色仕掛けで男を落とす最強テク11選♡効果的な服装や必須アイテムも紹介!

恋愛

色仕掛けという言葉を知っているでしょうか。

外見などの美しさを使い、物事を成し遂げることを指しています。

恋愛においては男性を誘惑するために色仕掛けを使う女性も少なくありません。

しかし、色仕掛けといっても何をしたら良いのかわからない、失敗したら怖い、と思う人もではないでしょうか。

ここでは効果的に色仕掛けを使う方法を紹介します。

1.男性を虜にする「色仕掛け」とは?

男性を虜にする「色仕掛け」とは?

そもそも色仕掛けとは一体なんなのでしょうか。

女性が男性に対して色気を使うという表現は多くの人が知っていますよね。

実は、色仕掛けというのは見た目の美しさを用いて男性を誘惑することを指すことが多いですが実際には男性をその気にさせるという意味だけも持つわけではありません。

何か物事を成し遂げるため、美しさや色気を使うこと全般を色仕掛けというのです。

例えば、極端な例ですが、プロジェクトを任されるために男性の上司に色気を使う、色仕掛けと言えるのです。

2.今日からできる色仕掛けテクニック11選

今日からできる色仕掛けテクニック11選

男性もその気にさせるためにはぜひ女性ならではの色気を使いたいものです。

しかし、その一方で同様に色気を使ったら良いのかわからない、失敗したら恥ずかしい店舗だと思う人も多いでしょう。

ここでは、誰もが今日から実践できる色仕掛けを紹介します。

2-1.目が合ったらすかさずにっこり微笑む

まず、目が合ったらすかさずににっこり笑ましょう。

日本人は人と目を合わせて話すことが苦手であるとも言われており、誰かをぼーっと見ている時、その人と目が合うとつい目を離す傾向があります。

目を離してしまえばせっかくの色自覚の機会を失ってしまいます。

色仕掛けをしたいと思うのであれば目が合ったときににっこり微笑みかけましょう。

それだけでも相手はどきっとしてしまうものです。

2-2.さりげないボディータッチを増やす

色仕掛けをしたいと思うのであれば、さりげなく男性にボディータッチをしましょう。

実はボディータッチというのは男性が最も勘違いをしやすい女性の行動だと考えられています。

それでなくても女性は気軽にボディータッチをする傾向があるため、それだけで期待をしてしまう男性が多いのです。

ですから、このような傾向は利用するべきです。

今まで以上にさりげないボディータッチを増やしましょう。

2-2-1.机の下で太ももをタッチ

最も効果的なボディータッチは太ももエロボディータッチです。

女性の中には男性に話しかけるとき、男性の方や腕に触れる人が多いと言われています。

しかしこれだけでは色仕掛けは成功しません。

本格的に色仕掛けをしたいと思うのであれば机の下でさりげなく男性の太ももにタッチしましょう。

2-2-2.話しかけるときに背中をポン

ボディータッチはあくまでもさりげないものでなければいけません。

男性に話しかけるとき、背中をポンと叩くだけでも効果があります。

不意打ちでボディータッチをされるとどきっとしてしまう男性は少なくありません。

2-3.上品なおフェロコーデで肌をチラ見せ

2015年からおフェロコーデというものが注目を集めています。

おしゃれとフェロモンという表現を合わせておフェロと呼んでいるのです。

これは男性からも女性からも人気があり、色っぽい、色気がある、と高い評価を受けています。

例えばオフショルダーのニットでデコルテを見せてみたりなど、さりげなく肌を見せるということがポイントです。

ガチガチに決まっているわけではなく、多少ヌケ感があり、ガードが堅そうに見えないため、男性からも近づきやすそうに見えるのです。

2-4.髪をかきあげて艶っぽさをアピール

髪をかきあげて艶っぽさをアピール

髪の毛をかきあげる姿を見て色っぽいと感じる男性は少なくありません。

特に髪の毛が長い女性の場合、その動作は男性にはできないものですよね。

だからこそ、髪の毛をかきあげて首筋を見せることにより、色っぽさを表現することができます。

ただし、髪の毛を触りすぎると落ち着きがない、水商売の女性に見える、などという評価を受けてしまうこともありますので、触りすぎには注意が必要です。

2-5.色っぽい言葉を選んでどきっとさせる

流行り言葉などにより、つい男性と同じ言葉遣いをしていませんか?

