ヤンデレの種類と特徴!タイプ別の傾向と診断方法を詳しく紹介!

恋愛

世の中にはいろいろな性格の人がいますよね。

正直な人、ダラダラしている人、まじめな人、いろいろな人がいます。

ヤンデレも性格の一つです。

ヤンデレな人と付き合うとなるとちょっと厄介かもしれません

ここではヤンデレの種類や性格の特徴を紹介します。

「もしかして友達や恋人がヤンデレ?」と思った方はチェックしてみてください。

1.ヤンデレの基本知識

ヤンデレの基本知識

そもそも、ヤンデレとはどういう意味なのでしょうか。

言葉の日見引きから、ヤンキー、デレデレ、やんちゃなど想像するかもしれませんが、こういったこととは違います。

ヤンデレには主に7つの種類がありますが、それぞれの種類を知る前にヤンデレとはどういう意味なのかを紹介します。

マンガやアニメの中ではヤンデレという言葉が登場して、現実世界の物ではないイメージを持っているかもしれませんが、実が現実の世界にもヤンデレな性格の人がいます

1-1.ツンデレから派生した言葉

ヤンデレとはツンデレから派生した言葉です。

ツンデレとは、特定の人間関係において敵対的なツンツンとした態度と、過度に好意的なデレデレした態度の2つを持ち合わせる状態やそのような人のことです。

ヤンデレの「デレ」もデレデレという意味があります。

「ヤン」は病んでいるの略です

つまり、ヤンデレとは精神的に病んでいる状態でありながら、特定の人間関係に置いて好意を示す様子です。

1-2.暴走した恋愛妄想

適度な好意を示してもらえるのはうれしいことでしょう。

しかし、ヤンデレな性格の人は好意が強すぎるあまり精神的に病んだ状態になっています。

ときには好意が暴走してしまうことも。

行き過ぎた好意は受け取る人の負担になることもあります

周囲の人から見ると好意というよりも暴走しているように見えてしまいます。

1-3.メンヘラとの違い

ヤンデレに似たような言葉にメンヘレがあります。

メンヘレとは、誰かに愛情を向けてもらいたい状態やそのような人のことです。

ヤンデレは自分から愛情を与えるのですが、メンヘレは誰かからの愛情を求めています

この点が違います。

1-4.エロトマニアに似ている症状

エロトマニアとは妄想性障害のことです。

ヤンデレは好意が行き過ぎて精神的に病んでいる状態で、ときには妄想をすることがあります

実際に恋愛に発展する前に脳内で仮想恋愛を行うのです。

こういった点はエロトマニアに似ています。

2.ヤンデレの種類診断!特徴に当てはまったら●●属性

ヤンデレの種類診断!特徴に当てはまったら●●属性

ヤンデレといってもいろいろなタイプがあります

独占欲が強い、依存する、妄想する、崇拝する、攻撃的、排除的、ストーカー行為にまで及ぶ、主にこういった7つのタイプが存在します。

それぞれのタイプに特徴があって見分けることができます。

では、どのような特徴があるのでしょうか。

友達や恋人などがヤンデレの疑いがある方はチェックしてみてください。

もしも自分がヤンデレかもと思ったら、特徴を知って改善していくとよいでしょう。

2-1.【ヤンデレの種類1】独占型

独占欲が強いヤンデレは、常に自分が相手の一番でないと気が済みません。

相手を独占したいという思いが強いあまり、常に一番でいたいのです。

特徴は、常に一番であることを示す行動をすることです

では、独占型のヤンデレの特徴を紹介します。

2-1-1.ヤンデレ独占型の特徴1:連絡の頻度が多い

独占欲の強いヤンデレの特徴の一つとして頻繁な連絡があります。

メール、電話、LINEなどが頻繁にくるようならヤンデレの可能性があります。

どれくらいの頻度かというと1日3~5回以上です。

自分が一番であるのか不安なため、常に連絡をとって安心感を得ようとします

2-1-2.ヤンデレ独占型の特徴2:行動を制限する

2つめの特徴は行動に制限をかけることです。

制限は最初緩やかなものですが、次第に激しさを増してきます。

たとえば、朝には「おはよう」、夜には「おやすみ」と必ずあいさつをするといったような行動制限です

