ドライな彼氏の特徴と恋愛観!別れる前するべき対処法と付き合うコツを伝授

恋愛

付き合っている彼氏がとてもドライで悲しい思いをしている、という女性は多いのではないでしょうか。

男性の中には女性とは違った愛情表現をする人も多く、同時に女性からしてみるとなんとなくドライだと感じる人も少なくはありません

ここでは、ドライだと感じる彼氏の対処法について紹介します。

スポンサーリンク

1.ドライな彼氏の特徴8つ

ドライな彼氏の特徴8つ

ドライな彼氏には一体どのような特徴があるのでしょうか。

そもそも彼氏が土台というのは一体どのような意味なのでしょうか

ここでは、ドライな彼氏の特徴をいくつか紹介します。

1-1.周囲に対する興味が薄い

周囲に対する興味が薄い

まず、周囲に対する興味が薄い男性はドライかもしれません

恋人がいる女性の中には、友達の彼氏が彼女に何をプレゼントした、どこに連れて行ってくれた、などという話を聞き、羨ましく思う人もいるのではないでしょうか。

もしかしたら自分の彼に「ここに行ってみたい」と話して見た経験がある人もいるかもしれませんね。

しかし、そんな時に「人は人、自分は自分」という考え方を貫いていたり、人気があるスポットなどに興味がなかったりすると、もしかしたらドライかもしれません。

1-2.警戒心が強い

警戒心が強い男性もドライになる傾向があります

例えば何かプレゼントをもらったとき、何か下心があるのではないかと勘ぐってしまうなどという男性は警戒心が強いといえます。

それが態度として現れてしまうことがあります。

スポンサーリンク

1-3.仕事が好き

仕事が好き

仕事が好きな男性もドライかもしれません

もちろん仕事が好きであるという事は何の問題もないのです。

しかし、仕事に没頭しすぎて他に関心がなかったり、いつも仕事のことばかり考えていたりすると、どうしても恋愛に情熱が入らないことがあります。

日曜出勤なども躊躇なく行かれてしまうと、どうしても寂しいと思うことがあるかも知れませんね。

1-4.マイペース

マイペースの男性も、女性からしてみるとドライに映るかもしれません

例えばバレンタインデーやクリスマスで世の中が沸いていたとしても、そのような流れに乗らず、自分たち中ではのやり方を好む男性もいます。

自分のペースを崩さないため、情熱的では無いように感じることもあるでしょう。

マイペースな男性は女性からしてみるとどうしてもドライに見えるかもしれませんね。

1-5.熱中する趣味がある

何かしら熱中する趣味がある男性も恋愛にあまり関心がないように見えるかもしれません。

誰しも趣味を持っていますよね。

特に男性が何かしら熱中できるものを持っている場合、とにかくそれに集中することがあります。

恋愛よりも趣味の方が大事に見えてしまうこともあるかもしれません。

そのため恋愛に対してはどうしてもドライに見えることがあります。

1-6.どんな時も冷静

どんな時も冷静

男性にはどんな時も冷静でいて欲しいと思う女性は多いことでしょう。

しかし、実際にどんなときも冷静でいる男性を見ると、ドライだと感じる女性は少なくありません。

冷静でいるからこそ、「この人は感情を表に出さないのではないか」などと思ってしまい、どうしてもドライに感じてしまうのです。

確かに感情を出さず、淡々と物事をこなしていく男性はドライなことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

1-7.連絡の頻度が少ない

連絡の頻度が少ない男性もドライなことがあります。

もちろん、好きな人にはいつでも連絡を取りたいものですし、好きな人から連絡が来ると嬉しいですよね。

しかし、自分は相手のことが好き、相手も自分のことが好き、という信頼から、あまり連絡を取らないという人もいます。

また、そもそもあまりスマホを扱わないという人もいるでしょう。

そのような人は恋愛にドライに見えるかもしれません。

1-8.性欲が少ない

男性から求められたいと願う女性は少なくありません。

しかし、その一方でもしも男性の性欲が少なかったら、ドライだと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

