好きな人の写真が欲しい!一緒に撮る方法やこっそりゲットする方法を丁寧に解説!

恋愛

好きな人ができた時に、できるだけ近寄りたいと思いますよね。

近づくことができない時、頑張りたいと思ったとき、「せめて彼の写真を欲しい!」と願うのは当然のこと!

できれば彼とツーショットで思い出を残したい時は、作戦を練らなければなりません。

今回は、好きな人の写真が欲しいためにはどうしたらいいのかを詳しくお伝えします!

ぜひこの記事を参考に、好きな人と写真を撮ってくださいね!

スポンサーリンク

1. 好きな人と一緒に写真を撮る4つの方法

気になる人と写真を一緒に撮影する方法

好きな彼氏と写真をとる方法を四つ紹介します。

最近ではいろいろなアプリも開発されているので以前よりもチャンスは広がりました。

自分のできそうな方法を選んで、彼氏と良い写真を取れるように頑張りましょう。

ここでは、写真の撮り方と撮るまでの流れについて説明します。

1-1. 王道!友達と一緒に、グループで撮る

できればツーショットで好きな人と撮りたいと思っていても、

好きな男性に、ツーショットお願いしますというのは、非常に難易度が高いです。

直接言って、成功する場合もないわけではありませんが、成功しなかった場合、逆に嫌われてしまって、そこで恋愛が成就しないまま終わってしまうこともあるのです。

そのようなことがないように、恋愛においては慎重に行かなくてはなりません。

まずは段階を踏んで、グループ写真を取ることからチャレンジしていきましょう。

ほとんどの場合一目惚れというよりも、何気なく話していていつのまにかに好きになっていたということが多いと思います。

初めから一対一というパターンではなく、グループの中の一人ということが多いです。
ですからそのグループも含めて、写真を撮るという形をとれば自然に行動に移すことができるでしょう。

写真を撮るタイミングも、考えなければなりません。

例えばクリスマスや忘年会などイベントで皆が集まった時に撮影するのが一番です。

  • スポンサーリンク

  • 1-2. TikTokやInstagramを理由に聞いてみよう!

    最近は、スマートフォンでなんでもできる時代になりました。

    スマートフォンの中には、最新のアプリが毎日のように生まれて日常生活を楽しいものにしてくれます。

    最近では、TikTokやInstagramが流行していて、有名人やメディアもその良さを紹介しています。

    好きな人の記録を残すために、このようなアプリを利用しない手はありません。

    いま流行している物を利用して写真を撮るのは、非常に自然なことです。

    作戦としては、いきなり好きな人に声をかけるのではなく、グループ内で順番に取るのが一番良い方法です。

    まず、アプリを利用する自然な空気を作って、その流れで好きな人にアタックすれば、好きな男性もその流れを無視することはできないはずです。

    1-3. 卒業式や修学旅行などのイベントを使おう!

    卒業式の修学旅行は、学生にとって大きなイベントです。

    どの生徒も気分がウキウキで舞い上がってるので、写真を撮るのは何の違和感もないはずです。

    このような楽しい雰囲気の中、写真を撮ることはそれほど難しいことではありません。

    誰もいない時に、好きな人に写真をお願いするのも良いのでしょう。

    修学旅行での作戦としては、まずは有名な建造物を取ってもらうように好きな男性にお願いをして、その流れでツーショットも撮ってもらうようにお願いすると良いでしょう。

    ツーショットを好きな男性にお願いをするというよりも、違和感なく、一緒に写真を撮ろうと真顔で言うと写真を残しやすいです。

    もし卒業式の日であれば、これが最後のチャンスになるはずです。

    恥ずかしいと思って、何も行動に移せなかったら一生後悔するかもしれません。

    最後の日なのですから、思い切って写真をお願いしても良いのではないでしょうか。

    その際には、できるだけ二人きりの方が良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 1-4. 素直にお願いするもアリ!