2-1-3.ヤンデレ独占型の特徴3:自分以外との接触を禁じる

3つめは自分以外の人との接触を禁じることです。

相手が自分以外の人と接していると、自分が一番でないと不安を感じます。

誰かに奪われたくないため、自分以外の人との接触をとても嫌がります

ときには兄弟であっても接触が許せないこともあります。

2-2.【ヤンデレの種類2】依存型

【ヤンデレの種類2】依存型

依存型は相手にすべてをゆだねるタイプです。

自分のことを自分で行おうとせず、相手にすべてを任せてしまいます。

おんぶにだっこな状態です。

相手に依存しずぎて完全に相手のいいなりになる特徴を示すこともあります

2-2-1.ヤンデレ依存型の特徴1:常に粘着して一緒にいる

依存型の1つめの特徴は、常に相手にべったりとくっついていたいことです。

精神的に依存をするだけでなく、身体的にも相手に寄り添っていたい状態です

いつも一緒にいたくてどこにでもついてきます。

無理に引き離そうとすると大変なことになります。

2-2-2.ヤンデレ依存型の特徴2:相手のためなら何でもする

2つめの状態は相手のいいなりになることです。

依存型のヤンデレはおんぶにだっこな状態で、相手にすべてをゆだねてしまっています

そのため、自分の意見を主張せず相手のいいなりです。

自分の意志や気持ちを持っていないかのように見えます。

2-2-3.ヤンデレ依存型の特徴3:好きな人が世界の中心

3つめの特徴は好きな人が世界の中心であることです。

依存型のヤンデレは完全に相手にゆだねてしまい、周りの人たちが見えなくなっています

2人だけの世界なのです。

相手にも自分に依存をしてもらって2人だけの世界を作ろうとします。

2-3.【ヤンデレの種類3】妄想型

妄想型は頭の中で自分だけの世界を作り出しています

よくいえばポジティブなのですが、度が過ぎると周囲の人たちをイラつかせます。

あまりにも現実離れをしていて、周囲の忠告も聞かないため疲れてしまうことでしょう。

2-3-1.ヤンデレ妄想型の特徴1:脳内は常に妄想の世界

妄想型は常に脳内で仮想の世界を作っています。

世界を作るなら楽しい方がいいですよね。

妄想型が作り出す脳内の世界は自分が絶対に正しく自分中心です

相手が指摘したことに耳を傾けず、自分の世界に浸っています。

2-3-2.ヤンデレ妄想型の特徴2:自分の理想を相手に押し付ける

2つめの特徴は自分の理想を相手に押し付けることです。

妄想と現実には実際にはギャップがあります。

このギャップを埋めて自分の理想の世界を作り上げるために、自分の理想を相手に押し付けます

それに合わせる周囲の人は大変です。

2-3-3.ヤンデレ妄想型の特徴3:思い込みが激しく現実と妄想の区別がつかない

3つめの特徴は妄想と現実の区別がつかないことです。

ヤンデレとは、好意が行き過ぎて精神的に病んでる状態です

ヤンデレでない人なら妄想と現実の区別がつくようなことでも、病んでしまっているため区別がつかなくなっています。

2-4.【ヤンデレの種類4】崇拝型

【ヤンデレの種類4】崇拝型

崇拝型は彼氏や彼女のことを神様のように考えて崇拝します。

神様は絶対的な存在で、神様に対して失礼な態度を取ることはできません

彼氏や彼女に対してしもべのように振る舞います。

神様を疑うようなこともしません。

2-4-1.ヤンデレ崇拝型の特徴1:とことん相手に尽くす

神様に対して反抗することができますか。

崇拝型のヤンデレは、相手にとことん尽くします

神様の役に立てることはうれしいです。

自分が手となり足となって働いて神様の役に立とうとします。

これは崇拝タイプにとって当然のことです。

2-4-2.ヤンデレ崇拝型の特徴2:どんな状況でも相手を待つ

2つめの特徴はどんなときも待つことです。

崇拝型のヤンデレは何時間でも平気で待ちます。

約束の時間が過ぎても何時間で待つことはあたりまえと思っているのです

ときには数日も連絡などを待ち続けることがあります。

2-4-3.ヤンデレ崇拝型の特徴3:相手の好みを追求する

3つめの特徴は相手の好みを追及することです。

