独占欲の強い男の特徴を徹底分析!心理的な特徴や上手な付き合い方をレクチャー!

独占欲の強い男性 恋愛

独占欲が強い男性にはどのようなイメージを持っていますか。

何となく付き合うのが難しそう、独占されたい、いろいろなイメージがあると思います。

独占欲の男性と上手に付き合うには、特徴や心理を知っていることがポイントです。

相手を知ることでどのように振る舞えばいいのかがみえてきます。

では、独占欲が強い男性はどのような特徴があるのでしょうか。

スポンサーリンク

1. 独占欲の意味とは?

独占欲の意味

「独占」には2つの意味があります。

1つめは自分だけのものにすること。

ひとりじめ。

もう一つは、特定の資本が他の競争者を排除し、生産と市場を支配している状態。

独占欲が強い男性という時に使う場合の独占は、一つ目の意味になります。

つまり、独占欲とは、自分だけのものにしたいという欲求のことです。

独占欲が強いと自分だけのものでなるなることに恐れや不安を抱き、自分だけのものにすることを脅かす存在には警戒心を抱いたり、攻撃的になることもときにはあります。

2. 独占欲の強い男の特徴  

独占欲の強い男性

独占欲とは自分だけのものにしたい欲求のことですが、独占欲が強い男性の特徴はこれだけではありません。

独占欲が強いために表れる特徴的な行動や心理があります。

「なぜそんなことをするの?」と思える行動も、それは独占欲が強いことからきている可能性があります。

独占欲が強い男性の特徴を知ることで、その行動を理解できることでしょう。

  • スポンサーリンク

  •  2-1. 好きな人の行動をすべて管理する  

    独占欲が強い男性は女性のことを何でも管理したがります。

    たとえば、「今日は何食べた?」「今日は何をした?」などメールで1日の生活を把握しようとします。

    徹底的に相手を知って管理したいのです。

    管理をしないと自分から離れていく心配があります。

    だからこそ、管理をして自分だけのものにしたいと考えられます。

     2-2. 友達が少ない 

    独占欲が強すぎると、自分が独占することを脅かす存在に対して過剰なまでに警戒心を抱きます。

    ときには攻撃をすることも。このような特徴があるため、自然と周囲から人が離れていきます。

    そのため、友達が少ないことが珍しくありません。

    恋愛面でも、職場や普段の人間関係でも、独占欲が悪影響を与えています。

  • スポンサーリンク

  •  2-3. 趣味がない 

    趣味を持っていないということも少なくありません。

    しいていえば独占することが趣味でしょうか。

    自分だけのものにすることに集中をしていると、他のことを楽しむことができません。

    スポーツなどは仲間と一緒に楽しむ趣味ですが、友達が少ない独占欲が強い男性は仲間と趣味を楽しめません。

    スポーツでも勝つことばかりこだわってしまいます。

     2-4. 自分が一番だと思っている

    自分に自信を持っていないからこそ、自分が一番でないと嫌。

    独占欲が強いのも自分に自信がないからです。

    自信がないからこそ、それを隠すために自分が一番になったり、独占をしようとするのです。

    他人と比較をして自分が上なら自身を持てます。

    独占欲が強い男性は自分が一番でないと気が済まないことが少なくありません。

    一見自信がありそうでも、実は自信がないのです。

  • スポンサーリンク

  •  2-5 思い込みが激しい

    思い込みが激しい

    思い込みが激しいことも独占欲が強い男性の特徴の一つです。

    想像力が豊かで思い込みが激しい男性の場合は、ありもしないこと、実際には起こっていないことに対して、もしこうなったらどうしようと不安を抱いています。

    そして、彼女が浮気をしていると思い込めば、彼女を独占しようという欲求がより一層強くなります。

     2-6. 他人との間に壁をつくる

    独占欲が強すぎる男性は、いつも自分だけのものにしたいという欲求を持っていて、自分だけのものにすることが脅かされる状態になることを恐れています。

    他人と親しくなればなるほど、自分だけのものにするということが脅かされる心配があります。

    そのため、周囲とは自然と壁ができてしまいます。

    独占したいがために警戒心が強くなることも壁を作る原因です。

  • スポンサーリンク

  •  2-7. 依存しやすい 

    一人に対して強い依存をします。

    多くの人とはかかわるのではなく、一人と深く付き合おうとするのです。

    一人に対して依存度が高いということは、その一人を独占することになります。多くの人とかかわるよりも、一人に依存した方が独占欲が満たされるのです。

    依存された人は独占欲が強い男性に振り回されて疲れてしまうことでしょう。

     2-8. 女性を所有物のように扱う

    女性を自分だけのものにして、まるで所有物のように扱います。

    中には女性を飾りのように扱う男性も。

    彼女や妻をまるでトロフィーや勲章のように考えるのです。

    女性を他人に自慢できる所有物だと思っていれば、それを失うことは許されません。