なかなか恋人ができないという人の中には、男性と同等に仕事をしており、どうしてもフェミニンな言葉遣いを避けている、男性に負けないようにするため強い言葉を使うことが多い、などという人も少なくありません。

しかし、色仕掛けをしたいと思うのであれば、やはり色っぽい言葉を使うことを忘れてはいけません。

例えば、ゆったりとした話し方や丁寧な言葉遣いは男性にとって色っぽいと思われることがあります。

例えば、京都の舞妓さん達はゆっくり話をしますよね。

ゆっくりと落ち着いて、丁寧な表現を心がけましょう。

間違っても「腹減った」「すげぇ!」などと言ってはいけません。

2-6.上目遣いと下目遣いを使い分ける

かつて、男性を虜にするために上目遣いが流行りました。

しかし、最近では上目遣いだけでは下心が丸見えであると言われることも少なくありません。

男性の中には上目遣いもいいけれど下目遣いにぞくっとする人もいます。

男性をキュンとさせるための上目遣いも必要ですが、そっと目線を下に向けて逸らすということも大切です。

下目遣いは男性にとって守ってあげたい、抱きしめたい、といった感情を持たせる役割があるのです。

2-7.ミニスカートで足を組み替える

映画「氷の微笑」も知っているでしょうか。

取調室で、ミニスカートの女性が足を組み替えるシーンで有名ですね。

男性の中にはこの映画はとても色っぽいと考える人が少なくありません。

このようにミニスカートで足を組み替えるというのは男性の心をグッと引き寄せます。

ただし、ミニスカートのときには特に下着が見えないように気をつけなければいけません。

下着が見えたら逆に品がなくなってしまいますので注意をしましょう。

2-8.セクシーな動作で上着を脱ぐ

セクシーに上着を脱ぐと聞けば、郷ひろみを思い出す人もいるかもしれませんね。

しかしあのように上着を脱ぐのではなく、女性がセクシーにやりたいという場合はむしろゆっくり上着を脱ぐことが大切です。

ブラウスなどを着ていても、女性が上着を脱ぐという仕草にはどきっとする男性が多いのです。

そんな時、ゆっくりと上着を脱ぐことでさらに色気を出すことができます。

2-9.酔っ払ったふりをして密着する

女性が少し酔った姿は可愛らしいと思われることがあります。

完全に酔っ払ってしまうと、むしろ大人のくせに自分のお酒の量をわかっていない、みっともない、などと思われてしまうことがありますので、少しだけ酔っ払ったふりをしましょう。

そして実際には酔っ払っていないということも大切です。

少しだけ酔っ払っている時はちょっとした事は許されるものです。

ぜひ密着して距離を縮めましょう。

2-10.視線が交わる機会を増やす

先ほど、目が合ったらすかさず笑顔見せると良いという話をしました。

これ以外にも、とにかく視線を交わさせるということがポイントです。

上目遣いや下目遣いを使い、ぜひ視線を合わせましょう。

2-11.自然の流れで間接キス

間接キスなんて別に何の意味もないと思う人は少なくありません。

しかし、自分が飲んでいる最中のものをさりげなく女性が手にし、口をつけるというのはなかなかセクシーなものです。

また、カップなどを共有しても気にならないという距離感をしますことができるため、男性をどきっとさせることができるのです。

ただし、人によっては同じカップを使うなどということに生理的な嫌悪感を覚える人もいますから、相手がそのような人ではないということを事前に確認しておく必要があります。

3.色仕掛けを成功させる必須アイテム

色仕掛けを成功させる必須アイテム

色仕掛けを成功させたいと思うのであれば、自分の服装など、アイテムにも気を配ることが大切です。

全く色仕掛けとは縁がなさそうな洋服を着て色っぽさを出そうというのはなかなか難しいのです。

ここでは色仕掛けを成功させるためのアイテムをご紹介します。

3-1.ボディーラインが強調される服

ボディーラインが強調される服

自分の体型には自信がないという女性が多いかもしれませんが、ボディーラインが強調される服というのは男性に色気を感じさせます。

極端に体にぴったりとした服を着る必要はありませんが、例えばTシャツでも大きめのTシャツよりも体にフィットし、凹凸がはっきりわかる洋服の方が色っぽいと言えるでしょう。

3-1-1.色仕掛けにお勧めのコーデはこれ!