もしかしたら自分が求められていないのかもしれない、と不安に思ってしまうこともあるかもしれませんね。

それはただ単にドライなだけかもしれません。

2.ドライな彼氏の恋愛感

ドライな彼氏の恋愛感

彼氏がドライだと、どうしても「自分は愛されていないのではないか」などと不安に思うこともあるでしょう。

しかし、ドライだからといって彼女のことを大切に思っていないというわけではありません。

ここではドライな男性の恋愛観について紹介します。

2-1.好きな相手には一途

ドライな彼氏は決して彼女のことを大切に思っていないというわけではありません。

むしろ好きな相手にはとても一途であり、とても大切にしてくれます。

確かに愛情の表現の仕方はドライに見えるかもしれませんが、女性をとても大切に扱ってくれる傾向があります。

スポンサーリンク

2-2.嫉妬や束縛はしない

嫉妬や束縛はしない

ドライな男性は女性を束縛しない傾向が強いです。

同時に女性が他の男性と外出したりしても嫉妬することがまずありません。

愛情表現の1つとして嫉妬や束縛をしてほしいと考える女性にとっては物足りないと思うこともあるでしょう。

しかしこれは信頼の証とも言えるのです。

2-3.お互いの時間は大切にする

ドライな彼氏は冷めているように感じることもあるかもしれません。

しかし、そんな人はお互いの時間を大切にする傾向があります。

つまり、2人で一緒にいない時、お互いが自分たちの時間を過ごしているときには邪魔をしないという考え方をしているのです。

だからこそLINEなどの連絡の回数も減ってしまうかもしれません。

しかしそれは愛情がないわけではなく、今の時間を尊重している証拠なのです。

2-4.大事な時はしっかり決める

そのような男性は大事な事はしっかり決める傾向があります。

例えば結婚はどうするのか、仕事はどうするのか、慎重に物事を判断していくでしょう。

ですから自分の意見はきちんと伝えることも重要です。

3.ドライな彼氏の愛情表現

ドライな彼氏の愛情表現

ドライな彼氏は恋愛に関して疎いように感じてしまうかもしれません。

しかし、だからといってドライな彼氏は恋愛に興味がないというわけでは無いのです。

ここでは、そんな彼氏がどのように愛情表現をするかという事について紹介します。

スポンサーリンク

3-1.プライベートなことを話す

どれだけドライに見えたとしても、彼はプライベートな事はちゃんと話してくれます。

自分はどのように感じているのか、何をしたいのか、自分の意見を積極的に述べてくれるでしょう。

それは彼なりの愛情表現だと言えるのです。

3-2.時折急に甘えてくる

ドライな彼の場合、なんだか自分に甘えてくれることもないし、甘えてもあまり相手にしてくれないと感じる女性は少なくありません。

しかし、そんな男性は女性に対し、時折急に甘えることがあります。

やはり恋人の女性に対して甘えたいという意識を持っており、常にというわけにはいきませんが、時々甘えてくることがあります。

3-3.体調の変化に気づいてくれる

体調の変化に気づくというのも比較的ドライな彼氏の愛情表現だといえます。

特に女性は毎月生理がありますよね。

そんな時、男性には言えないけれどとにかく辛いということもあるのではないでしょうか。

せっかくのデートだから出かけるけれど、実は座って痛い、痛み止めが効かない、などということもあるでしょう。

そんな表情にドライな彼氏は気づいてくれることがあります。

自分からは言い出せなかったとしても、彼が気づいてくれると話をしやすいですよね。

3-4.たまにプレゼントをくれる

たまにプレゼントをくれる

そんな彼はたまにプレゼントをくれます。

確かに誕生日やクリスマスやバレンタインデーなど、プレゼントをもらう機会はあるでしょう。

しかし、ドライに見える彼は「こんなものを見つけた、喜ぶかと思って」などとさりげなくプレゼントをくれることがあります。

それはそれでロマンチックですよね。

スポンサーリンク

3-5.忙しくてもデートの時間は作る

そんな彼は忙しくてもデートの時間を作ってくれます。

なかなか愛されているという感じがしない、愛情に関心がなさそう、という彼氏であったとしても、忙しい時もきちんとデートの時間を作ってくれるものです。

3-6.どんな話にも付き合ってくれる

ドライな彼は確かに感情を表に出さなかったりして何も考えているのかわからないということもあるかもしれません。

しかし、そんな彼はどんな話にも付き合ってくれます。

例えば自分の口であったとしても、無表情で話を聞くだけかもしれませんが、それでも話を聞いてくれるのです。

女性にとっては心強い味方です。

4.ドライな彼氏との別れを悩んだときの対処法

ドライな彼氏との別れを悩んだときの対処法

ドライな彼氏と付き合っていると、なんだか彼氏の愛情を感じられない、自分のことを大切に思ってくれている感じがしない、などという理由で別れを考えることもあるかもしれません。

そんな時、一体どのように対処したらよいのでしょうか。

ここではドライな彼氏と別れを考えたとき、何をすれば良いのかということについて紹介します。

4-1.愛情が感じられない場合

 

愛情が感じられない場合

ドライな彼と付き合っている女性の大きな悩みは男性の愛情が感じられないということです。

恋愛に対して淡白に見える、関心がなさそう、などという理由で自分が愛されている感じがしない、なんだか好きでもないのに付き合ってもらっているような気がする、と悩む女性はたくさんいます。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