崇拝型は彼氏や彼女に対して尽くして崇拝する傾向があり、相手の好みを追及して尽くします

好みを追及することに労をおしみません。

相手のためになることならどんなことでも行いたいのです。

2-5.【ヤンデレの種類5】攻撃型

【ヤンデレの種類5】攻撃型

攻撃型はその通り相手に対して攻撃帝な態度をとることが特徴です。

自分の思い通りにならないと攻撃をしてきて、次第にエスカレートします。

彼氏が攻撃型のヤンデレの場合は女性は危ないです

具体的にどのように攻撃するのかみていきましょう。

2-5-1.ヤンデレ攻撃型の特徴1:愛が暴走して暴力をふるう

1つめの特徴は愛が攻撃に変わってしまうことです。

攻撃の裏側には愛があります。

愛が暴走してしまったり、愛を失うことに怖れを感じて攻撃にでてしまうのです

愛で相手を押さえつけようとする傾向は女性よりも男性よりも多くみられます。

2-5-2.ヤンデレ攻撃型の特徴2:精神的に不安定ぎみ

一見強そうに見える攻撃型のヤンデレですが、攻撃をするのは不安があるからです。

本当は精神的に不安定なのです。

不安な気持ちをうまく言葉で表すことができないため、攻撃という形で表現をしています

攻撃をすることで不安を解消しようという意図があります。

2-5-3.ヤンデレ攻撃型の特徴3:モラルハラスメントをする

3つめの特徴はモラルハラスメントです。

暴力を振るう攻撃型のヤンデレは男性に多いイメージがありますが、言葉による攻撃も含めるので女性にも攻撃型がみられます

言葉によって相手を押さえつけようとするのです。

2-6.【ヤンデレの種類6】排除型

排除型のヤンデレはわかりにくいかもしれません。

しかし、よく観察をしてみるとヤンデレの特徴がみられます。

見えないところでヤンデレの特徴を示していることがあるので、判断をするにはよく観察をすることが大切です

2-6-1.ヤンデレ排除型の特徴1:好きな人以外に興味がない

完全に2人だけの世界に浸っています。

他人に対して興味を示さず、自分と相手だけの世界です。

2人の世界に他人は存在しません。

たとえ周囲に人がいても人がいないかのように振る舞います

極端になると家族にも無関心を示します。

2-6-2.ヤンデレ独占型の特徴2:家族や同性の友達にも嫉妬する

2つめの特徴はたとえ家族であっても同棲の友達に嫉妬をすることです

相手の知らないところで友達と連絡をとって、友達と接触しないようにします。

いつの間にか友達が排除されてしまいます。

友達に何があったのか尋ねても本当のところは教えてくれないでしょう。

2-6-3.ヤンデレ独占型の特徴3:悪評を広めて孤立させようとする

3つめの特徴悪評を流すことです。

本人の知らないところで、うそをつく、暴力的など、悪評を流します

それを聞いた人は本当のことだと信じてしまい、次第に周囲の人たちは離れていきます。

気がついたときには誰も信じてくれず、手遅れということになっています。

2-7.【ヤンデレの種類7】ストーカー型

ストーカー型は7つのタイプの中で最も恐ろしいタイプです。

ストーカーされていると思うだけで怖いですが、行き過ぎると犯罪になります

ストーカーを告発しても誰も動いてくれないと本人は不安になることでしょう。

2-7-1.ヤンデレストーカー型の特徴1:逐一行動を監視する

ストーカー型の特徴的な行動が相手を観察することです。

相手の自宅の前で待ち伏せをする、会社の周囲をうろつくといった特徴がみられます

観察されていることがわかる場合もあれば、上手に隠れて観察されていることがわからないこともあります。

2-7-2.ヤンデレストーカー型の特徴2:スマホやパソコンを監視

相手の行動を観察するだけでなく、スマホやパソコンまで観察をします。

どのような相手と連絡を取り合っているのか、どういった興味があるのか、そういった情報をスマホやパソコンから得ることができます

2-7-3.ヤンデレストーカー型の特徴3:SNSをすべてチェックする

さらに、SNSをすべてチェックします。

SNSでは個人的な内容を書くことが多いと思います。

