母性のある彼女に包まれたい!男性が喜ぶ母性彼女の特徴まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
母性彼女

女性には誰でも母性本能があると言われています。

そしてその母性本能は男性にとっては憧れの的です。

多くの男性は母性のある女性に癒されたいと思っていることもあり、母性を持った女性を求めているとも言われているのです。

それならば、男性が喜ぶ母性本能を持った女性とはどのような女性なのでしょうか。

ここでは母性彼女について紹介します。

1. 男性は女性の母性に弱い!

男性は女性の母性に弱い

男性は女性の母性に弱いと言われています。

まるで母親のように自分を包み込んでくれる女性は男性にとっては癒しであり、母親ではないけれど母親のように自分を守ってくれる女性を求めているとも言われています。

それならば男性が求める女性の母性とはなんなのでしょうか。

母親とは何が違うのでしょうか。

 1-1. 結婚相手に選びたい母性彼女

母性を持った彼女は男性にとっては癒しですから、男性はそのような女性と結婚したいと思っていることが多いです。

母性本能を全く感じられない女性よりは、自分を癒してくれる、自分を包み込んでくれる、といった女性の方が選ばれやすいのです。

2. 男性が喜ぶ母性彼女の特徴

母性彼女の特徴

それならば具体的に男性が喜ぶ母性彼女とは一体どのような彼女なのでしょうか。

母性彼女は母親とは違います。

男性は母親のような女性には興味を示しません。ここでは男性が興味を持つ母性彼女の特徴を紹介します。

 2-1. 母性彼女の特徴1:穏やかな癒し系タイプ

まず男性は穏やかで自分を癒してくれる女性を好みます。

何かがあっても穏やかに自分を受け入れてくれる、大変なときには癒してくれる、といった女性が良いのです。

すぐにヒステリックになる、すぐに大声を上げる、といった女性ではなく、穏やかに、笑顔で居てくれる女性を好む傾向があります。

 2-2. 母性彼女の特徴2:手料理を作ってくれる

男性は手料理に興味があるということで、婚活の為にも料理のレパートリー増やしているという人も多いのではないでしょうか。

女性にとっても自分の手料理を男性に食べさせるのは夢でもありますよね。

そして男性は仕事から疲れて帰ってきたとき、おいしい手料理が家で待っていたら嬉しいと思うものです。

 2-3. 母性彼女の特徴3:子供が大好き

結婚すれば当然子供、と考える人も多いのではないでしょうか。

誰であっても自分の子供の母親は子供好きの人でいて欲しいと思うものです。

だからこそ、子供が大好きという女性には母性を感じる男性が多いです。

 2-4. 母性彼女の特徴4:だめな時は叱ってくれる

ダメな時は叱ってくれる

なんでも自分を切れてくれる女性ではなく、だめなときはだめだと叱ってくれる女性を好む男性は珍しくありません。

自分のどこがいけないのか、何が問題なのか、きちんと指摘してくれる女性は男性にとって心強い存在なのです。

 2-5. 母性彼女の特徴5:真剣に話を聞いてくれる

何かあったとき、真剣に話を聞いてくれる女性は有難い存在です。

仕事で失敗した、人間関係がうまくいかない、などという時に笑うのではなく、話を聞いてくれる女性は生涯のパートナーに適切だと感じるものです。

なんでも話し合える関係はとても大切です。

 2-6. 母性彼女の特徴6:たくさん褒めてくれる

人間は周りから認めてもらうことによって自分の価値を判断することができます。

誰からも認められないと感じると悲しいですよね。

だからこそ、自分の生涯のパートナーになる女性にはたくさん褒めて欲しい、認めて欲しい、と思う男性もいます。

男性の中には甘えん坊の人もいますから、褒めてくれる女性は心強いと感じるのです。

 2-7. 母性彼女の特徴7:情に厚く優しい性格

情に厚く優しい性格

情に厚く優しい性格は誰にとっても魅力的です。

映画やドラマを見たときに涙を流す、困っている人を見ると黙って見てみるふりをできない、などという人はとても素敵ですよね。

