彼氏の転職で結婚が遠のく?!結婚を近づける転職サポートの方法

恋愛

彼氏が転職を考えたら不安になるという女性は多いのではないでしょうか。

特にその男性との結婚を考えている場合、やはり経済的な基盤が必要になりますよね。

それならば、彼氏が転職をしたら結婚は遠のくのでしょうか

ここでは彼氏が転職を考えたときの結婚を近づけるためのサポートの仕方について紹介します。

スポンサーリンク

1.彼氏が転職を考えるときの心理

彼氏が転職を考えるときの心理

経済状況が変化し、近年では終身雇用や年功序列といった考え方に大きな変化が現れつつあります。

それに伴い、転職という選択肢を選ぶ人が増えているのです。

もしも彼氏が転職を考えているならば、そこには様々な理由があると考えられるでしょう。

もしかしたら職場で問題を抱えているのかもしれませんし、これが自分のやりたいことではないといった不満を抱えているのかもしれません。

あるいは自分のスキルアップを考えているのかもしれません。

やりがいがないと思っているかもしれませんし、もっと自分に合った職場を見つけたのかもしれません。

転職をしたいと思う彼氏の背景には様々な理由が考えられます

2.彼氏が転職したいと言い出したらすべきこと

 

彼氏が転職したいと言い出したらすべきこと

しかし、もしも彼氏が転職をしたいと言い出したら驚いてしまいますよね。

もしもその彼氏と結婚を考えているならば、彼氏が転職を意識し始めた時点で「自分と結婚する気はあるのかどうか」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

確かに転職をすると収入が減ってしまう可能性があります。

また、在職中に転職先を決め、無職期間がない状態でいてくれるならば良いですが、仕事を辞めてから転職先を探す、といったやり方を彼氏が選ぶのであれば、経済力がない、将来性がない、と不安になってしまう人も多いでしょう

ここでは彼氏が転職を意識し始めた時、するべき事について紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.なぜ転職したいのか、今必要なことなのか十分に話し合う

    仮に自分が転職に反対であったとしても、大切な彼が転職を意識しているわけですから、まず最初になぜ転職をしたいのかということを聞かなければいけません。

    頭ごなしに反対するのではなく、彼が転職を考える理由を理解するように努めましょう。

    その上で今本当に転職するべきなのか、ということを話し合う必要があります

    もっとも、結婚を意識している女性であれば彼氏が転職を考えたら結婚する気がないのではないか、今でなくても良いのではないか、と考えてしまうかもしれません。

    しかし、彼氏が転職を意識したら、まず話を聞くことが大切です。

    2-2.彼の意思を尊重し、反対しない

    転職と聞くと、どうしても反対してしまう人もいるでしょう。

    お給料が下がる、新しい環境でやっていけるのか、もしも今何かしらの問題があって転職したいと思っているのであれば、転職先でも同じことが起こるのではないか、最終的には自分が変わらなければいけないのではないか、と思う人もいるかもしれませんね。

    しかし、まず彼の意思を尊重し、反対しないように心がけましょう

    頭ごなしに反対してしまうのではなく、彼がなぜ転職を考えているのかという気持ちを理解することが大切です。

  • スポンサーリンク

  • 2-3.将来どんなことがしたいのか、未来について話し合う

    彼の意思を尊重し、転職について理解を示すことが大切ですが、だからといって彼の言い分ばかりを聞いていなければいけないというわけではありません。

    彼は一体最終的に何を成し遂げたいのか、2人のことをどう思っているのか、自分の意識も伝えなければいけません。

    例えばスキルアップのために転職をしたいのであれば最終的にはどのような自分になっていたいと思っているのか、きちんと質問しましょう

    2-4.彼女としての不安も伝える

    彼女として、彼氏が転職したいと言い出したらやはり不安もありますよね。

    なぜ転職をしたいのかという話を聞き、それでも不安があるならば自分の不安もしっかりと伝えておきましょう。

    転職先ではしっかりとやっていけるのか、生活時間やお給料が変わることに対してどのように思っているのか、自分が不安だと思っていることをしっかりと伝えることも重要です

    ただし、自分の意見として押し付けるのではなく、あくまでも不安に思っているという形で伝えることが大切です。

  • スポンサーリンク

  • 2-5.結婚する気があるのか聞いてみる

    彼が転職を意識した時、彼女として素直に感じる疑問は結婚する気があるのかどうか、ということではないでしょうか。

    転職をすることによってお給料が下がってしまうという事はよくある話です。

    また、いまだに終身雇用の意識が少なからず強い日本において、転職というのは何となくネガティブなイメージで捉えてしまう人も少なくはありません。

    もしも不安を感じるのであれば、彼に結婚する気があるのかどうか、自分たちのことをどう思っているのかどうか、結婚する気があるのならばどうするつもりでいるのか、聞いておくことも大切です