SNSから相手の個人的な情報を得ることができるのです

SNSの情報から今日はどこに出かける、何をした、など相手を観察できます。

3.最も危険なヤンデレの種類はTOP3

最も危険なヤンデレの種類はTOP3

ヤンデレの7つのタイプを紹介してきましたが、どのような特徴があるのか、どのように見分ければよいのか知っていただけたでしょうか。

どのヤンデレにも怖い面や危険な面がありますが、中でも危険なタイプが存在します。

もしも危険なタイプのヤンデレが身近に存在しているなら気をつけましょう

身の危険があります。

それではTop3を紹介します。

Top3に入っているヤンデレが身近にいないかチェックしてみてください。

3-1.危険なヤンデレ傾向TOP1:攻撃型

危険なヤンデレ傾向TOP1:攻撃型

攻撃型はもっとも危険なタイプです。

暴力を振るうので、暴力が過ぎれば命の危険があります

身体的な攻撃でなくても、言葉による攻撃もあり精神的にもつらいです。

攻撃型のヤンデレが身近に存在する場合は、身の安全を確保してください。

3-2.危険なヤンデレ傾向TOP2:排除型

排除型は周囲の人に本人の悪評を広めたり、知らないうちに友人が排除されてしまい危険です。

攻撃型と違って直接的に命の危険はありませんが、本人は精神的につらいことでしょう

排除型は見分けが難しいので注意しましょう。

3-3.危険なヤンデレ傾向TOP3:ストーカー型

危険なヤンデレ傾向TOP3:ストーカー型

いつも監視されていると思うと怖いです。

ストーカー行為がエスカレートして犯罪に発展する危険もあります

いつも見られている気がする、ポストにあやしい手紙が入っているなど、ストーカーを疑うような行動があれば気をつけましょう。

3-4.過度なヤンデレには注意が必要

どのようなタイプのヤンデレでも最初は穏やかです。

相手への制限がゆるかったり、電話の頻度はそれほど多くなかったり、最初は我慢できることでしょう

しかし、行き過ぎると危険になります。

過度なヤンデレには注意が必要です。

3-4-1.監禁や脅迫に走る可能性もある

ヤンデレが過度になると監禁や脅迫など危険な犯罪行為になります

最初は穏やかなので大丈夫だろうと思っていても注意が必要なのです。

こうなる前にヤンデレを見分けてその人から離れるなど何か手をうっておきましょう。

3-4-2.「あなたを殺して私も死ぬ!」という展開も…

ヤンデレは好意が行き過ぎた状態です。

相手がその好意に応えてくれないと「あなたを殺して自分も死ぬ」という展開になることも

相手に好かれないなら死んだ方がましなのです。

相手を思うあまりの結果です。

4.男女別のヤンデレ種類傾向

男女別のヤンデレ種類傾向

ヤンデレとひとくくりしていますが、男性と女性では多いタイプのヤンデレが違います。

男性に特徴的なヤンデレ、女性に特徴的なヤンデレが存在するのです

それでは、男性に多い傾向、女性に多い傾向を紹介します。

4-1.男性のヤンデレ傾向

男性に多いヤンデレは、攻撃型と独占型です。

女性よりも男性の方が力があるので、暴力にでてしまうことがあります。

彼女が少しでも言うことを聞かなかったり、異性と会話をしているだけでも過剰に反応をします。

彼女を愛するあまり自分だけのものにしたい独占欲があります

兄弟であっても許せないことがあります。

4-2.女性のヤンデレ傾向

女性に多いヤンデレのタイプは崇拝型です。

崇拝型の女性は自分よりも男性の方が頭がよい、力が強いなど、相手の方が素晴らしい存在だと思い込んでいます

彼氏を崇拝して彼氏のいいなりになっています。

彼氏なしでは生きていけません。

5.まとめ

まとめ

ほとんどの人たちは、相手に好意を持っていたとしても相手のことを考えた行動をします。

たとえ一緒にいたいという気持ちが満たされなくても、ある程度は自分の中で消化できます。

しかし、自分の中で消化できなかったときヤンデレになる危険があります。

ヤンデレの人は消化できない感情があり、困っている人だといえるでしょう

そのことを理解してあげると、ヤンデレへの思いも変わってくると思います。