と彦星は夫婦となりました。

しかし、2人は結婚すると真面目に働くどころか天の川のほとりでおしゃべりばかりし、一向に働こうとしませんでした。

それを見た天帝が「仕事をしないのか?」と尋ねると、「明日からやります」と答えるだけで全く行動に移さないのです。

これに腹が立った天帝は、彦星を元々いた河西に戻し、2人を離ればなれにしてしまいました

彦星と会えなくなった織姫は、毎日泣きながら暮らしていました。

彦星も織姫と会えなくなった寂しさに耐えられず、家に引きこもるようになり、牛の世話が出来なくなってしまいました。

それを見た天帝は、「2人が以前のようにきちんと働いてくれるなら、年に一度だけ会うのを許そう」と言い、それを聞いた織姫と彦星は、以前よりも増して一生懸命働くようになりました。

このようにして、7月7日は織姫と彦星が一年にたった一度だけ会うことの許された日になったのです。

 

 

世界各地の七夕伝説

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

先ほどお話しした七夕伝説は日本でも有名な、中国の物語なのですが、実は中国以外にも世界には七夕にちなんだ様々な物語が存在するのです。

では、それを紹介していきますね。

 

日本

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

まずは、日本です。

こちらは、天稚彦物語といった平安時代に作られたもので御伽草子に収録されている物語です。

ある日、3人の娘を持つ男のもとに大蛇がやってきます。

そこで、大蛇はと引き替えに娘を嫁に差し出すように要求しました。

末娘だけが、父親のために自ら進んで大蛇の元へ行った。

すると、大蛇から美しい男が出てきて、自らを「天稚彦」と名乗り、2人は幸せに暮らすようになった。

月日が経ち天稚彦は、「天に用事がある」と言い天に帰るが、いつまで経っても帰ってこない。

そこで、心配したは自ら天に向かうが、天稚彦の父は実はであり、2人の関係をよく思っていなかった。

鬼は娘に数々の無理難題を仕掛けるが、それを次々とこなしたため、2人の仲を認め、年に一度だけ会うことを許可した。

これが7月7日の七夕である。

日本にもこのような七夕にちなんだ物語が存在していたんですね。

 

ギリシャ

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

次は、神話などで有名のギリシャです。

ギリシャにある七夕にちなんだ物語は、織姫の星「こと座のベガ」にちなんだ話ですが、中国や日本とは全く異なった悲しい話なんです。

美しい琴を奏でる青年、オルフェウスと妖精、エウリディケは恋に落ちて結婚するのですが、エウリディケは誤って毒蛇を踏み、噛まれて死んでしまいます

妻を失い悲しみに暮れていたオルフェウスは、あの世の大王プルトーンの元へ行き、エウリディケを生き返らせることを決意。

道中、様々な番人がそれを阻むが、美しい琴の音色で番人を黙らし、ついに大王プルトーンの元へついたのです。

そして「地上に戻るまで、妻の方を振り返ってはいけない」という条件付きで一度だけエウリディケを生き返らせるチャンスを貰ったのでした。

しかし、オルフェウスは地上に戻るまでに妻の方を振り返ってしまいせっかくのチャンスを台無にしたのでした。

さらに、悲しみに暮れたオルフェウスは、酒に酔った女に逆らい殺されてしまいます

それを見た、大神ゼウスはオルフェウスの星空に掲げ、それを「こと座」にしました。

 

 

〜おわりに〜

出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより出典:https://search.yahoo.co.jp/imageより

いかがでしたか?

今回は、七夕伝説について少し詳しく紹介してみました。

このように古くから伝わる物語は、国によって話が違ったりするので色々調べてみるのも良いですね。

それでは最後に、七夕伝説の動画を紹介して今回の記事の締めとさせていただきます。

(Youtube/saki218より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*