色仕掛けのためにボディーラインが強調される洋服を着たいと思うのであれば、体の凹凸を強調することが大切です。

例えばウェストに自信があるならばそのくびれを利用しましょう。

また、胸の形に自信があるならば体にぴったりとしたシャツを着ても良いでしょう。

ボディーラインがはっきりとしたフィット感のある洋服はカジュアルではあっても、色っぽさを残すことが可能になります。

3-2.トライアングルゾーンが見える服

トライアングルゾーンというのは椅子に座ったときに見える太ももとスカートの間の隙間のことを指します。

覗いたら見えてしまうのではないかというギリギリのラインが男性をどきっとさせると言われています。

電車の中でミニスカートの女性が目の前に座っていると、どうしても気になってしまったことがあるという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

3-2-1.色仕掛けにお勧めのコーデはこれ!

トライアングルゾーンを出すためにはミニスカートを履く必要があります。

膝丈よりも短いスカートを履くことにより、椅子に座った時にトライアングルゾーンを出すことが可能になるのです。

このような場合、下着が見えてしまう可能性がありますので下着は黒かストッキングなどを履くなどして見えないようにする工夫も忘れないようにしましょう。

また、トライアングルゾーンを出す場合、胸元は開いていない洋服を着たほうが無難です。

3-3.胸元が深く開いた服

胸元の開いた服を着るのもセクシーさを見せるために大切です。

ただし胸元が開いた洋服は胸の形を強調しますので、バストに自信がないという人は下着を使ってきれいな形を見せるように心がけましょう。

ボリューム感がある下着を選ぶことで、バストに自信がない人もきれいな着こなしが可能になります。

3-3-1.色仕掛けにお勧めのコーデはこれ!

胸元が開いた洋服を着る時、1番気をつけなければいけない事は下着が見えないようにすることです。

下着が見えてしまうと品がなくなりますし、職場では不適切です。

しかし、上手に着こなすことができればジーパンなどを履いても色っぽさを残すことができます。

胸元が開いた服には自信がないということであれば、Vネックの服がお勧めです。

3-4.タイトなミニスカート

色っぽさを出したいと思うのであれば、タイトなミニスカートを履きこなせると良いです。

ただし、ミニスカートを履くという事は足を見せるということになりますので、足の細さに自信がない人はストッキングを使いこなしましょう。

また、しゃがんだ時などには下着が見えないようにすることが大切です。

3-4-1.色仕掛けにお勧めのコーデはこれ!

タイトなミニスカート履きこなしたいと思うのであれば、上に着るものは多少サイズが大きいものでも問題ありません。

タイトなミニスカートにタイトなTシャツなどを着てしまうとカジュアル感がなくなり、必死さが伝わってしまう可能性があります。

3-5.透け感のある黒ストッキングで色気倍増!

せっかくの足をストッキングで隠してしまうことにより、残念だと感じる男性は少なくありません。

だからこそ、透け感がある黒ストッキングは男性にとても人気があるのです。

30デニール以下のタイツは透け感が強く、素足よりもセクシーな印象を出すことができます。

ただしあまり寒い日には避けた方が良いでしょう。

3-5-1.色仕掛けにお勧めのストッキングはこれ!

色仕掛けに透け感のある黒ストッキングを利用したいと思うのであれば、30デニールか40デニールのストッキングを選びましょう。

40デニールの場合は女性らしさが際立ち、寒い日でも心配いりません。

セクシーすぎないストッキングが良いと思うのであれば60デニールでも問題ありません。

黒ストッキングを履いたときにはズボンや長いスカートではなく、ミニスカートが履けると良いですね。

3-6.艶のあるリップグロス

色っぽさを出すためにはリップグロスを忘れてはいけません。

唇に透明感やツヤを与えるために用いられるものであり、キスをしたくなる唇を作るためにも欠かせないアイテムです。

ただし、あまりにもたっぷり使ってしまい、コーヒーカップなどにリップクロスがべったりとついてしまうと色気がなくなりますので気をつけましょう。

3-6-1.色仕掛けにお勧めのリップグロスはこれ!

