いくつになっても愛されたい!夫から愛される妻になる簡単な方法

夫に愛される妻 未分類

好きな人と結婚し、夫婦になった時、「健やかなるときも病める時も」と誓いの言葉を述べますよね。

しかし、結婚して何年も経つとそのような新鮮な気持ちを忘れてしまい、なんとなく冷めてしまったという夫婦関係を持つ人も多いのではないでしょうか?

女性の中には夫から愛されているかどうかわからない、もっと夫から愛されたい、と考えている人はいませんか?

ここでは夫から愛されるための簡単な方法をいくつか紹介します!

夫から大切にされているかどうかわからないと思う人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. 夫に愛される妻の特徴

夫に愛される妻の特徴

まず、ここでは夫に愛される妻の特徴をいくつか紹介します。

確かに男性の性格にもよりますが、女性の中には常に明るさを忘れず、夫から大切にされている人もいるのです!

それは一体どのような女性なのでしょうか?

 1-1. いつも笑顔で明るい

まず、いつも笑顔で明るいということが大切です。

男性が仕事を終えて家に帰って来た時は疲れていますから、妻が笑顔で迎えてくれると嬉しいものです。

夫婦揃って取ることができる夕食は笑顔で楽しく食べたいですよね。

逆にいつも不満そうな顔をして、夫が家に帰ってくれば「どうしてこんなに遅かったの?」などと文句をいう、ということであれば夫は家に帰りたくなくなってしまうのです。

夫が帰宅恐怖症になってしまっては、愛される妻にはなれませんよ!

 1-2. 女を捨てていない

女を捨てていない

女を捨てていないということも大切です。

夫婦関係が長くなるに従って、恥じらいというものを忘れてしまう人もいるのではないでしょうか。

お風呂に入る前に夫の前で平気で洋服を脱いでしまう、夫の前で下着を出しっぱなしにしてしまう、下ネタが多い、などという事では、夫からそもそも女性として見られていない可能性があります。

いつまでたってもセクシーな姿を忘れず、恥じらいを持ちたいものです。

スポンサーリンク

 1-3. 感謝の気持ちを伝えている

夫に対して感謝の気持ちを伝えるということも大切です。

お礼を言って欲しいから誰かのために何かをするというわけではなかったとしても、周りからお礼を言われると嬉しくなりませんか?

夫には「お仕事お疲れ様」「いつもありがとう」と優しい言葉をかけましょう。

ただし、夫が仕事に集中できるのは妻のおかげということもあるかもしれません。

夫が元気に仕事に行けるのはもしかしたら奥さんがきちんと家事をこなし、健康でおいしい食事を作ってくれているからかもしれないですよね!

ですから、お礼を言わなければいけないのは奥さんだけではありません。

夫婦でお互いにお礼を言い合い、感謝の気持ちを表したいものです。

 1-4. 素直で優しい

素直で優しいということも大切です。

女性はすぐにひねくれてしまうところがありますから、例えば男性の帰りが遅い、友人と飲みに行くことが多い、ということであれば不満に感じてしまい、どうしても素直になれないということもあるかもしれませんね。

しかし、態度で示しても夫にその気持ちが伝わりません。

自分はどう思っているのか言葉に出して伝えることこそ大切なのです!

素直ではない態度をとってしまうのではなく、「たまには早く家に帰ってきてほしい」「たまには私も一緒に食事に行きたい」など、素直な気持ちを表に出すようにしましょう。

そして優しさも忘れてはいけません。

 1-5. 気持ちに余裕がある

気持ちに余裕がある

気持ちに余裕を持つということも大切です。

なんとなく抽象的でわからないという人もいるかもしれません。

例えば、家事に追われて一生懸命になってしまい、自分のために時間を費やすことができないと人間は疲れてしまいます。

たまにはリラックスして自分のために時間を投資するということも大切ですよ!

朝から夫の朝食やお弁当を作り、家事をこなして買い物に行き、家に帰ったら少し休んですぐに夕食を作り、お風呂の準備をして夫の帰りを待つ、という生活では余裕がなくなってしまいます。

1人で喫茶店などに行き、一息つく時間も大切です。

心に余裕がなくなってしまったら相手に対して心ないことを言ってしまう可能性も出てきてしまいますよ。

2. 【チェックリスト】夫から愛される妻になるには

愛される妻になるためには

夫から愛される妻で入るかどうか、ぜひこのチェックリストを使って調べてみましょう。

もしも夫から愛されていない気がすると思うのであれば、このチェックリストが役立ちます!

スポンサーリンク

 2-1. 十分なコミュニケーションが取れていますか?

まず、夫と十分なコミュニケーションが取れているでしょうか?

