すぐ泣く癖を治したい!仕事や私生活でのストレスとの向き合い方や対策を伝授!

すぐ泣く癖を治したい!仕事や私生活でのストレスとの向き合い方や対策を伝授! 恋愛

女性の中にはすぐに涙を流してしまうという人も多いのではないでしょうか。

恋愛においては「涙は女の武器」とも言われていますが、恋愛以外の場でどうしてもすぐに泣いてしまうという人もいるかもしれませんね。

ここではそんな癖を治したいと思う人に対し、対処法を紹介します。

スポンサーリンク

1.すぐ泣く癖を治したいならまずは自分と向き合うこと

すぐ泣く癖を治したいならまずは自分と向き合うこと

嬉しい時や悲しい時など、すぐに涙を流してしまうという女性は少なくありません。

映画を見るとすぐに涙が出てしまう、悔しいときには涙を流してしまう、という経験を持つ人も多いことでしょう。

もしもそのような癖を直したいと思うのであれば、まずは自分に向き合わなければいけません。

なぜ涙を流してしまうのかということを考える必要があります。

2.すぐ泣く癖がある人の特徴

すぐ泣く癖がある人の特徴

どうしてもすぐに泣いてしまうという人にはどのような特徴があるのでしょうか。

女性の中には涙を流しやすい人と涙を流しにくい人がいます。

ここでは涙を流しやすい人の特徴を紹介します。

2-1.負けず嫌い

負けず嫌いの人はすぐに涙を流してしまう傾向があります。

自分の中で努力をしている、自分に自信がある、ということから相手に競争心を持ってしまうこともありますし、努力をしているからこそ、その努力が報われないと悔しいという気持ちになってしまうことがあるからです。

自分の業績が認められないときに涙を流してしまうという人は、負けず嫌いかもしれません。

スポンサーリンク

2-2.感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい人もすぐに泣いてしまう傾向にあります。

嬉しい時や悲しい時など、感情を表に出さずにはいられない、喧嘩をした時などはどうしても情熱的になって涙を流してしまうなど、経験がある人も多いのではないでしょうか。

2-3.自分に対して厳しい

自分に対して厳しい人も涙を流しやすい傾向にあります。

負けず嫌いな人に似ているところがありますが、自分に対して厳しい人は人に対しても厳しくなるところがあります。

また、自分に厳しいからこそ、ちょっとした失敗で落ち込みやすくなってしまう傾向があり、だからこそ涙を流しやすくなってしまうのです。

2-4.自信がない

自信がない人も涙を流すことがあります。

自信がないということに気づいているからこそ、自分の無力さを噛み締めて泣いてしまうのです。

また、自信がないからこそ人に頼るということを知っている人は無意識のうちに涙を武器として利用することがあります。

2-5.緊張しやすい

緊張しやすい人は精神的にいっぱいいっぱいになってしまい、泣いてしまうことがあります。

緊張状態に陥って涙を流してしまうのです。

緊張だけではなく、不安を抱えている人も涙を流しやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

2-6.ストレスを溜めやすい

ストレスを溜めやすい人も涙を流しやすい傾向にあります。

涙には浄化の作用があるとも言われており、ストレスが溜まっているときに泣くのはむしろストレス解消になるとも考えられているのです。

普段からストレスを溜めやすい、今極限状態まで頑張っているという人はちょっとしたことで涙腺が緩んでしまうかもしれません。

3.すぐ泣く人が抱える原因と対策

すぐ泣く人が抱える原因と対策

すぐに泣いてしまう人の中には、なぜ自分がこんなにすぐに泣いてしまうのかわからない、できればこの問題を解決したいと思う人もいるかもしれません。

確かに、映画やテレビを見ているときに泣いてしまう程度であれば問題はありませんが、職場などでも涙を流してしまう、どうしても周りの目が気になる、などという人はすぐ泣く癖を治した方が良い場合もあります。

