既婚者と二人で食事?!既婚者が誘う理由や一線を越えてしまった場合の対処法

恋愛

既婚者で二人で食事する場面に出会いましたね。

既婚者も同じ人間。出会いを求めたくなることは当然です。

特に、最近では既婚者同士出会いの場を提供している既婚者サークルや、インターネットの普及によってSNSで異性との出会いを広げることも容易になりました。

既婚者であっても出会いを望めば、それだけ出会う確率は高くなったのです!

既婚者と実際会って食事をし、更には一線を越えてしまうケースも多くあるでしょう。

ここでは、「既婚者が食事に行く理由」と「誘われた人の気持ち・対応」「既婚者と食事に行っても良いのか」をお伝えします!

一線を越えてしまう場合など、詳しく説明するので、ぜひ参考にしてくださいね!

\今日の04:00まで公式LINEで管理人が無料で相談乗るよ!/

友だち追加

 

もしあなたが裏切られている側だとしたら、早めに探偵と協力して対処するのが大切。

不貞を早期発見をして、あなたとお相手の関係が、大事に至らないようにしてください。

もし心配なら、浮気に強い「原一探偵事務所」にメール・電話で早めのご相談を!


スポンサーリンク

1.既婚者が2人で食事に行く理由とは?

既婚者が二人で食事に行く理由とは・・・!

既婚者が異性と出会いたい理由は一つ。

好みの相手と一線を越えたいという欲求です。

往々にして既婚者は夫婦間で「セックスレス」に悩んでいることもあり、夫婦に求められない欲求を外に向けてしまいがちです。

だからと言って、異性に対して一線を越えたい欲求を全面にアピールするわけにも行きませんから、まずは食事に誘いそこから様子を伺いたいという心理が働いています。

1-1.既婚者が誘った場合

既婚者が異性を食事に誘うこと自体、夫婦間では許されざる行為の可能性もあります。

そんなリスクを背負っても異性を食事に誘いたい理由は、まさにその異性の相手に気があるからです。

リスクを背負ってまでして、気がない異性とわざわざ食事に行っても時間もお金も無駄になるわけです。

既婚者の多くは世帯を養うため、自分に使えるお金は独身の時よりも減少してしまうもの。

ですから、既婚者が異性に対して食事に誘うこと自体、その相手に好意を抱いているということに他なりません。

食事中の会話のやり取りを通じて「既婚者の自分を受け入れてくれるか」という判断をしています。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.既婚者が誘われた場合

    逆に独身者が既婚者を食事に誘う場合は、あまり前述のような既婚者の心理を考慮しておらず、単に一緒にご飯に行って、会話を楽しみたいくらいの気持ちが往々にしてあります。

    特に、独身者としては既婚者が家庭の外で異性と出会いを求めるようなことなんてしないという固定観念に囚われてしまいがちで、「既婚者だから安心」という風に見がちです。

    何故なら独身者である方も、結婚した場合の理想像を抱いており、「自分は結婚したら絶対不倫なんてしない。」ということを誰でも心に決めているのではないでしょうか。

    だからこそ、食事の相手である既婚者に対しても「この人も既婚者だから不倫なんてするはずがない。」という先入観を持ってしまうのではないでしょうか。

    1-3.両方とも既婚者同士の場合

    既婚者同士の食事であれば、お互い同じ心理が働いており、「あわよくば」という気持ちを抱きやすいのが特徴です。

    お互いが夫婦の垣根を越えて出会っていることから、リスクを孕んでいるという条件は一緒。

    また、夫婦間でのセックスレス問題は既婚者同士であればその悩みを共有し合えるため、同じ苦労を共有し合う内に禁断の恋に発展するなんてことも多く、既婚者同士で食事をする機会の方が、その後の一線を越えてしまうケースに発展しやすいのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.既婚者に誘われて食事に行く人の気持ち

    既婚者に誘われていく人の気持ち

    既婚者から食事に誘われた場合、その心理は男女の違いでも大きく異なってくるものです。

    男性でも女性でも、共通して言えることは、男女どちら側が既婚者であったとしても、一緒に食事をする仲であるということから、お互いに好感を抱いている関係であるということでしょう。

    2-1.食事に行く女性の気持ち

    女性が既婚男性から食事のお誘いを受けた場合、即座に一線を越える最終的な想像までに至らないのが殆どではないでしょうか。

    たとえそれが好感を抱いている男性だとしても、肉体関係にまで発展するということには想像が結びつかないのが女性の心理の特徴です。

    独身の女性は既婚男性からの食事のお誘いであれば、独身者同士で食事をするよりも、「相手は奥さんがいるし大丈夫だ」と安心してしまいがちで、「既婚」という肩書があるからこそ、肉体関係に発展しない予防線であると、つい考えてしまうのです。

    このため、つい予期せぬ誘いにそのまま応じてしまい、気づいたら一緒に一夜を過ごしてしまったなんてことも有り得る話なのです。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.食事に行く男性の気持ち

    男性は女性の考えの真逆であり、食事に誘えるほどの好感を抱いている相手女性であれば、仮に自分の手中に収められるなら、収めたいと考えるでしょう。

    一緒に食事をしようと誘って、その誘いに乗ってくれる時点で、「自分に気があるのでは?」とも考えてしまいがちです。

    相手女性が既婚者であれば、その女性は「他の旦那のもの」なのですから、独占欲が強い男性であればあるほど、ますます自分に振り向かせたいと思ってしまうものです。

    3.食事だけでは終わらなかった!その意味とは?