    回りくどいやり方は自分に合わないと言った女性も多いでしょう。

    自分に自信があって、直接言った方が自分らしい行動だと思ったならば直接好きな人にツーショットをお願いすることも良いでしょう。

    相手もびっくりすると思いますが、普通に撮ってくれるものですよ。

    タイミングと思い切りがあれば結構上手くいくことも多い方法です。

    また、普段から仲が良く、脈ありであればなおさら素直にお願いする方法が良いかもしれません。

    好きな人も自分に好意があるのであれば、女性の思いを早く確かめたいと願っているはずです。

    早い段階で良い仲になれば、恋愛に発展するのですから、恋愛を成就させるきっかけに写真を残すと方法もあるのではないでしょうか。

    2. こっそりゲットするには?

    気になるあの人の写真をこっそりゲットするには??

    どうしても好きな相手を前にすると、緊張して何も言えなくなると言ったことが多いはずです。

    今まで紹介した方法を「実行することができない!」と悩んでいる場合、こっそり写真を撮ってしまう方法があります!

  • スポンサーリンク

  • 2-1. 簡単!LINEのTOP画やタイムラインをチェック

    LINE トップ画面の中には、自分の写真を載せている場合があります。

    その写真撮れば、公開されているので入手することが可能です。

    まじまじと眺めながら、妄想を膨らませば、好きな気持ちがもっと高まることでしょう。

    しかし、好きな人との距離が縮まったわけではありません。

    このまま片想いのまま終わらせるのであればそれでも構いませんが、もし好きな相手と近づきたいと思うのであれば、積極的な行動も必要です。

    2-2. TwitterやFacebook、Instagramを確認しよう

    もし好きな相手がTwitter や Facebook Instagramを使用しているのであればチャンスです。

    好きな人が利用している SNS に画像が載っていることがあるからです。

    好きな人の SNS を確認することによって、好きな人の今まで知らなかったと所もわかるかもしれません。

    しかし、自分の思っていた人とは違う人であった場合、非常にショックを受けることがあります。

    SNS をチェックする場合は、注意が必要です。

  • スポンサーリンク

  • 2-3. 共通の友達にさらっとお願いする

    好きな人の写真を手に入れる際、もし友人が好きな人と親しい関係であるのであればうまくお願いするのも非常に良いでしょう。

    自分ではなかなかできないことも、その思いを汲んで友人が協力してくれるはずです。

    自分で行動を移すよりも友人にお願いした方が、うまくいく確率も高いと言います。

    しかし友人にお願いするのは注意も必要です。

    本当にその友人が自分に対して協力してくれるかを精査しなければなりません。

    自分が友人と思っていても、相手が友人と思っていない場合裏切る可能性があります。

    自分の思いを伝えることは、弱みにもなります。

    また、友人がその男性と付き合ってしまうパターンもあります。

    色々なパターンが考えられるので、友人に頼む時は本当にこの人は信用できるかを確認してからお願いすることが良いです。

    3. 好きな人の写真を持つとハッピーに!

    気になる人の写真を持つだけで、幸せに

    好きな人の写真を持つと、何気ない日常がウキウキの日常に変わります。

    刺激がなかった毎日が、楽しい気分になれば、どんなことにも前向きになれるかもしれません。

    好きな人の写真が、お守り代わりになるからです。

  • スポンサーリンク

  • 3-1. 毎日好きな人を思い出して幸せになれる!

    毎日過ごしていて楽しいことばかりではありません。

    うまくいかない時、怒られる時も多々あります。

    今まであれば、落ち込んでただひたすら気持ちが回復するのを待っていたことでしょう。

    しかし、手元に好きな人の写真があれば、相手のことを思い出すことができます。

    どんなに辛いことがあっても大丈夫と、勇気が湧いてくるはずです。

    人はそれほど強いものではありません。

    自分が弱ってる時、好きな人の写真が、心の支えになってくれるのです。

    3-2. 写真を持つことって「片思いが実るおまじない」?

    昔から日本人は、願掛けという言葉があります。

    神社にお参りに事は、日常生活中でよくあります。

    特に、大切なイベントの時に力を貸してもらえるようにお祈りをするでしょう。

    人によってその祈りは違いますが、自分ではどうしようもない願いの時力を貸してもらおうと思うのです。

    自分の願いを叶えるための方法として、写真を持ちながら恋愛が成就するように願うと恋愛が叶うこともあるかもしれません。

    人の願いというものは、時に大きな力を発揮することがあります。

    好きであるという思いが強ければ強いほど、好きな人との距離が縮まりますよ!