理想の結婚相手を見つけよう!「いいパパ」になる男子の特徴

いいパパになる男性 恋愛

理想の結婚相手とはどのような人でしょうか。

もしも恋人を見つけて結婚するなら、子供にとって良い父親になりそうな男性を見つけたいと思っている人もいるかもしれませんね!

それならば、どのような男性が理想的な父親になってくれるのでしょうか?

ここではいいパパになりそうな男性の特徴をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1. いいパパになりそうな男子の特徴6つ

いいパパになりそう

まず、いいパパになりそうな男性にはいくつかの特徴があります!

ここではそんな男性の特徴を6つ紹介します。

 1-1. 泣いている子供が周りにいてもイラつかない

まず、子供が近くで泣いていてもイラつかない男性が大切です。

例えばあなたの恋人はレストランなどに行った時、赤ちゃんが近くで泣いていたらどのように反応しますか?

うるさいなぁという雰囲気を表に出す男性であれば、良いパパにはならないかもしれません。

自分の子供であれば、家であれ外出中であれ、とにかく泣きます。

よその子供に対してさえ笑顔で接することができないのであれば、自分の子供に対してはなおさら苛立ってしまうでしょう。

泣いている赤ちゃんや子供に対して「おやおや」といった反応ができる男性の方が良い父親になれる可能性が高いといえます。

 1-2. 子供が寄ってくると喜ぶ

ショッピングなどに行った時、小さな子供が近寄ってくる事はありませんか?

あるいは、小さな子供を連れた家族とすれ違うこともあるかもしれませんね。

そのような時に子供に笑顔を向けることができるかどうかということも大切です。

こっちを見て無邪気に笑っている子供に対し余裕のある態度を示せる男性の方が、いいパパになれる可能性が高いです。

スポンサーリンク

 1-3. 責任感が強い

責任感が強い

責任感の強い男性は良い親になるでしょう。

これは女性でも同様です。

そもそも責任感がなく、難しくなったからやめてしまう、嫌になったから投げ出してしまう、という人では親になることができません。

子育ては果てしない道のりですから、任された仕事はきちんとこなせる人でなければいけないのです。

赤ちゃんのお世話は途中で止めることができません。

もしも責任感がない、嫌になった事はすぐに簡単に投げ出してしまう、という男性ではいいパパになれるとは限りません。

 1-4. コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高いということも大切です。

そもそも子供や赤ちゃんは言葉が話せませんから、大人が子供や赤ちゃんが考えていることを察してあげなければいけないのです。

つまり、言葉が話せる大人同士でさえコミュニケーション能力を発揮することができない男性では、そもそも子供や赤ちゃんの気持ちを察する事は難しいと言えるのです。

 1-5. 家事を難なくこなす

さりげなく家事をこなせる男性って素敵ですよね!

きっといいパパになりますよ。

洗濯物を取り入れたから褒めて欲しい、洗濯物をたたんだから褒めて欲しい、ゴミ捨てに行った自分は素晴らしい、などという男性では家事をこなしながら育児をするということができません。

家事をするというのは当たり前なことなのです。

完璧にこなす必要はありませんから、少なくともさりげなく家事ができる男性を見つけたいものですね。

 1-6. 自然の中で遊ぶのが好き

自然の中で遊ぶのが好きな男性は子供ともよく遊んでくれる父親になるでしょう。

例えばビーチに行ってサーフィンなどを楽しんだり、山に行ってハイキングを楽しんだりなど、自然に対して積極的になれる男性は子供ともきっとよく遊んでくれます。

スポンサーリンク

2. いいパパってどんなパパ?いいパパになるための条件

いいパパになるための条件

そもそも、いいパパとはどのようなパパなのでしょうか。

子供の良い父親になってくれる男性と結婚したいと思ったら、一体どのような男性が良い父親になれるのでしょうか。

ここではいいパパの特徴をいくつか紹介します。

 2-1. 子供とたくさん遊んでくれる

まず良いパパというのは子供とたくさん遊んでくれる男性です。

そもそも子供と全然遊んでくれない男性では良い父親とは言えませんよね!

しかし、これは独身時代にはなかなかわからないということもあります。

また、子供が生まれるまでは「自分は子供は嫌いだ」と言っていた男性でも、子供が生まれたら非常に子煩悩な父親になったという男性も珍しくはありません。

そのため、本当に子供と遊んでくれるかどうかは独身中には判断しかねる場合もあります。

 2-2. 子供の話を真剣に聞いてあげられる

子供の話を真剣に聞いてあげられる父親もいいパパだと言えるでしょう。

小さい頃の赤ちゃんはまだ言葉が話せませんが、大きくなると子供ながらに悩み事を持つようになり、自分で物事を考えるようになります。

そんな時、真面目に子供の話に耳を傾け、話を聞いたり相談に乗ったり、ということが必要になります。

子供が大きくなれば、好きな子の話や性的な話題も出てくるかもしれません。

特に男の子の場合は父親の方が話しやすいということもあるでしょう。

そのような時にしっかりと子供に向き合える男性の方が良い父親になれます。

 2-3. 妻のことも大事にしてくれる

パパは子供にだけ優しくすれば良いというわけではありません。

子供にとっては母親は大切な存在ですから、その母親を大切にできる男性でなければ良い父親にはなれないのです。

どれだけ子供に対しては良い対応ができる父親であったとしても、妻のことを大切にできない父親では子供にとって魅力がありません。

良いパパになりたいと思うならば良い父親になることばかり考えるのではなく、良い夫になることも考えなければいけません。

スポンサーリンク

 2-4. 子供に色々と教えてあげられる

子供に教えてあげる

子供に色々と教えてあげるということも大切です。

例えば子供におもちゃを買って与えるだけでは良い父親にはなりません。

そのおもちゃの使い方を教え、どのように遊んだらよいのか、教えてあげなければいけないのです。

また、子供が「どうして?」と聞いてくるようになった時もうるさがらず、しっかりと教えてあげたいものです。

世の中で何が起こっているのか、子供にうまく興味を持たせながら教えてあげられる男性が良いですよね。

 2-5. 自然なスキンシップが取れる

自然なスキンシップが取れるということも非常に大切です。

小さな子供がいるとその子供を抱っこしたり、手を繋いだりしなければいけない時も出てくるでしょう。

そんな時にも自然に対応できる男性が良いですよね。

子供が抱っこを求めたらすぐに抱っこすることができる、子供が手をつなぎたかったらその手を取ることができる、というスキンシップのスキルも必要です。

彼女に対して自然なスキンシップができるのであれば、まず心配する必要はないでしょう。

彼女に対しても手を繋いだりハグをしたりということができない男性であれば、少し訓練する必要がありそうです。

3. いいパパになる男子との出会い方

いいパパになる

そう言われても、どのようにしたらそのような男性と出会えるのかわからないという人もいるかも知れませんね。

いいパパになれる男性に出会いたいと思うのであれば、とにかく出会いを増やす必要があります。

例えば、職場と家の往復だけをしているような生活では男性との出会いがありませんよね。

それではいいパパになれる男性と出会うこともできません。とにかく外出し、出会いを増やすようにしましょう。

趣味を習いに行ってみたり、ボランティアを始めても良いかもしれません。

バーなどに行って男性に話しかけても良いでしょう。積極的に男性に出会っていくことが重要です。