電話してくれない彼氏の心理と「電話したい!」と思わせる簡単な方法

彼氏に電話をしてもらう 恋愛

女性の中には、彼氏がなかなか電話をしてきてくれないと不満を持っている人も多いのではないでしょうか?

普段はLINEなどで連絡を取り合っていたとしても、電話で話ができるとやっぱり嬉しいですよね!

しかし彼氏がなかなか電話をしてくれない、電話をするときはいつも自分から、という人もいる事でしょう。

ここではなぜ彼氏が電話をしたがらないのか、彼氏に電話をさせるにはどうすれば良いのか、ということについて紹介します。

スポンサーリンク

1. どうして電話を避けるの?

電話を避ける

そもそもなぜ彼は電話を避けるのでしょうか?

LINEならばこまめに連絡をくれる彼であったとしても、なかなか電話をしてきてくれないという男性は実は珍しくありません。

それはいったいなぜなのでしょうか。

ここでは男性が電話を避ける理由について紹介します。

 1-1. 面倒臭い

まず根本的に面倒臭いという理由が考えられます。

例えば、LINEを送る程度であればテレビを見ながらでもできますし、家族や友達と話をしながらでもできますよね。

しかし、電話をするときはテレビや映画を見ているわけにはいきませんし、家族や友達と話をしている時も電話をすることができません。

電話をするという事は電話だけに時間をとられてしまうということであり、だからこそ、時間がもったいない、面倒臭い、と感じる人は珍しくありません。

彼女に電話をするのが面倒臭いだなんてありえない、と感じる人もいるかもしれません。

しかし電話をしている時間は電話にしか使うことができないのです。

特に仕事などで忙しい人にとって、電話は大きな負担になることがあります。

  • スポンサーリンク

  •  1-2. 何を話せば良いかわからない

    何を話せば良い

    電話をすると何を話したら良いのか分からないと考える男性もいます。

    例えば、LINEであればLINEを読んでから送り返すまでに時間をかけることができますので、それなりに何を話そうか考えることができます。

    さらにLINEにはスタンプという便利なものがありますから、どうやって返事をしたら良いのかわからない、次の話題が出てこない、となったら可愛らしいスタンプを送ってごまかすことも可能です。

    しかし電話となればそういうわけにはいきません。

    そのため、無言の時間が辛い、何を話したら良いのかわからない、と考えてしまって電話ができないという男性もいるのです。

     1-3. 切るタイミングがわからない

    恋人と電話をする時、最も厄介なタイミングは電話を切るタイミングではないでしょうか。

    恋人と頻繁に会える、会おうと思えば問題なく会える、という距離であれば良いのですが、なかなか恋人に会えないという状態が続くと、電話をしてもなかなか電話を切ることができない、お互いに「またね」「電話を切るよ」と言いながらもなかなか電話が切れない、という経験を持つ人も多いことでしょう。