色仕掛けにリップグロスを使いたいと思うのであれば、少し色がついたリップグロスがお勧めです。

少しピンク色に色づくようなリップグロスは素敵ですね。

さらにコラーゲンなどを含み、唇のケアができるリップグロスは多くの女性に人気があります。

常に潤いを保てるものだと長時間にわたって男性を魅惑することができます。

3-7.フローラルなフレグランス

男性を色仕掛けにする場合、香りは欠かせないアイテムです。

香りは自律神経に働きかけるため、記憶にも残りやすいのです。

だからこそ、恋人と別れた後も恋人が使った香りを嗅ぐと恋人と過ごした時間を思い出すなどといったことがあり、復縁を目指す時にも香りは利用されるのです。

ぜひ男性が喜ぶフローラルなフレグランスを使いましょう。

3-7-1.色仕掛けにお勧めのフレグランスはこれ!

色仕掛けのためにフレグランスを使いたいと思うのであれば、男性から愛される香りを用いたものがお勧めです。

フェロモンを意識した香りはフローラルなものが多いと言われていますが、最近ではフィーニアンやジュテームHなどがお勧めです。

4.色仕掛けの上手な女性の特徴

色仕掛けの上手な女性の特徴

男性を振り向かせないけれど色仕掛けなんてしたことがない、色仕掛けなんて不安、という女性は少なくありません。

その一方で、実は色仕掛けが上手な女性も存在するのです。

色仕掛けが上手な女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

4-1.男性に甘えるのが上手

男性に甘えるのが上手な女性は色仕掛けが上手といえます。

まず人に甘えられること、そして男性に甘えられることが大切になるのです。

男性に甘えられる女性は女性であるという事の強みを活かして甘える傾向があります。

女性の強みというのはやはり女性の色気と言えるでしょう。

4-2.女性の武器を有効活用する

女性の武器を有効活用することも大切です。

女性の武器というのは色気、涙、セクシーさ、などと考えられますが、もしもウエストやバスト、髪の毛、肌など自信がある場所があるならば、それらを有効活用しましょう。

涙は女性の武器と言われることがありますが、涙を使っても効果的です。

ただし見せすぎは注意です。

4-3.あえてギャップを見せる

ギャップを見せるということも大切です。

例えば職場では凛として何のミスもない真面目な女性が、プライベートでは可愛い笑顔を見せておっちょこちょいなところがあったら、男性は可愛らしいと思うものです。

女性でも、例えば職場の真面目な男性が、プライベートではスポーツが大好きで笑顔が絶えない、などということであればそのギャップにキュンとしてしまう人もいるのではないでしょうか。

5.色仕掛けが様になる色気のある女になるには

色仕掛けが様になる色気のある女になるには

もちろん、色仕掛けをするためには色仕掛けが様になっていなければいけません。

どれだけ色仕掛けをしているつもりでも、効果がなければ何の意味もないですよね。

もしも今まで色仕掛けをしたことがないけれど色仕掛けがしたい、という時、挑戦してみたら良いことについて紹介します。

これらができるようになれば、色仕掛けが様になると言えるでしょう。

5-1.視線一つで男を惑わす

色仕掛けができる女性は視線で男性を惑わすことができます。

気になる男性と目が合うと、なんとも恥ずかしいですよね。

目を逸らしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

そうではなく、目があったときにはにこっと笑い、上目遣いや下目遣いを使いこなせる女性こそ、色仕掛けが上手だと言えるのです。

5-2.落ち着いた大人の色気を身にまとう

落ち着いた色気も必要です。

何の色気もない女性が色仕掛けをしようとしても意味はありません。

落ち着いた色気を出したいと思うのであれば、例えば動作をゆっくりにする、指先を動かすときには指先をきちんと伸ばす癖をつける、言葉遣いを意識する、などということも大切です。