    2-6.なぜ結婚を急ぐのか、自分の気持ちとも向き合おう

    仮に結婚したいと思っていたとしても、自分たちの状況によっては彼氏が転職して落ち着くまで待とうと思えることもあるでしょう。

    しかし、場合によってはそんな暇は無い、出来る限り早めに結婚したい、と思っている女性も多いのではないでしょうか。

    例えば女性は35歳を過ぎると生物学的に妊娠しにくくなると言われています。

    ですから30代を過ぎた女性の彼が転職を意識し始めたが、やはり結婚に関して不安を感じるのは当たり前のことです。

    彼が転職を意識した時、もしも自分が結婚が遠のいてしまう、今すぐにでも結婚したいのに、と思うのであれば、なぜ結婚を急いでいるのか、ということを自分自身で冷静に考える必要があるのです

    彼氏は自分がまだまだ大学を卒業したばかりの年齢であるならば、少しぐらい待てるかもしれませんね。

  • スポンサーリンク

  • 2-7.希望条件を聞いて転職先を一緒にリサーチ

    頭ごなしに反発するのではなく、彼氏の転職をサポートしたいと思うのであれば、彼がどのような職場で仕事をしたいと思っているのか転職先に関する希望を聞き、自分も一緒にリサーチをするという支え方があります。

    最近では様々な転職エージェントがありますが、転職サイトなどによっても求人情報が変わってきますし、インターネットだけではなく、職安などに足を運ぶということも大切です。

    彼の転職を応援したいと思うのであれば、自分が一緒に転職先のリサーチをすることで少しでも早く転職を実現させることが可能になります

    早く転職を実現させることができれば、少しでも早く落ち着くことができるでしょう。

    ですから、彼に早く落ち着いて欲しいと思うのであれば自分も一緒に転職を手伝うということがポイントになります。

    3.転職活動をうまく支えてあげられると結婚が近づく

    転職活動をうまく支えてあげられると結婚が近づく

    彼が転職を意識し始めたら、自分たちの結婚のことを意識する女性は少なくありません。

    しかし、彼の転職をうまく支えてあげることができれば、逆に結婚を近づけることが可能になるのです

    転職は必ずしも結婚を遠ざけてしまうものではありません。

    それならば、どのように行動すれば結婚を近づけることが可能になるのでしょうか。

    ここでは結婚を遠ざけないためにできることについて紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.転職に関するアドバイスはプロに任せよう

    転職をしたいと思った時、様々な転職サイトを使う人が多いのではないでしょうか。

    このようなサイトに登録するとエージェントの人と出会うことができ、その担当者と話し合いをしながら転職を進めていくことが一般的です。

    そしてこのエージェントは転職に関するプロですから、転職に関するアドバイスを受けることが可能になります。

    確かに彼が転職したいと言い出した時、色々と助言をしてしまいたくなるかもしれません。

    しかし転職に関するアドバイスであればこのエージェントが適任なのです。

    あれこれ自分の意見を彼に聞かせるのではなく、助言やアドバイスはエージェントに任せましょう

    また、自分が不安に思うことがあるならば彼からエージェントに質問させることも大切です。

    3-2.聞き上手になって応援

    聞き上手になって応援

    彼が困っていたら自分も色々と手伝ってあげたくなりますよね。

    しかし、だからといって自分から助言ばかりするのではなく、聞き上手になるということも大切です。

    転職というのはエネルギーが必要であり、それなりにストレスがかかります。

    そんな時、大切な人がそばで自分の話を聞いてくれたら安心できるのではないでしょうか。

    だからこそ、彼が転職をしたいと言っているならば聞き上手になって彼の不安などを聞いてあげましょう

    もしかしたら彼の不安を聞いていらっとすることもあるかもしれませんが、ここは少し辛抱し、聞き上手に徹するということが大切です。

    3-3.結婚に関して何度も質問するのはNG

    転職は早くて3ヶ月ほど要すると言われています。

    ですから半年以上かかってしまうこともあるでしょう。

    転職の期間が長引けば長引くほど、いろいろ不安が積み重なってしまい、立て続けに自分たちの結婚に対してどう思っているのか、などと聞いてみたくなることもあるでしょう。

    しかし、結婚に関して何度も質問するというのは避けなければいけません。

    確かに自分がわからないことや不満に思っている事は相手に伝える必要がありますが、同じことを何度も聞く必要はありません。

    また、言葉を変えて同じことを聞くというのも避けましょう。

    確かに結婚前に転職というのは不安があるかもしれません。

    しかし結婚した直後に転職されても不安ですよね。

    結婚し、妊娠した後に夫が転職するとなったらなおさら無責任だと感じる人もいるでしょう。

    つまり、転職をするのであれば結婚前が1番適しているとも言えるのです

    だからこそ、結婚に関して何度も同じ質問をするというのは避けなければいけないのです。

    3-4.ネガティブな発言を避ける

    転職を意識している彼の言動に対し、いらっとしてしまうこともあるかもしれません。

    彼から自分が満足のいく答えを得ることができなければ、どうしても不満に思ってしまうこともあるでしょう。

    しかし、彼が転職を決意したときにネガティブな発言をするのは避けましょう。

    周りの人がポジティブに応援してくれているからこそ頑張れる、という事はよくある話です。

    転職は簡単ではありません。

    そんな時に彼女がネガティブな発言を続けていたら、彼氏は自分に自信がなくなってしまうかもしれませんし、それよりも自分の決断に対してここまでネガティブな発言をする人と結婚したくない、と思わせてしまうかもしれません