    食事だけで終わらなかった「意味」とは?

    食事はあくまで既婚男性から見れば、「この人は自分に気があるか」を判断する機会ですから、食事中の独身女性の言動でその後の対応を見極めるわけです。

    ですから、食事の後に何らかの既婚者からの行動があれば、間違いなく肉体関係に持って行きたいという行動の表れに他なりません。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.キスをしてきた意味は?

    仮に、いくら独占欲が強い男性が、食事をした相手女性と肉体関係を築きたいと考えても、いきなり襲っては犯罪まがいの行為ですから、少しずつ警戒心を解いてムードを作り、最終的に男女が「合意の上」で一線を越えることが必要であると既婚者側としても考えます。

    ですから、一線を越える前の最初のきっかけがキスをすることになるのです。

    手を繋いだりすることも一つのきっかけではありますが、キスは最もお互いが顔を近づけることから、ここまでしてもなお、相手が受け入れてくれれば、合意したものと判断し、なし崩し的に最後の一線を越えるまですることも可能と判断できるわけです。

    3-2.既婚者のあの人と最後までしてしまった・・・。どうしたらいい?

    そのような駆け引きを経て既婚者と一線を越えてしまった場合、まずは自分がどうしたいかということを考える必要があります。

    少なくとも既婚者である相手は、一線を越えた事実を決して明るみに出そうとはしません。

    家庭を壊してまで浮気をしたいと考える既婚者は普通居ないのですから、既婚者側はこっそりと自分との肉体関係を続けていこうと考えるでしょう。

    ですから、自分が今後既婚者の相手と肉体関係をこのまま続けていきたいのかどうか、それともきっぱりと関係を断つのか、結論を出さないとなりません。

  • スポンサーリンク

  • 3-3.慰謝料を請求したい・・・。請求できるの?

    既婚者の相手と一線を越えてしまった事実から慰謝料を請求したいと考える方も居るかもしれません。

    夫婦というのは「契約」であり、他人との肉体関係を持った事実はその契約に違反する行為に他なりません。

    ですから、一線を越えてしまったからと言って直ちに慰謝料を請求できず、寧ろ反対に、既婚者側の奥さんや旦那さんから、慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

    特に、先述の「合意の上」での肉体関係であれば、慰謝料請求は非常に難しく、例えば暴行や脅迫を受けて肉体関係を迫られるような事態でなければ不可能と考えて良いでしょう。

    4.もし嫌なら断ろう!

    嫌なら絶対断ろう。

    既婚者と一線を越えたくないのであれば、はっきりと断ることが最善の策と言えます。

    どんなに素敵な相手で、既婚者側が一線を越えたいと考えていたとしても、相手からはっきりと断られてしまえば既婚者側はそれ以上の手は出せません。

    4-1.自分が既婚者の場合

    既婚であれば家庭もあり、家族を養うため仕事もしているでしょう。

    一線を越えるというのは不貞行為に他なりませんから、一緒に食事に行くよりも遥かにリスクを伴います。

    相手と一線を越えないようにするには、はっきりと断ることが必要なのはもちろん、食事が終わったら夫婦間で連絡を取り、「今から帰るよ」といったことを伝える等、家庭を後ろ盾にして、食事の後には何もしないことを意思表示する方法を執るのが良いでしょう。

    その様子を見た相手は、それ以上のリスクを負ってまで一線を越えようと頑張ってくることはありません。

    4-1.自分は未婚の場合

    既婚者はわざわざ危ない橋を渡ってまで、一線を越えて秘密の関係を築こうとまでは思わないものです。

    このため既婚者側は合意の上での肉体関係を求めて来ることから、独身である自分がはっきりと拒否し、一線を越えたくないことを意思表示しておく必要があります。

    例えば食事に誘われた時点で、食事の後に直ぐ帰ることを伝えておき、予め食事以上の発展を期待させておかないようにするのも一つの有効な対策でしょう。

    結局私はどうしたらいいの??

    既婚者であっても恋をしたいと思うのは、人間である以上仕方ありません。

    既婚者だからもう恋愛はしないということは決してありません。

    男女の差でも考え方は異なりますが、男女が出会う場であれば必ず、一線を越える関係にも発展する可能性は孕んでいることを肝に銘じ、うまく人間関係を築いていくことが重要です。

    あなたの今後の運命が知りたいなら、無料で電話占いができる「電話占いデスティニー」を使ってみてください!

    私はデスティニーの占いに従ったら、毎日添い寝してくれる彼氏ができましたw