夫が朝早くから仕事に行き、夜遅くまで帰ってこないということが続くと、なかなか夫婦で話をするということさえできないかもしれませんね。

しかし、コミュニケーションは非常に大切です。

2人で話をする時間がなければ、どこかですれ違いが起こってしまう可能性が高まります。

仮になかなか顔合わせて話すことができないのであれば、LINEを使って頻繁にやり取りをしたり、簡単なことで良いですからメモに自分の気持ちを書いてテーブルの上に置いておいたりなど、自分の気持ちを伝えられるようにしておきましょう。

 2-2. 夫の気持ちを考えていますか?

夫の気持ちを考えているかどうか振り返ってみることも大切です。

例えば、仕事から家に帰った時はかなり疲れているでしょう。

しかし、家族のために働いてお金を稼いできてくれる夫に対し、「どうしてこんなに遅かったの?」「残業とか言いながら本当は同僚と飲みに行っていたんじゃないの?」などという言葉を投げかけてしまったら、夫は疲れを癒すどころか、家に帰ることが嫌になってしまいます。

夫が今何を求めているのかということも考えなければいけません。

ただし、これは逆も同様です。

夫が妻の気持ちを考え、「たまには残業をしないで家に帰ろう」「今日は残業して遅くなってしまったからケーキでも買って帰ろうかな」と気を使うことも大切です。

 2-3. 頑張りすぎて疲れていませんか?

もしかしたら、頑張りすぎて疲れているかもしれません。

夫のためにしっかりと家事をしなければいけない、家計のやりくりをしなければいけない、夫の健康を守れるようなお弁当をしっかりと持たせなければいけない、などと考えていませんか?

「やらなければいけない」と思ってしまうといつかどこかで疲れてしまいます。

たまには家事が中途半端でも良いのです。

たまにはコンビニでお弁当を買って食べてもらっても良いでしょう。

たまには自分が楽をするということも忘れてはいけません。精神衛生上大切です!

 2-4. 自分のためにではなく夫のために行動していますか?

 

夫のために行動

実はいろいろ頑張りながら、自分のために頑張っているという事はないですか?

例えば定期的に家の中を掃除してきれいにしておきたいと思う人は多いことでしょう。

しかし、誰のために掃除をしていますか?

もちろん多くの人は夫が家に帰ってきたときに気持ちよく過ごせるように、と思いながら掃除をしていることでしょう。

しかし、実は掃除をすることが自分のプライドになっていたり、「自分はきれいに掃除ができる」ということを周りに見せたいという気持ちがあったりすると、それは最終的には自分のために頑張っているということになります。

それでは疲れてしまいます。

誰の為に頑張っているのかどうか今一度振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

 2-5. 夫に愛情表現していますか?

日本人はあまり愛情表現をしない傾向がありますが、夫婦の間における愛情表現は非常に大切です。

独身時代は「愛している」という言葉を頻繁に使っていたとしても、夫婦になって何年も経つと、そのような言葉は全然言わなくなった、むしろ恥ずかしくて「好きじゃない」ということさえ言ってしまう、という夫婦もいるのではないでしょうか。

自分の気持ちを言葉に出して伝えるという事は非常に大切です。

毎日ではなくても良いですから、例えば誕生日やバレンタイン、クリスマスなど、イベントごとに自分の気持ちを相手に伝えてみても良いでしょう。

また、これは男性も同様です。

男性からも女性に対して自分の気持ちを伝えることが大切です。

3. 夫が家庭に求めるものは「癒し」

男性が求めるものは癒し

多くの男性は家庭で癒しを求めています。

仕事は時に戦場のようなものですから、そこで精一杯戦って家に帰り、しっかりと休んで再度エネルギーを蓄え、また翌日は仕事にいかなければいけません。

だからこそ、自宅では癒されたいと思っている人がたくさんいます。

もちろん、だからといって女性だけが家事をしなければいけないというわけではありませんし、男性に助けを求めてはいけないというわけではありません。

しかし、例えば家に帰ってきた男性に対して「さっさと子供をお風呂に入れて!」「洗濯物干して!」「帰ってくるのが遅い!」などと言ってしまえば、男性はそれだけで嫌になってしまうでしょう。

だからこそ、妻のほうも夫がしっかりと自宅で休めるように協力することが大切です。

仕事から帰ってきた男性に家事をお願いするならば、しっかりと「ありがとう」「お願いね」という気持ちを伝えることも優しさの1つです。

賢い妻になりましょう!

4. 愛されているか不安なあなたは占いへ

愛されているか不安なら占いを

もしも夫に愛されているかどうか不安になったら、占いで調べてみても良いかもしれません。

占いサイトのデスティニーはテレビでも紹介され、人気を呼んでいます。

電話やチャット、メールで相談することができ、カウンセリングの資格を持つ占い師もいますので、カウンセリングをしてもらうことも可能です。

男性の気持ちに強い占い師の先生もいますから、ぜひ相談してみると良いでしょう。