どれだけ色気がある行動をしたとしても、言葉遣いが雑では意味がありません。

5-3.女性らしい柔らかな仕草を意識する

柔らかい穏やかな仕草を身に付けるようにしましょう。

例えば、色仕掛けをしたいと思っても背中をボリボリ掻いてしまっては意味がありません。

スカートを履いて座ったときにさりげなく膝の上にハンカチを置いたり、床の上の物を拾うときには膝を曲げてかがんで拾ったりなど、女性らしい仕草を身に付けましょう。

6.色仕掛けに弱い男性の特徴

色仕掛けに弱い男性の特徴

色仕掛けが得意な女性がいる一方で、色仕掛けにかかりやすい男性もいます。

それならば色仕掛けに弱い男性はどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは色仕掛けに弱い男性について紹介します。

6-1.女性経験が少ない

女性経験が少ない男性は色仕掛けに弱いと言えるでしょう。

女性経験が少ないという事は、女性の色気などにも慣れていないということになります。

そのため女性が女性の武器を表に出してくるとどう対応して良いのか分からず、とにかくどきっとしてしまうということがあるのです。

6-2.ナルシスト気味

ナルシストの男性は女性の色仕掛けに弱いといえます。

女性が色気を出してくるというのは自分に興味があるから、自分にはそれだけの魅力があるから、と考えてしまうため、ナルシストの男性は女性が色気を出すと自分を高く評価する傾向にあるのです。

6-3.プライドが高い

プライドが高い男性は「自分がモテて当然」「自分が女性から人気があって当然」と考える傾向にあります。

ナルシストの男性に似たところがありますが、自分を過大評価する男性は、色仕掛けに弱いと言えるでしょう。

女性からモテる自分に価値を持つため、プライドが高い男性は色仕掛けに落ちやすいのです。

7.色仕掛けをするベストなタイミング

色仕掛けをするベストなタイミング

もしも気になる男性に色仕掛けをしたいと思う場合、どのタイミングで色仕掛けをしたら良いのでしょうか。

色仕掛けをすれば良いといってもいつでも良いというわけではありません。

効果的な時もあれば、出来る限り避けるべき時もあります。

ここでは色仕掛けをするベストのタイミングについて紹介します。

7-1.相手と2人きりの時

色仕掛けをするのであれば、相手と2人きりの時が適切です。

言い換えれば、他の人がいるときには色仕掛けをするべきではありません。

他の人がいるときに色仕掛けをしてしまえば、他の男性に勘違いをさせてしまう可能性もありますし、もしも他の女性の前で色仕掛けをすればマイナスのイメージを持たれてしまう可能性もあります。

色仕掛けをしている、気があるのが丸わかり、いったマイナスのイメージを持たれてしまうと、叶う願いも叶わなくなってしまう可能性があるのです。

また、2人きりのときの方が相手が自分に集中していますので、色仕掛けの効果が安くなります。

ですから、色仕掛けをするのであれば2人きりの時を選びましょう。

7-2.不意に距離が近づいたとき

不意に2人の距離が近づいた時も色仕掛けをするには絶好のタイミングです。

例えば今まで2人で食事をしたことなどなかったのに、2人で食事をすることになった、今まで隣同士に座ることなどなかったのに、隣同士に座る機会があった、少し顔近づける機会があった、などという時は最高のタイミングと言えるでしょう。

今まで以上に距離が近づいたと思った時、ぜひ色仕掛けを利用してみましょう。

7-3.相手が自分を見ている時

相手が自分を見ている時も色仕掛けをするには良いタイミングといえます。

というのは、色仕掛けは相手に気づいてもらわなければいけませんから、相手が自分を見ている時が1番良いと言えるのです。

もしも相手が自分に気づいていない時に色仕掛けをしたとしても、何の意味もありません。

それよりもその時自分を見ていた人に勘違いされてしまう可能性もありますし、色仕掛けが誰にも通じなかったという悲しい結果に終わってしまう可能性もあります。

相手が自分を見ているときに色仕掛けをするようにしましょう。

8.色仕掛けの効果はどう現れる?

色仕掛けの効果はどう現れる?