4-1-1.寂しい気持ちを素直にぶつけてみる

愛情が感じられないのであれば、やはり寂しいという気持ちを素直にぶつけてみることが大切です。

どれだけ心の中で男性があなたを大切に思ってくれていたとしても、やはりそれを言葉や態度に出して示してほしいと思うのは当然です。

「あなたは一体何を考えているのか」「もっと愛情表現をしてほしい」という希望を伝えてみましょう。

スポンサーリンク

4-2.全然かまってもらえない場合

全然かまってもらえない場合

ドライな彼が趣味などに打ち込んでいて全然かまってもらえないということもあります。

趣味や仕事に打ち込んでいる彼の邪魔はしてはいけないと思う一方で、やはり自分にもかまって欲しい、自分の方を見て欲しい、と思うことがありますよね。

そんな時はどうすればよいのでしょうか。

4-2-1.リードして自分のペースに持ち込む

なかなかかまってくれないのであれば、その彼をリードすることが大切です。

かまってもらえていない状態はあくまでも彼のペースでいるということになります。

だからこそ、例えば自分で彼の予定を聞き出し、レストランの予約をしてしまったり、具体的なデートプランを立てたりなど、自分がペースを作り出しましょう。

彼を振り回す位の勢いが大切です。

ただし、熱中している趣味などを否定してしまうと嫌がられてしまいますので、否定してはいけません。

4-3.相手がマイペースすぎる場合

相手がマイペースすぎる場合

相手がマイペースすぎて情熱的ではない、もう少し周りを見て欲しい、と感じるときはどうすれば良いのでしょうか。

マイペースも良いですが、場合によってはもっと周りを見て欲しい、もっと周りと同じようなことをして欲しい、と思うこともありますよね。

4-3-1.2人のルールを作る

そんな時は2人のルールを作りましょう。

例えば、デートをしているときにはスマホは見ない、1日に1回はLINEで連絡をするなど、自分たちのルールを作ることによって自分たちのペースを作ることが可能になります。

マイペースな彼はあくまでも自分のペースで動いています。

自分のペースではなく、自分たちのペースを作り出しましょう。

4-4.結婚を視野に入れている場合

結婚を視野に入れている場合

もしもお互いに結婚を視野に入れた状態で付き合っており、彼がドライで不安がある、不満がある、という場合はどうしたらよいのでしょうか。

結婚を考えるほどの相手ですから相手を信じたいものです。

しかしその彼がドライに感じたら、やはりショックですよね。

4-4-1.結婚の意思があるかストレートに聞く

結婚は一生の問題です。

後から後悔するようなことがあってはいけません。

だからこそ、彼に本当に結婚する気があるのかどうか、自分のことをどう思っているのかどうか、ストレートに聞きましょう。

結婚を考える位の相手ならば、真剣に話をする必要があります。

5.ドライな彼氏とうまく付き合うコツ

ドライな彼氏とうまく付き合うコツ

彼がドライであってもやはりうまく付き合いたいという場合、一体どのようにつき合ったら良いのでしょうか。

もしも自分が感情を表に出しやすい性格の場合、ドライな彼氏とはなんとなく温度差がある、と思ってしまう人もいるかもしれません。

ここではドライな彼氏と上手に付き合う方法を紹介します。

スポンサーリンク

5-1.相手の性格を細かく分析する

彼氏が隣だというならば、まずその性格を細かく分析しましょう。

今までドライな彼の特徴などを紹介してきましたが、性格というのは十人十色です。

好きなものや嫌いなものは人それぞれです。

だからこそ、彼は一体何が好きなのか、何を喜ぶのか、何を嫌がるのか、しっかり把握しておきましょう。

何事も相手もよく知ってこそ可能になるのです。

5-2.長所と短所を理解する

彼の長所と短所を理解することも大切です。

彼は何が上手で何が得意ではないのか、知っておきましょう。

特に短所を把握しておけばうまく付き合うことが容易になります。

長所と短所を把握することにより、自分はどのように行動したらよいのかということがわかります。

5-3.気持ちを隠さずに伝える

気持ちを隠さずに伝える

ドライな彼に対しては自分の意見をいうことができず、正直になれないことがあるかもしれません。

しかし、そのような彼とうまく付き合っていくためには自分の気持ちを隠さずに伝えることも大切です。

自分の気持ちを表に出し、ストレートに伝えることによって彼に自分の気持ちを知ってもらうことができるのです。

「きっとわかってもらえないだろう」などと思い込んで自分の気持ちを隠してはいけません。

5-4.焦らずに関係を深める

焦らないことも大切です。

例えば周りの友達の彼氏がとても情熱的だったりすると、比較して自分の彼氏は自分のことを大切にしてくれないなどと安易に考えてしまうこともあるかもしれません。

しかし焦ってはいけません。

彼は彼のペースであなたのことを大切にしてくれている可能性もあるのです。

スポンサーリンク

6.まとめ

まとめ

ドライな彼とはなかなか付き合いにくいと思う人もいるでしょう。

しかし、もしも別れを考えたら彼の良いところを思い出してみてください。

そして臆病にならず、自分の気持ちを正直に伝えましょう。

彼はあなたの気持ちが分からずにいるだけかもしれません。

腹を割ってしっかりと話してこそ、お互いの気持ちを理解することができるのです。