告白したいけどできない理由とは?告白前の準備や対処法を伝授!

恋愛

好きな人ができると告白したいと思いますよね。

自分の気持ちを伝えたい、好きな人と付き合いたい、など、告白の理由は様々です。

しかし、いざ告白しようと思った時、どうしても躊躇してしまって相手に自分の気持ちを伝えることができないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは告白したいけれどできないときの理由、告白前の準備や告白を成功させるための方法について紹介します。

1.告白したいけれどできない…その理由は?

告白したいけれどできない...その理由は?

好きな人には自分の気持ちを伝えたいものです。

しかしその一方で告白をするのをためらってしまうという人は決して少なくありません。

それはいったいなぜなのでしょうか。

ここでは告白したいけれどできない理由について解説します。

1-1.告白にイエスをもらえる自信がない

好きな人に告白したいと思う時、どうしても告白する勇気が持てないときはやはりイエスをもらえる自信がないからではないでしょうか。

相手も絶対に自分のことが好きだと思えるのであれば、告白は強くないかもしれません。

しかし相手は誰が好きなのかわからないなどという場合、やはりフラれてしまうのが怖くて勇気が持てないことがあります。

1-2.自分に自信が持てない

自分に自信がないから告白できないということもあります。

自分に自信がないと、告白をしても「相手に嫌がられたらどうしよう」「迷惑だったらどうしよう」と思ってしまうものです。

また、自分が相手のことを好きであるということを他の人に知られてしまい、からかわれたらどうしようなどという不安を抱える人もいます。

1-3.これまでの関係が壊れるのが怖い

相手と良い友達関係を築けているという場合、告白をしてしまうことによって今までの人間関係が崩れてしまうのではないかという不安を抱える人もいます。

また、好きな人が友達グループの一員である場合、他の人との友達関係のバランスが変わってしまったら嫌だ、と思い、告白できない人もいるのです。

1-4.どうやって告白したらいいのかわからない

そもそも告白の仕方がわからないという人もいるのではないでしょうか。

どのように自分の気持ちを伝えたら良いのかわからない、どのタイミングで告白したら良いのかわからない、と悩む人は多いものです。

だからこそ、告白をするときには念入りに準備をするのです。

2.告白したいけどできないときの対処法

告白したいけどできないときの対処法

告白をしたいけどできないと思った時、一体どうすれば良いのでしょうか。

確かに告白できないからそれでいいや、というのであれば良いですが、告白はしたい、でもできない、と感じた場合、それなりに準備が必要なものです。

ここではそんな時にできる対処法を紹介します。

2-1.告白する理由を真剣に考える

まず自分がなぜ相手に告白するのか真剣に考えましょう。

告白にはそれなりに目的があります。

例えば相手に自分の気持ちを知って欲しいということもあれば、付き合いたいということもあるでしょう。

告白する理由を自分の中で明確にすることも大切です。

2-1-1.相手に自分の気持ちを知って欲しい

告白したいと思う場合、やはり相手に自分の気持ちを知って欲しいという気持ちが強いのではないでしょうか。

誰かを好きになるという事は、かつてその人に優しくされた経験がある人も多いでしょう。

ありがとう、という意味も込めて、相手に自分の気持ちを伝えたいから告白するという人は少なくありません。

2-1-2.恋を成就させて付き合いたい

ただ相手に自分の気持ちを知ってもらうだけではなく、付き合いたいという意識を持つ人も多いでしょう。

好きな人とは一緒にいたいですよね。

そんな時、相手に自分の気持ちを伝え、イエスという返事をもらえれば付き合うことができます。

好きな人と付き合えるのは素敵なことですね。

2-1-3.区切りをつける

中には区切りをつけるために告白するという人もいます。

例えば卒業や転勤で物理的な距離が離れてしまう時、絶対にこの恋愛はうまくいかないと分かっている時など、区切りをつける、諦めをつける、という意味で告白する人もいます。

告白しても絶対にうまくいかないとわかっている場合、区切りをつけるために告白する人が多いです。

2-2.成功した後のことをイメージする

告白したいと思うならば、成功した後のことをイメージすることも重要です。

告白に成功したらその後、一体何が起こるのでしょうか。

2-2-1.告白する時はポジティブに!