男性はこのような女性に憧れることがあります。

 2-8. 母性彼女の特徴8:一緒にいると落ち着く

一緒にいると落ち着けるという女性も男性にとっては必要です。

話が弾むだけではなく、仮にお互いが無言になったとしても不安にならない、無言の時間も幸せな気持ちでいられる、という関係はとても貴重なのです。

 2-9. 母性彼女の特徴1:家事全般が得意

料理だけではなく、家事全般が得意という女性も大切です。

掃除が得意、買い物上手、などという女性は良い奥さんになりそうですよね。

もちろんなかなか家事を見せる事はないかもしれませんが、例えば職場ならば、オフィスのデスク周りがきれいに片付いている、いつもお弁当を作ってくる、などという女性は家事が上手そうに見えるものです。

2. 母性彼女ではなく「お母さん」になるNG行動

母性ではなくお母さん

その一方で、母性がありすぎてお母さんのように見えてしまう女性は注意が必要です。

母性がある彼女はお母さんではありません。

自分の彼女がお母さんのように感じてしまった場合、男性はそのような女性から離れていくことがあります。

ここではお母さんになってしまうNG行動を紹介します。

 3-1. 世話を焼きすぎる

男性には世話を焼きすぎないようにしましょう。

確かに料理が上手、家事が得意、などということを見せる事は大切ですが、だからといって料理を作って食事を食べさせ、お弁当を作り、お弁当箱を洗い、などと全てやってあげる必要は無いのです。

世話を焼きすぎるとそれはただのお母さんになってしまいます。洗濯をしてあげる、掃除をしてあげる、何でもしてあげる、という事はやめましょう。

 3-2. わがままを受け入れる

好きな人だからといってどんなわがままでも聞き入れてしまうと、それはお母さんと同じになってしまいます。

今会いたいからすぐ来て欲しい、これが食べたいからこれを作って欲しい、などという願いをいちいち叶えていてはいけません。

たまには男性のわがままに対して「いやだ」「ダメ」とはっきりいうことも大切です。

 3-3. 仕事に口を出す

彼の仕事が忙しくなると、どうしても「そんなに働かなければいけないのか」「仕事と自分のどちらが大切なのか」と感じてしまう女性は珍しくないかもしれません。

しかし男性は一生懸命仕事をしているわけですから、仕事に関して口を出すのは避けたいものです。

 3-4. 色気がない

色気がある

付き合っていると、徐々に色気をなくしてしまう女性は珍しくありません。

例えば同棲を始めたりすると一緒に洗濯をしたりしますよね。

下着を男性の目の前で平気で干している、シャワーを浴びた後に下着1枚で家の中をうろうろしている、メイクもろくにしない、コンタクトだったのに今はメガネを外さない、などという姿を見せてしまうと、男性の中には色気を感じなくなってしまう人もいます。

女性の色気は男性の心を掴むためにも大切なのです。

無理をしすぎる必要はありませんが、適度に色気を保ちましょう。

 3-5. 甘えられない

男性に対して甘えられない女性も要注意です。

母親は息子に対して甘えたりはしません。

だからこそ、男性の願いを何でも叶えてあげるけれど男性には弱さを見せることができない、という女性でいてしまうと、母親のように思われてしまうことがあります。

男性にはうまく甘えられるような女性になりましょう。

4. まとめ

母性彼女について

好きな男性に対して、なかなか正直になれないという女性は珍しくありません。

しかし男性に甘えるという事は非常に重要です。上手に母性を見せつつ、甘え上手になりましょう。

そして母性本能を男性に披露するときには母親になり下がらないようにしなければいけません。

どれだけ母性本能を見せたとしても、男性が本能的に「なんだかこの女性は母親みたいだ」と感じたら、距離を置かれてしまう可能性があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*