    女性が他の男性と親しくすることは許さず、自分だけのものにしようと女性を管理します。

  • スポンサーリンク

  •  2-9. 性欲が強い

    性欲が弱いと自分が無能ように感じられてしまう男性もいるようです。

    その逆に性欲が強ければ自分が女性を支配していると感じられます。

    女性を所有物のように扱い独占しようとすると男性は、性欲が強い傾向にあります。

    強い性欲で女性を支配するのです。そして自分が上に立っていることを実感できれば自信を持てます。

     2-10. プライドが高い

    自分が一番で負けず嫌いな独占欲が強い男性は高いプライドを持っています。

    自分が一番、負けず嫌いなことは、プライドが高いからこそ表れる特徴です。

    プライドが高いため、彼女や妻が男性と親しくかかわることを嫌います。

    プライドがそれを許しません。そして、女性を独占したプライドを満たします。

    自分の名誉とプライドを守るための行動です。

     2-11. とことん一途 

    とことんいちず

    一人に対して依存をするとは、言い方を変えればとことん一途だということです。

    電話やメールで頻繁に連絡をとり女性を管理することは、一途だからこそできることです。

    女性を所有物のように扱うこともありますが、一途だからこそ大切に扱ってくれることもあります。

    一人の女性を愛し続けることができます。

     2-12. 浮気をしない

    女性に対して一途で依存をしがちな独占欲が強い男性は、浮気をしません。

    一人の女性だけを大切にして、他の女性は目に入らないのでしょう。

    独占欲が強い男性には女性からすると困った面があるかもしれませんが、浮気をしないことは女性としてうれしいことです。

    他の女性に取られる心配がなく、彼女や妻は安心できることでしょう。

    3. 独占欲が強い男の心理

    独占欲が強い男性の心理

    これまで独占欲が強い男性の行動を主にみてきましたが、では心理はどうなのでしょうか。

    行動からは強そうに見えても、男性の心理を知ると意外と弱い面があることに驚くかもしれません。

    人の心は見えにくいので、内面を知るとビックリすることでしょう。

    では、独占欲が強い男性にはどのような心理があるのでしょうか。

     3-1. 彼女を信頼していない  

    自分だけのものにすることを脅かされることを恐れているので、人を信頼していない面があります。

    それは彼女に対しても同じです。

    想像力が高い男性なら、彼女が浮気をしている疑うこともあります。

    独占欲が満たされない状態を恐れるあまり、人を信頼できなくなっています。

    彼女が信頼されていないと感じてしまうと寂しいことでしょう。

     3-2. 捨てられることが怖い

    一人に依存をしているため、その一人から見捨てられることに怖れを抱いています。

    自分が見捨てられれば独占欲は満たされないし、プライドも壊されてしまいます。

    こういった状態は避けたいです。

    女性を所有物のように扱い強そうに見える独占欲が強い男性ですが、本当は怖れの感情を持っていて弱い面もあります。

     3-3. 孤独感を感じている

    独占欲が強くそれを満たすために周囲の人に対して警戒心を抱いたり攻撃的になっていると、自然と人が離れて行って孤独になります。

    先ほど見捨てられるのが怖いと紹介しましたが、見捨てられるのが怖いのも孤独を怖れているからです。

    一人に依存をするのも孤独だからです。

    孤独を愛することができる人もいますが、孤独で寂しさを感じる人もいます。

     3-4. 全てを知らないと満足できない

    知らないと満足できない

    独占欲が強い男性は好きな人を管理すると紹介しましたが、これはすべてを知らないと満足できないとも言い換えることができます。

    すべてを知ることで好きな人を管理できて、独占欲を満たすことができます。

    また、すべてを知ることでプライドも満たされます。

    女性に対してだけでなく、興味を持つことに対してもすべてを知らないと気が済まないようです。

     3-5. 癒しを求めている  

    独占欲が脅かされないかと常に警戒をしていると疲れてきます。

    疲れているため癒しを求めています。

    孤独で一人になることを怖れている気持ちにも癒しが必要です。

    恋愛でも職場でも気を休めることができません。

    自分を温かく包み込んでくれて癒しを与えてくれる女性になら、独占欲が強い男性も心を開いてくれることでしょう。

    4. 独占欲が強い彼氏との付き合い方

    独占欲の強い彼氏との付き合い方

    ここまで独占欲が強い男性の特徴や心理を見てきて、付き合うのは難しそう、気難しい人のように感じる、など思ってしまいましたか。

    しかし、独占欲が強い男性ともコツをつかめば上手に付き合うことができます。

    コツさえつかめば周りのカップルのような幸せな関係を築けるのです。

    それでは、独占欲が強い男性と上手に付き合うコツを6つ紹介します。

     4-1. 自信をつけさせる