まず、告白するときはポジティブでいなければいけません。

確かに告白は怖いものです。

答えは2つに1つですが、残念な結果になる可能性もあります。

しかし、自分に自信を持ってポジティブに告白することで、告白をより成功させられるかもしれません。

2-2-2.暗い顔では運が逃げていく

暗い顔でいると運が逃げます!常に笑顔で明るくいてこそ、人間は良い結果を招くことができるのです。

確かに、暗い顔でいる人よりもいつも笑顔でいる人と一緒にいたいですよね。

好きな人に見られた時に少しでも良い印象を持ってもらえるように、できるだけ笑顔でいましょう。

2-3.人の恋愛エピソードを聞く

人の恋愛エピソードを聞くということも効果的です。

どのような願いがあるのか、どのような告白方法があるのか、そしてどのような結果が待っているのか、様々なエピソードを聞いておきましょう。

それによって自分の心の整理をすることも容易になります。

ひとりで考え込まないことが大切です。

2-3-1.人の告白プランや成功法を参考にする

もしも誰かが告白して成功させた、失敗した、などということがあれば、そのような話を聞いても良いでしょう。

どのようなタイミングで恋人をゲットしたのか、どこに失敗したのか、人の話は非常に参考になります。

他の人の経験から学びたいものです。

2-4.仲の良い友達に相談してみる

友達に相談してみても良いかもしれません。

友達は客観的に物事を判断してくれますが、人間は自分で自分を客観的に見ることができません。

主観的にならないよう、独りよがりにならないよう、友達に相談してみましょう。

この告白はどうか、タイミングはどうか、と聞いてみることによって自分ではわからなかった見解を得ることができるかもしれません。

2-4-1.客観的なアドバイスを参考にする

友達などに相談したら、客観的なアドバイスはぜひ参考にしましょう。

主観的なアドバイスはむしろ聞き流して構いません。

しかし客観的なものは積極的に取り入れていきたいものです。

あなたのことを考えてくれたアドバイスは無駄にしてはいけません。

3.告白前にまずはこれをクリアすべし

告白前にまずはこれをクリアすべし

告白前には何をチェックしておいたらいいのでしょうか。

何の準備もすることなく、また必要な情報を手に入れることなく告白するというのはリスクがあります。

ここではまず、告白前にすべきことについて解説します。

3-1.恋人がいるかどうかチェック

当たり前ですが、まず好きな人には恋人がいるか確認しておきましょう。

告白した結果「ごめんなさい、自分には恋人がいるので」ではあまりにも悲しいですよね。

好きな人に恋人がいるということを知らずに告白するというのは、相手に関する情報収集不足でもあります。

好きな人に恋人がいるかどうか、必ず確認をしておきましょう。

3-2.恋人を作る気があるのか聞いてみる

好きな人に恋人がいなかったとしても、その人に恋人を作る気があるかどうか確認しておくことも大切です。

例えば前の恋人と別れたばかりであったり、大切な試験などを控えていたり、仕事で忙しかったりして今は恋人を作る気がないと考えている場合もあります。

ですから、恋人がいないとなったら次に恋人を作る気があるのか聞いておくことも大切です。

3-3.デートに誘ってみる

恋人は作る気があるということであれば、ぜひデートはしておきたいものです。

いちどもデートせずに告白するというのはなかなかリスクがあります。

デートをすることによって相手のことを知ることもできます。

告白する前にはまずデートをしましょう。

3-3-1.告白は3回目のデートがベスト

何度かデートを重ねたら、告白するタイミングを掴むことができます。

告白は3回目のデートがベストだと言われています。

速すぎても良くありませんし、遅すぎても良くありません。

3回目あたりを意識できると良いですね。

4.告白が成功する脈ありサイン

告白が成功する脈ありサイン

告白を成功させたいと思う時、一体相手の何を見たら脈があるかどうかわかるのでしょうか。

相手が自分に関心を持っていなくても告白したいという人もいるでしょう。

しかし、多くの人は告白した時、相手にも自分を好きになってほしい、イエスと言って欲しい、と思うのではないでしょうか。

ここでは告白が成功する脈ありサインを紹介します。

4-1.会話が楽しく続けられる

相手と楽しく会話を続けることができるのであれば、脈があるかもしれません。

楽しく会話ができるというのは当たり前のように聞こえますが、例えば無言の時間があっても苦痛ではない、お互いに好きなことが言える、素直な自分を出すことができる、相手がどのような意見を言っても嫌にはならない、などといったことが大切です。