ここではすぐに泣いてしまう原因や対処法を紹介します。

3-1.すぐ泣く原因1:身体が緊張状態になっている

身体が緊張状態に陥っている場合、すぐに泣いてしまうことがあります。

長い間不安や緊張を抱えていると自律神経に影響が起こり、動機や発汗などの症状が起こります。

交感神経が常に緊張した状態になってしまい、ここで涙を流すことによって副交感神経が優位な状態になるのです。

そのため緊張しているときに涙を流すというのは体の緊張状態をほぐすためにも大切なことなのです。

3-1-1.治したいなら…リラックスする時間を作る

だからといって、体が緊張したときには泣けば良いということではありません。

むしろ体が緊張しないように、リラックスする時間を作らなければいけません。

常に不安でいる、常に緊張している、という状態は体のためにも良くないのです。

1日のうちに自分をいたわる時間を作りましょう。

3-2.すぐ泣く原因2:ストレスが多い環境にいる

ストレスも緊張と同様、体に大きな影響を与えます。

家庭環境や職場においてストレスが溜まった状態でいると交感神経が緊張してしまい、体にも不調が起こります。

先ほどと同様、泣くことで副交感神経が優位になることがあります。

3-2-1.治したいなら…自分に合うストレス発散方法を探す

ストレスが溜まっているならば、副交感神経を活発にする時間を作らなければいけません。

副交感神経を活発にするためにはとにかくストレスを発散する必要があります。

現代社会はとても忙しく、誰もがストレスを溜めやすい状態です。

しかし、スポーツをしたりショッピングをしたり、家族で時間を過ごしたりして、ストレスをうまく発散する必要があるのです。

スポンサーリンク

3-3.すぐ泣く原因3:女性ホルモンが乱れている

女性ホルモンが乱れている場合、涙が出やすいという女性は少なくありません。

女性の体内では生理が始まってから排卵までエストロゲンという女性ホルモンが多く分泌され、排卵が起こってから生理が始まるまではプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されています。

これらのバランスが崩れてしまうと排卵や生理に影響が起こり、排卵痛や生理痛が重くなってしまうということも考えられます。

特にバランスが崩れやすい生理の時などには涙が出やすいという女性も少なくありません。

3-3-1.治したいなら…婦人科に通うor漢方薬を飲む

排卵や生理の時に涙が出やすいのはあくまで生理的なものです。

しかし、もともと生理不順である、排卵痛や生理痛が重い、などといった女性ホルモンのバランスの乱れを抱えているのであれば、婦人科に通ったり漢方薬を飲んだりしてバランスを整える必要があります。

