【ネタバレ注意!】映画「海賊とよばれた男」あらすじから結末まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、「流行の疑問をすっきり解決!」パレットボーイです。さて、百田尚樹原作で2013年に発売された小説「海賊とよばれた男」の映画公開が間近に迫ってきましたね

400万部を超える大ベストセラーとなった小説が映画化されるということで、映画化が決定した昨年から多くの人が楽しみにしているようですよ!

※以下Twitterより引用

そこで今回は、

・映画「海賊とよばれた男」あらすじ
・主人公はどうして「海賊」と呼ばれるようになったのか(ネタバレ厳禁!)

などについてご紹介していきます。

特に小説を読んだことがない方は必見ですよ!

映画「海賊とよばれた男」あらすじを簡単に紹介![予告]

海賊とよばれた男 岡田准一 映画 あらすじ 

出典:映画「海賊とよばれた男」公式ホームページ

まずは、映画「海賊とよばれた男」の簡単なあらすじを見ていきましょう。この映画の主人公となるのは、国岡鐡造(くにおか てつぞう)です。彼は、「出光興業」を創業した出光和三をモデルとした人物になります。

福岡県の商売人の家で生まれた鐡造は、19歳から神戸高等商業学校(現・神戸大学)で商売について学びました。大学卒業後も神戸で働きながら商売を熱心に学ぶ鐡造。

しかし、3年後に福岡の実家に戻ると、商売に失敗して家族が離散している状態になっていたのです。そこから鐡造再び家族と一緒に暮らすために自分の店を持つことを目標にして頑張ります。

そして25歳の時に、国岡商店を開くことができ、無事に家族を呼び戻すことができました。ここからが鐡造の戦いの始まりです。

国内で自動車が200台程度しか走っていないこの時代に、鐡造はこれからの動力源は石油になることを見越していました。そこで、日邦石油から機械油や軽油を仕入れることに成功し、さらにはそれを驚くべき方法で売るのでした。(これについてはのちほど紹介します。)

そこからいろんな困難を乗り越えながらも国内だけではなく、中国などの海外を相手に順調に販路を広げる国岡商会でしたが、大きな転換期を迎えます。それが日本の敗戦です。

この敗戦により鐡造は資産を失い、さらに膨大な借金を抱えることになりました。しかし、それでも鐡造は国岡商会の社員を一人もクビにすることなく立て直すことを誓います。

そして、日本の石油企業が次々と欧米の石油会社の支配下に置かれる中で、国岡商会は日本の石油企業として生き残りをかけて戦いました。そんな中で鐡造のもとに「イランから石油を輸入しないか?」というオファーが来ます。

しかし、当時のイランはイギリスに支配されており、このイギリスの支配状況を抜け出すためにイランの石油事業の国営化を決定したのですが、それに対してイギリスが猛反発したのです。

イランから石油を購入したタンカーはあらゆる手段を講じる」というイギリス政府の発表により、どの国もイランとは取引をしないようになりました。

そんな状況でも鐡造はイランを助けるために日章丸を送り込むのです。果たしてイギリスの目をかいくぐって無事に日章丸は帰って来られるのでしょうか。

(予告動画はこちらからどうぞ)

ネタバレ注意! 映画「海賊とよばれた男」の結末とは?

海賊とよばれた男 岡田准一 映画 あらすじ 

出典:映画「海賊とよばれた男」公式ホームページ

さて、ここからはすでに発売されている小説から、映画「海賊とよばれた男」の

・なぜ国岡鐡造が海賊と呼ばれるのか
・どうやってイギリス軍の包囲網をかいくぐって帰ってこれたのか

をお伝えしたいと思います。(ネタバレ注意です!)

まず、鐡造が海賊と呼ばれるようになったのは、戦前の国岡商会の石油の売り方が由来となっています。

日邦石油から石油を仕入れることに成功した鐡造ですが、日邦石油の決まりで下関では石油を売ってはいけないことになっていました。

そこで、鐡造は手漕ぎ船を使って海の上で石油を販売したのです。もちろん、周囲からの不満の声は上がりましたが、鐡造は強引に商売を進めます。

関門海峡の海の上で暴れまわる国岡商会の船は、いつしか海賊と呼ばれるようになったのです。なるほど、鐡造の商売人としての強さが感じられるエピソードですね。

そして、この映画のメインである「日章丸」がどのようにして日本に帰還したのかということですが、これには国岡鐡造の綿密な計画によって成功したのです。事前にイランとの極秘交渉を行い、日章丸のイランへの出発自体も完全秘密で行われていました。

さらに、国際法を隅から隅まで確認して、法律的に問題のない方法で航路の偽装などを行い、イギリス軍から隠れてインドに到着しました。もちろん、その航路の中でも様々な危険な場面に遭遇するのですが、これは映像で確認して下さいね。

繰り返しになりますが、これは小説の内容のネタバレです。映画版ということで小説とは違うエンディングが描かれているのかもしれません。また、国岡鐡造と妻の関係性などについても映画では細かく描かれているようですので、そういった人物模様についても注目ですよ!

映画「海賊とよばれた男」のキャスト情報はこちらからどうぞ




映画「海賊とよばれた男」あらすじからネタバレまで-おわりに-

今回は映画「海賊とよばれた男」のあらすじからネタバレまでお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

小説で大ベストセラーとなった「海賊とよばれた男」ですが、映画は面白いのかどうか気になる方もいらっしゃると思われますが、心配ありません!

同作家(百田尚樹)・同監督(山崎貴)・同主演(岡田准一)の映画「永遠の0」でも小説の物語を見事に映画で再現していました。まだ観ようか迷われている方は、こちらの作品を見てみてはいかがでしょうか。

永遠の0 Blu-ray通常版【Blu-ray】 [ 岡田准一 ]

価格:3,119円
(2016/11/7 20:15時点)
感想(55件)

では最後に、映画「海賊と呼ばれた男」主人公・国岡鐡造のモデルである出光佐三に関する資料館「出光資料館」の紹介動画を発見しましたので、こちらをご紹介してこの記事の締めとさせて頂きます。

(Youtube/出光興産(Idemitsu Japan)より)

この映画がヒットすると、舞台となった九州の門司にあるこの出光資料館が賑わうことになるかもしれませんね。出光佐三さんに興味のある方はぜひ一度ご覧下さい!

映画「海賊とよばれた男」の監督・山崎貴とは!? 詳しくはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*