    そのため、この電話を切るタイミングが掴めず、プレッシャーになってしまう男性もいるのです。

    女性の中には、電話をなかなか切れずにお互いまごついてしまうタイミングを楽しむ人もいます。

    しかし、お互いに電話を切ることができないと時間がかかりますし、いつかはどちらかが電話を切らなければいけないわけですから、少々厄介ですよね。

    これがプレッシャーとなって電話が嫌だと感じる男性もいるのです。

  • スポンサーリンク

  •  1-4. メールのほうが楽

    メールの方が楽

    なんといってもメールやLINEの方が楽だと感じる男性は少なくありません。

    好きな時に返信をすることができますし、極端なことを言えば返信をしなくても済みます。

    また、先ほども述べた通り、メールやLINEであれば他事をしながら対応することができますから、時間が取られるということもありません。

    友達と一緒にいる時などは特にメールやLINEの方が楽ですよね。

    彼女と電話をしていたら周りからからかわれるということもあるでしょう。

    それよりはメールやLINEで済ませたほうが気楽だと感じる男性は少なくないのです。

     1-5. 会ったときにいろいろ話したい

    こまめに電話で話をするよりも、会ったときにとにかくいろいろ話したいと考える男性もいます。

    電話で顔が見えない状態で話すのではなく、いっそ顔を合わせた時に仲良くおしゃべりしたい、と考えているのです。

    そもそも電話では相手の顔が見えませんから、楽しい話をしていても相手の表情を見ることができません。

    彼女の表情が大好き、彼女の笑った顔が大好き、という男性の中には彼女が喜びそうな話題を電話で済ませてしまうなんてもったいないと考えることもあります。

    だからこそ、直接話して彼女の表情を楽しみたいと思っているケースがあるのです。

  • スポンサーリンク

  • 2. 電話嫌いな彼に「電話したい!」と思ってもらうには

    電話嫌いな彼

    その一方で、彼氏にどうしても電話をしてほしい、電話をするならば彼氏からしてもらいたい、と考える女性もいるでしょう。

    もしも彼氏が電話を嫌っているならば、どのようにすれば彼氏に電話してもらうことができるのでしょうか。

    ここでは電話嫌いな彼に電話をしたいと思わせる方法を紹介します。

     2-1. 電話してよ!と責めない

    まず、彼氏が電話に嫌にならないようにするためにも、彼氏に対して「電話してよ!」「どうして電話してくれないの!?」と責めてはいけません。

    そもそも彼氏を責めてしまえば、彼氏はますます電話から遠ざかってしまいます。

    攻めれば良いというわけではありません。彼氏が電話をしてくれないからといって彼氏に文句を言ってはいけません。

  • スポンサーリンク

  •  2-2. 用件のあるときだけ電話する

    彼氏に電話をするときは用件がある時だけにしましょう。

    確かに彼氏の声が聞きたくなったり、ただ単に彼氏に励ましてもらいたくなったり、ということもあるかもしれません。

    それは用件だといえます。

    しかし、例えば「今何をしているの?」「今誰と一緒にいるの?」といった電話は彼にとって迷惑になることもあります。

    用件のない電話は彼を拘束してしまうことにもなりかねず、彼に対して嫌悪感を抱かせてしまう可能性もあります。

    そのため、彼氏と電話がしたいと思うのであれば、用件がある時だけ電話をするようにしましょう。

     2-3. ダラダラせず早めに切る

    だらだらせずに電話を切る

    電話をしている間は相手の時間を拘束してしまいます。

    そのため、用件がある時だけ電話をし、用件が終わったら、ダラダラせずに早めに切るということも大切です。

    むしろそれはマナーだと言えるでしょう。

    用件が終わってもいつまでもダラダラ話していたら、相手の時間をさらに長く拘束することになってしまいます。

    用件は簡潔にまとめ、話すべき内容が終わったらさっさと電話を切るという配慮が大切です。

  • スポンサーリンク

  •  2-4. 答えるのが面倒な質問はしない

    答えるのが面倒になってしまうような質問はしてはいけません。

    例えば今誰と一緒にいるのか、今どこにいるのか、といった質問も厄介です。

    まるで彼氏が他の女性と一緒にいるのではないかと疑っているような質問になりますので、不愉快になる男性もいるでしょう。

    また、電話で彼に対する文句をいうのもやめましょう。

    例えば、よく少女漫画やドラマなどで「私と仕事のどちらが大事なの?」といった質問がありますが、このようなそもそも比較できないものを比べて相手に答えを求めるような質問はしてはいけません。

    ますます彼氏が電話から遠のくことになります。

     2-5. 彼氏の好きなことを話す

    電話をするときには、彼の好きなことを話しても良いかもしれません。

    もちろん用件があるときだけ電話をするのも大切ですが、例えば映画が好きな彼氏ならば「今こういう映画がやっているらしいけれど興味ある?」などのように、彼氏の関心を引けるような内容を電話で話すということも大切です。

    彼氏が電話をしている時間を無駄だと思わないような話題を提供することも工夫の1つです。

    3. 電話なしでも問題なし!彼と上手に付き合う方法

    電話がなければいけない

    そうはいっても、電話がなければいけないというわけではありません。

    最近では誰もがSNSを利用するようになりましたから、より簡単に連絡をとることができますね。

    お互いに電話をしなかったとしてもこまめにメッセージのやりとりができますし、電話がなくても良いと割り切ることも大切です。

     3-1. メールでの連絡をまめに取る

    もしも電話をしないのであれば、メールやLINEでこまめに連絡を取りましょう。

    メールやLINEを使いこなしてしっかりと連絡を取り合い、自分は愛されているという感覚を得ることができれば、電話がなくても不満に思わないようになれるはずです。

     3-2. 会ったときにたっぷり愛情表現を!

    電話で話せなかったとしても、恋人と会ったときにたっぷり愛情表現をすることができればそれで良いのではないでしょうか?

    デートをしたとき、自分は彼を大切にしている、いう気持ちをしっかりと言葉と行動で表しましょう。

    また、お互いに愛情表現をすることができれば、電話をしなかったからといって相手の愛情を疑ってしまうこともありません。

     3-3. 1人の時間に自分磨きをしよう

    彼氏に愛されるために、1人の時間に自分磨きをすることも大切です。

    彼氏ができたからといって美容やダイエットに手を抜いてはいけません。

    よく恋人ができた瞬間にコンタクトレンズを止めてしまう女性もいますが、それではもったいないです。

    しっかりと品を保ち、さらに習い事やジムに通ってみるなど、空いた時間を有効活用することも大切です。

    彼氏から電話が来ないと嘆いている時間を自分磨きの時間に使えば、より有意義な時間が過ごせるのではないでしょうか。

    4. それでも不安なら占ってみよう

    ダメなら占ってみよう

    もしも彼氏との関係が不安ならば、ぜひ占いをしてみましょう。

    最近話題の占いサイト、デスティニーでは2人の今後や相性について占ってもらうことができます。

    電話やチャット、メールで鑑定知ってもらうことができ、中にはカウンセリングの資格を持っている人もいますから、話を聞いてもらうことによって前向きになれた、という口コミもたくさん寄せられています。

    彼が自分のことを愛してくれているのかわからないと思ったら、ぜひ占いを頼ってみてください。

     

    今月のトレンディなお知らせ

    心に刺さる出会いをするなら、
    上場企業が提供する恋愛婚活「with(ウィズ)」

    with(ウィズ) は、あのメンタリストのDaiGoが監修をしているマッチングアプリ。

    性格診断があるため、相性の良い男性ととにかく出会いやすいのが特徴です。

    おすすめポイント

    • 初心者でも安心のチュートリアル完備でとにかく使いやすい!
    • メンタリストDaigo監修の性格診断があるため、相性が良い彼氏が作れる!

    自分と共通点の多い相手を探しやすく、メッセージ交換や実際に会った時も会話も困りません!

    withは話すのが苦手な人でも比較的話しやすく、使いやすいアプリになっています。

    「そろそろ本気で彼氏が欲しい」

    「真面目な恋愛がしたい」

    と考えている女性には特におすすめできるアプリですよ!

    基本料金 3400円/月(女性無料) 
    年齢層20代〜30代前半
    出会いの目的彼女探し / 結婚相手探し 
    会員数170万人以上 
    男女比7:3

    女性は無料ですし、合わない場合はすぐ退会できるので、まずは気軽に利用してみてくださいね。