    独占欲が強い男性と上手に付き合うには、まずは自信を持ってもらうことが大切。

    独占欲が強い男性は自信を持っていないことが珍しくなく、だからこそ女性が自分のもとから離れていくことに不安を抱えています。

    そして、独占欲を満たすような行動をとるのです。

    自信をつければ独占をする必要はありません。

    まずは男性に自信を持ってもらいましょう。

      4-1-1. いいところを口に出してほめる

    いいところは褒めて自信をつけさせてあげましょう。

    好きな人のいいところなら見つけられるはずです。

    口に出して褒めることは恥ずかしいかもしれませんが、言葉で伝えないとわかってもらえないので、勇気を出して伝えてみてくださいね。

     4-2. たっぷり甘える 

    たっぷりと甘えると「自分が必要とされている」と男性の独占欲を満たしてあげることができます。

    「頼られている」「必要とされている」と感じることは自信をつけることにもつながります。

    甘えたら嫌われてしまうのではないかという不安は捨てて、思い切って甘えてみましょう。

    あなたのことを可愛がってくれるかもしれませんよ。

      4-2-1. 相手にどんどん頼る 

    どんどんと頼ってください。

    頼るということは相手に依存をしているということです。

    独占欲が強い男性は一人に対して依存をしているので、あなたが彼を頼ることで依存関係を作ることができます。

     4-3. 趣味を見つけさせる

    趣味を付けさせる

    独占欲が強い男性は趣味を持っていないことがあります。

    趣味を持っていないため一人孤立してしまうことも。

    そんな彼のために趣味をみつけてあげましょう。

    趣味をみつけることで彼が以前よりもイキイキとしてくるかも。

    また、共通の趣味がみつかれば二人の関係はより深いものとなるでしょう。

    二人でできる趣味をみつけるのもいいかもしれませんね。

      4-3-1. お互いの時間をつくる 

    共通の趣味を楽しむのもよいのですが、それと同じようにお互いの時間を大切にしてください。

    独占欲が強い男性は相手に依存をしてしまい、いつもべったりという状態になる心配があります。

    いくら好きな人といってもいつも一緒では疲れてしまいます。

     4-4. 愛情表現をハッキリする

    愛情表現はしっかりとしましょう。

    愛情表現しなくてもわかってくれるはずと思っていても、きちんと表現をしないと彼はわかってくれないかもしれません。

    愛情を与えられていないと勘違いをして不満を抱くことに。

    好きな相手だからわかってくれるだろうと思わず、愛情表現はしてください。

    わかりやすい方法だと彼は喜んでくれることでしょう。

      4-4-1. 積極的にスキンシップをはかる

    スキンシップは愛情表現の一つです。

    親しいからこそ体に触れることができます。

    職場の人など親しくない人に気軽に触ったりしないですよね。

    人の目が集まるところではスキンシップは控えた方がよいでしょうが、二人きりのときにはスキンシップをしてみてください。

     4-5. 自由奔放に振る舞う

    独占欲が強い男性と付き合っている女性は、彼に束縛されて自由な時間を持てないことがあります。

    好きな相手とはいっても好きな時間を持てないと彼女はつらくなってきます。

    また、これは独占欲を強めることにもなります。

    つらい恋愛は長続きしません。

    独占欲が強い男性とよい関係を続けるためには、自由に振る舞って自分だけの時間を持つことが大切です。

      4-5-1. わがままを言ってもOK  

    「わがままを言ったら嫌われてしまう」そんなふうに思って自由奔放に振る舞えなくなっていませんか。

    ときにはわがままを言ってみてください。

    いつもいつも我慢する必要はないのです。

     4-6. 誠実に相手と接する

    どのような恋愛関係でもそうですが、よい関係を長く続けるためには誠実に振る舞うことが大切です。

    不誠実な振る舞いをされたらがっかりしますよね。

    相手のことを信頼できなくもなります。

    独占欲が強い男性は捨てられることを怖れているので誠実に接してくれます。

    あなたもそれに応えて誠実に接するようにしましょう。

      4-6-1. 一途に相手を思い続ける  

    独占欲が強い男性は一途に相手を思い続けます。

    あなたもそれに応えてあげてください。

    一途に相手を思うことで独占欲を満たしてあげることができます。

    あなたが離れていってしまう、捨てられるという彼の不安も軽減します。

    5. まとめ

    独占欲の強い男性

    独占欲が強い男性の特徴や心理、上手な付き合い方を紹介しました。

    独占欲が強い男性はどのような特徴を持っているのか知っていただけたでしょうか。

    独占欲が強い男性の特徴を知ることで、不可解な行動を理解できてくるはずです。

    また、彼女はどう振る舞えば上手に付き合えるのかもみえてきます。

    相手のことをよく知ってよい関係を続けてください。