3-4.すぐ泣く原因4:オーバーワーク気味

すぐ泣く原因4:オーバーワーク気味

オーバーワークで疲れている場合も涙が出やすくなります。

体が緊張している時やストレスが溜まっている時と同様、働き過ぎて体に影響が出ているのです。

交感神経が優位になっている状態だと言えるでしょう。

仕事をしている限り責任を持たなければいけないと感じる人もいるかもしれませんが、自分がオーバーワークだと感じる人は注意が必要です。

3-4-1.治したいなら…転職をして環境を変える

オーバーワークだと言われても、仕事の量は自分で簡単に変えられるものではありません。

残業を減らせば収入に影響がある、などと余計にストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

もしも残業が多すぎる、寝る時間が少ない、疲れが取れない、などといった不調を抱えているのであれば、転職を選択肢に入れるということも大切です。

3-5.すぐ泣く原因5:将来に不安がある

将来に不安があって涙を流すという人もいます。

忙しい時や何かで気が紛れているときには問題ないのですが、ふとした時に漠然と将来に不安を抱え、怖くて涙を流してしまうという人は少なくありません。

最近は不況の影響もあり、終身雇用や年功序列といった考え方も崩れつつあります。

収入が上がらない職場に不安を抱える人もいるかもしれませんね。

3-5-1.治したいなら…占いに行ってみる

将来が不安であれば、自分で努力をして将来を変えるしかありません。

しかし、漠然と不安があるのであれば占いに頼ってみても良いのではないでしょうか。

占いの中には将来に備えて様々な助言がちりばめられています。

朝のニュースや新聞、雑誌にも占いは掲載されていますので、そのようなものに目を通しても良いかもしれません。

3-6.すぐ泣く原因6:人間関係で悩みがある

人間関係で悩みを抱えている時も涙を流しやすい傾向にあります。

悩みを抱えるという事は体にストレスがかかっているということであり、先ほども述べた通り、交感神経が優位になってしまっている状態なのです。

だからこそ、涙を流すことによって副交感神経が優位になります。

3-6-1.治したいなら…他人より自分の気持ちを優先する

交感神経を優位にしないためにも、人間関係で悩んでいるならば自分の気持ちを優先することを学びましょう。

確かに人のことを考えるという事は非常に重要です。

しかし、人のことを考えるがあまり自分のことをおろそかにしてしまっては意味がありません。

自分の気持ちを大切にするということも必要です。

スポンサーリンク

3-7.すぐ泣く原因7:鬱になりかけている

何の理由もないのにすぐに泣いてしまうという場合、鬱になりかけている可能性もあります。

ぼーっとしている時間が長い、昼夜逆転している、などという人は何かに落ち込んでいるかもしれません。

3-7-1.治したいなら…無理をせずに精神科医行く

鬱になりかけていると感じたら、無理をせずに専門家に相談することが大切です。

むしろ、鬱になりかけている状態で病院に行かないというのは賢い選択肢ではありません。

精神科に行くということに抵抗を抱える人もいるかもしれませんが、もしかして鬱かもしれないと感じたら、早めに専門家に相談しましょう。

また、自分で鬱であるということに気づかない可能性もあります。

もし周りの人から「あなたは病院に行った方が良い」などと指摘されたら、真剣に考える必要があります。

3-8.すぐ泣く原因8:自分に自信が持てない

自分に自信が持てない人もすぐに泣いてしまうことがあります。

自信が持てないからこそ漠然とした不安を抱えているということもありますし、自信が持てないからこそ人に頼るために涙を武器にするということもあります。

3-8-1.治したいなら…自分磨きをする

自分に自信がないのであれば、自分磨きをして自信を持てるようにするしか方法はありません。

ダイエットや美容に打ち込んでみたり、趣味を探してみたり、自分磨きを怠らないようにしましょう。

友達の輪を広げるということにも意味があります。

4.泣くシーンによって人に与える印象は違う

泣くシーンによって人に与える印象は違う

確かに涙を流しやすい人はたくさんいますが、泣くシーンによっても意味が違ってきます。

例えば、そばにいる女性が涙を流しても何の問題もない時もあれば、鬱陶しいと感じてしまうこともあるでしょう。

ここではシーン別に人に与える印象を紹介します。

4-1.嬉しい時に泣く人は感受性豊か

嬉しい知らせを聞いたときなどに泣いてしまう人は感受性が豊かだと思われることが多いです。

自分だけではなく、自分の周りの人に何かしら嬉しいことがあった時、まるで自分のことのように喜び、涙を流せる人は感受性がとにかく豊かだと評価されるでしょう。

優しい人だと言われることもあるかもしれません。

スポンサーリンク

4-2.悲しい時に泣く人は泣き虫

悲しい時に泣く人は泣き虫だと思われてしまう可能性が高いです。

悲しい時は誰もが泣きたいものですが、TPOによっては我慢することも大切です。

人目をはばからず、悲しい時はどうしても泣いてしまうという人はただ単に泣き虫だと判断されてしまうかもしれません。

4-3.悔しい時に泣く人はストイック

試験などに向けて努力をしてきたけれど結果が出なかった、悔しい、などという理由でなく人はストイックだという印象を与えます。

良い結果を出すためにとにかく努力してきたからこそ涙が流れるのです。

その涙は努力をしてきた証だと思われることが多いです。

4-4.怒られた時に泣く人は打たれ強い

怒られた時に泣く人は打たれ強い

上司などから怒られ、涙を流す人は打たれ強いといえます。

怒られたときに涙を流すなんて情けないと思う人もいるかもしれません。

しかし、打たれ強いからこそ涙が流れるのです。

涙を流して次に向けて努力をすることができます。

4-5.イライラした時に泣く人は子供っぽい

イライラしたときに泣いてしまう人もいるのではないでしょうか。

ストレスが溜まっている証拠かもしれません。

しかし、イライラしたときに泣いてしまうと子供っぽいという印象を与えます。

特に職場などではイライラしても泣かないことが大切です。

スポンサーリンク

4-6.仕事場にいる時に泣く人は自制心が弱い

仕事をしているときは誰もがストレスを溜めますし、イライラしますよね。

しかし、職場で泣いてしまうと、自制心が弱いと評価されてしまうでしょう。

職場は公の場ですから、やはり涙を見せるべきではありません。

もちろん怒られて泣いてしまうということもあるかもしれませんが、涙を流すならば場所をわきまえる必要があります。

お手洗いに走って涙を流す女性は実は少なくありません。

4-7.恋愛している時に泣く人は情熱的

恋愛をしているときに泣く人は情熱的だという印象を与えます。

情熱的に恋愛を楽しんでいるからこそ涙が出るのです。

4-8.マイナスの印象の場合は泣く癖を治すべき

誰かに嬉しいニュースがあり、それで涙を流すという事は悪い事ではありません。

怒られて悔しくて涙を流すということも、誰にも迷惑はかけません。

しかし、職場で涙を流したり、悲しい時に場所をわきまえず泣いてしまったりということであれば、その癖は治した方が良いと言えるでしょう。

5.泣くことが全て悪いことでは無い

泣くことが全て悪いことでは無い

泣く事は全て悪いというわけではありません。

先ほども述べた通り、嬉しい時に涙を流して喜ぶというのは決して悪いことではありません。

スポンサーリンク

5-1.泣くことは成長している証拠でもある

泣くことは成長している証拠でもあります。

例えば試験に落ちてしまった時に涙を流すという事は今まで努力をしてきたという証拠です。

5-2.すぐに泣く時はメンタルが弱っているサイン

どうしても最近すぐに泣いてしまうということがあれば、もしかしたらメンタルが弱っているのかもしれません。

妙に最近涙が出やすいと感じたら、交感神経が優位になっている可能性があります。

ストレスを発散し、リラックスする時間を作りましょう。

5-3.泣くことを我慢することがストレスになる

体がストレスを感じて交感神経が活発になっている時、涙は副交感神経を活発にする作用をもたらしてくれます。

そのため、泣くことによってストレスを解消するということが可能なのです。

言い換えれば泣くことを我慢すると逆にストレスになってしまうため、交感神経が優位になっている時、つまりストレスを溜めている時や体が疲れている時などは我慢しないことも大切です。

6.まとめ

すぐに泣く女性は厄介に見えるかもしれません。

そして確かに場合によっては涙は周りの迷惑になります。

自分の言動で自分の価値を下げてしまったらもったいないですよね。

どうしてもマイナスの影響をもたらしてしまいかねないシーンでどうしても涙を流してしまうという人は、涙を流さないように努力することが大切です。

しかし、泣くことによってストレス解消になることもありますので、必要によっては我慢しすぎないことも重要です。