実は、このような条件をクリアするのはなかなか大変です。

本当の自分を出せているかどうか、相手の様々な顔理解できるかどうか、お互いが無言になっても苦痛ではないかどうか、振り返ってみましょう。

4-2.用事がない時にもLINEをする

もしも空いてから用事がないにもかかわらずLINEが来るようであれば、相手も自分に関心を持っているかもしれません。

最近では誰もがLINEをするようになりましたね。

しかし、やはり用事があるからLINEをするというのが当たり前です。

その一方で好きな人には用事がなくてもLINEをしたいものです。

もしも相手から特に用事がないにもかかわらずなんやかんやとLINEが来る、ということであれば、脈ありだと言えるでしょう。

4-3.恋人がいるか聞かれたことがある

好きな人ができれば、誰もがその人に恋人がいるのかどうか気になります。

言い換えれば、その気が無いのであればその人に恋人がいようがいまいが関係ないのです。

もしも相手から恋人がいるかどうか聞かれたことがあるのであれば、相手も自分に関心を持っているかもしれません。

5.告白のゴールは付き合うことじゃない!

告白のゴールは付き合うことじゃない!

告白をする時、さまざまな準備をしますよね。

それによって告白をしたらそれで終わり、と感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、告白はゴールではありません。

ここでは告白する前の気持ちの持ちようについて紹介します。

5-1.フラれること=告白の失敗ではない

彼にフラれてしまったとしても、それは告白の失敗ではありません。

確かに告白して付き合うことができると、「告白が成功した」と捉えますよね。

しかし、失敗するという事は無いのです。

実は告白してフラれてしまうことにより、関係が変わることもあります。

告白してフラれることによって相手に自分を振り向かせる、というやり方を推奨する人もいるのです。

5-1-1.告白してから関係が進展するケースも

そんなことはありえない、と思う人もいるかもしれません。

しかし、告白してから関係が進展するケースもあります。

人間は自分に関心を持つ人間に関心を持つ傾向があります。

そのため、「この人は自分のことが好きなんだ」と知った瞬間にその人のことを意識し始めるということも十分あり得るのです。

5-1-2.告白すると相手が自分を意識してくれる

だからこそ、告白することによって相手に自分を意識させるということが可能になります。

告白したときにどのような答えをもらったとしても、それはあまり関係ありません。

仮にイエスをもらえなかったとしても、相手は確実にあなたのことを意識するようになります。

そこから良い関係を築くことも可能なのです。

5-2.すぐに答えを出してもらう必要はない

もしも快い返事をもらえなかった場合、すぐに答えをもらう必要はないと考えましょう。

たとえその時イエスをもらえなかったとしても、長い目で見てその人に自分を見てもらえるように努力していけばよいのです。

5-2-1.好意を伝えて交際を検討してもらう

告白をする時、例えば付き合い始めたからといってその人もあなたのことが好きとは限りません。

交際を申し込んだ時、特にその人が好きというわけではないけれど断る理由がないということで交際を承諾することもあります。

だからこそ、相手に好きだという気持ちを伝え、交際を検討してもらっても良いでしょう。

交際し始めてから相手を振り向かせるということも可能です。

6.まとめ

まとめ

告白したいと思っても、なかなか行動に移せないという事は珍しいことではありません。

そんなときにはぜひ相手に関する情報を収集し、前向きな気持ちで告白したいものです。

そして仮にイエスをもらえなかったとしても、それから相手を振り向かせる努力を怠らないようにしましょう。