色仕掛けをしたら、その効果はどのように現れるのでしょうか。

もしも普段から色仕掛けをするように心がけたら、どのような変化を得ることができるのでしょうか。

ここでは色仕掛けの効果について紹介します。

8-1.女性らしさが磨かれて魅力的に

色仕掛けを意識することで、女性だしさを磨くことができます。

普段から女性らしい仕草や言葉遣いを意識することにより、女子力を上げることが可能になります。

そのため自然と魅力的な女性になることができるでしょう。

セクシーな服を着なくても、普段から品のある服装をし、言葉遣いや仕草を意識するだけでも大きな変化を得ることができます。

8-2.男性の気を引く恋愛テクが上達

色仕掛けを上達させると、男性の気を引く恋愛テクニックを上達させることができます。

色仕掛けは男性を振り向かせ、自分の方を向かせるための方法ですから、色仕掛けが上達するという事は恋愛テクニックが上手になるということになります。

実際に男性を振り向かせることができたら、恋愛テクニックが上達したと言えるでしょう。

8-3.男の上司や取引先に気に入られる

色仕掛けが上手になると、職場で男性の上司や取引先に気に入られるということもあります。

色仕掛けというのは色気を出している事ですから、やはり身近の男性には気づかれやすい傾向があります。

そのため男性の上司や取引先から妙に好かれる、ということもあるでしょう。

ただし、この場合は同時に女性の同僚から嫌われる可能性もありますので注意が必要です。

8-4.好きな男性を振り向かせられる

色仕掛けの究極のゴールは好きな男性を振り向かせるということです。

好きな男性に色仕掛けを行い、その人を振り向かせることができれば、色仕掛けが成功したと言えるでしょう。

すぐに結果を求めるのではなく、長い目で見て色仕掛けを成功させられると良いですね。

9.色仕掛けをするときの注意点

色仕掛けをするときの注意点

その一方で、色仕掛けをするときには気をつけなければいけないこともあります。

確かに色仕掛けを意識することによって女子力が上がるなど様々な良い効果を得ることができますが、その一方で色仕掛けをするときに忘れてはならないこともあるのです。

ここでは色仕掛けをするときに注意するべきことについて紹介します。

9-1.面倒な相手は避ける

色仕掛けを成功させたいと思っても、面倒な相手は避けなければいけません。

先ほど色仕掛けが成功しやすい男性の特徴を紹介しましたが、すべての男性に色仕掛けが成功するというわけでは無いのです。

例えば女性経験がなさすぎて、色仕掛けをすればすぐに勘違いをしてしまうような男性であったり、色仕掛けをすれば「品がない」などとまるでだらしがない女性のように思ってしまう男性であったり、面倒な相手は存在するものです。

このような人に色仕掛けはしない方が良いといえます。

9-2.同性が居る前ではやらない

同性がいる前での色仕掛けは避けた方が無難です。

色仕掛けは男性の前でやるから価値がありますが、女性の前でやると「下心が見え見え」「その気があるのが丸わかり」「色気で男を手に入れようとしている」などと悪い目で見られることの方がほとんどです。

特に色気で男性をその気にさせをとする行いに対し、女性は良い顔しないことが多いです。

そのため人間関係に支障をきたしてしまうかもしれません。

女性がいる前での色仕掛けはやめましょう。

9-3.相手からのボディータッチは受け入れない

相手からのボディータッチは受け入れないということが大切です。

色仕掛けをするためには男性にボディータッチをすることが大切ですが、男性には触られないようにしましょう。

色仕掛けというのは軽い女になるということではありません。

男性からボディータッチをされそうになったらさりげなく交わすことで品を保つことができます。

9-4.過度な露出はNG

確かにさりげなく肌を見せることが大切ですが、過度な露出は避けなければいけません。

例えば胸元が大きく開いた服を着るにしても、胸元を見せてはいけません。

タイトなミニスカートを履くにしても、下着を見せてはいけないのです。

そのため見せすぎには注意が必要です。

過度な露出に対しては品がないと考える男性もいますので気をつけましょう。

10.まとめ

まとめ

好きな男性を振り向かせたいと思うのであれば、色仕掛けを利用すると効果的です。

色仕掛けといっても色気で男性を惑わすのではなく、女性らしい言動を心がける、と意識すると良いでしょう。

それだけで魅力的な女性になることができます。

10-1.色仕掛けを実践するならオリエンタルラウンジ!

色仕掛けを実践したいと思うのであれば、オリエンタルラウンジを使ってみてはいかがでしょうか。

友達や恋人を探すのにオリエンタルラウンジは最適な場所です。

日本全国あらゆる地域で開催されている大人の社交場ですから、ぜひオリエンタルラウンジに足を運び、色仕掛けを実践してみてください。