    だからこそ、ネガティブな発言は避ける必要があります。

    3-5.忙しそうならそっと見守る

    もしも彼が転職活動で忙しそうにしているのであれば、あれこれ口を出すのではなく、そっと見守るということも大切です。

    もしもどうしても気になるのであれば食事を差し入れするなど、彼の健康を気遣うことができると良いですね。

    忙しそうにしているのであればそれなりに充実しているわけですから、口出しするのではなく、そして質問攻めにするのではなく、静かに見守りましょう

    彼が助けを必要とするときにサポートに回れば良いのです。

    3-6.疲れているときは静かに癒してあげる

    転職活動をしていると、どうしても疲れますよね。

    そんな時こそ、彼のサポートに回ってあげましょう。

    おいしい料理を作ったり、彼の話を聞いたり、彼がリラックスできる環境を作るというのも大切です

    結婚したら2人で協力していかなければいけないのですから、どのようにサポートしたらよいのか、相手は自分に何を求めているのか、ということを察する訓練をしているつもりで、彼が疲れている時こそ彼を癒してあげられるように動くことも大切なのです。

    4.転職先によって結婚が遠のく可能性も

    転職先によって結婚が遠のく可能性も

    その一方で、転職先によってはどうしても結婚が遠のいてしまうということもあります。

    企業や業界によって働き方は大きく変わりますから、それによって結婚できる状況ではなくなってしまう、ということも考えられるのです

    それならばどのような状況になってしまうと結婚が遠のいてしまう可能性があるのでしょうか。

    ここでは結婚が遠くなってしまうような転職先について紹介します。

    4-1.転職先がベンチャーなどの場合

    新技術や新事業を開発して発足させた企業のことをベンチャー企業といいます。

    つまり新しい分野で仕事をしていくという業界になりますが、このようなベンチャー企業に転職すると結婚が遠のく可能性が考えられます。

    というのは、やはりうまくいくかどうかわからないというリスクがあるからです。

    確かに、かつては信頼がないということで金融機関から融資を受けることができず、ビジネスがうまくいかなくなってしまい、倒産してしまうというリスクが多かった一方で、最近では証券取引所などにもベンチャー企業を優遇する市場などが作られています

    そのため今までよりリスクがあるとは言えない状況ですが、それでもビジネスが立ち回らなくなってしまう可能性があるため、倒産等という状況に追い込まれてしまう可能性も考えられます。

    そうなると結婚が遠のいてしまうかもしれません。

    4-2.転職先が大手だが残業が多い場合

    転職先が大手だが残業が多い場合

    大企業などに転職すると、確かにお給料も優遇されそうですし、何の不満もないように思うかもしれません。

    しかし大企業の場合は残業や休日出勤が多くなってしまったりして、家族と過ごす時間がない、という問題を抱えることが多いのです

    そのため彼が大企業に転職したら、なかなか生活時間が合わなくなってしまい、別れてしまったというカップルもいます。

    最近ではワンオペ育児などという言葉もありますが、パートナーの助けを得ることなく1人で子育てをするというのはなかなか大変ですよね。

    そのため、残業や土日出勤が多い男性と一緒になることに不満や不安を抱える女性は少なくありません。

    4-3.ベストは公私共に充実できる会社

    転職先を選ぶ際、やはり公私共に充実させることができる会社を選ぶことがポイントです

    あまりに残業がなさすぎてお給料が少ないというのも困りますが、残業がありすぎて家族と過ごす時間がないというのも困ります。

    ですからお給料が良い企業がいい、残業が少ない企業が良い、などと転職先に条件を求める時、やはり公私共に楽しめる職場を探しましょう。

    5.転職先が決まったら

    転職先が決まったら

    めでたく転職先が決まったら、彼が転職先で充実した仕事が出来るよう、支えてあげることも大切です。

    特に転職した直後は生活環境の変化によってストレスも溜まりますので、自分の意見ばかりを押し付けるのではなく、彼の疲れを癒してあげるという努力をすることも大切です。

    また、もしも彼が前の職場の人間関係などに問題を抱えて転職をしたのであれば、同じことを繰り返すことがないように適宜サポートしていきましょう

    6.結婚は急がずお互いのタイミングで

    結婚は急がずお互いのタイミングで

    最近は女性が働くようになり、男女ともに結婚適齢期が上がっていると言われています。

    もちろん子供が欲しいと思う場合、出来る限り若いうちに結婚したいと思う女性は少なくありませんが、いつ結婚するかということを考えるならば、2人の事情をしっかりと考慮し、急がず、お互いのタイミングで実現できると良いですね。

    確かに20代半ばを過ぎると結婚ラッシュなどが起こります。

    しかし、結婚は「周りがしているからする」というものではありません

    自分たちの状況をしっかりと考えた上で、どのタイミングが適切なのか、しっかりと考えていきましょう。