男女で違う!好きでたまらない人への行動と対処法

恋愛

恋愛をすると好きでたまらない!という感情になったこともある方も多いのではないでしょうか。

人を好きになるということは素晴らしい事ですが、好きになりすぎてどう表現したらいいかわからなくなってしまったりすることもあるのでは。

また、気になる彼はあなたのことをどれくらい好きでいてくれるのかも気になりますよね。

好きでたまらない時の行動とは言っても、男女でそれぞれ違いがあるものです。

今回は好きでたまらない人への行動と対処法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

1. 好きでたまらないってどういう感情?

そもそも好きでたまらないとはどういった感情でしょうか。

人それぞれ、好きでたまらないと思う基準はあるかもしれませんが、明確に言葉で表すのは難しいですよね。

ですが、多くの人は次のような感情を持った時に相手のことが好きでたまらないんだと感じると思います。

あなたにも心当たりはないでしょうか?

当てはまるものがあれば、あなたもその相手のことが好きでたまらないのかもしれません。

1-1. 常にその人のことを考えてしまう

四六時中その人のことばかり考えてしまうのは、もうその相手のことを好きでたまらないなによりの証拠です。

仕事をしているときも、遊んでいるときも、もはや寝ているとき以外ずっと相手のことを考えてしまう。

そこまで来てしまうと少し私生活に支障をきたしてしまいそうな、そんな恋の病状態になってしまうことってありますよね。

常に相手のことを考えて、頭から離れなくなってしまっているのであれば、それはもう相手のことが好きでたまらないと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 1-2. そばにいたい、会いたい

    好きでたまらない相手であれば会いたいのは当然の感情です。

    いつでもそばにいたいと思ってしまうかもしれません。

    ふと一度会いたいと思った感情はなかなか収まりません。

    会いたくて会いたくて仕方ないと思うということは、相手のことを好きでたまらないということです。

    会えば嬉しかったり、元気になれたりするのも、好きな相手だからこそという部分もあるのではないでしょうか。

    そばにいれば癒されるという感情も、好きな人だからこそのものかもしれません。

    1-3. 弱っているときに支えてあげたい

    好きな人の弱っている姿や悲しんでいる姿って、まるで自分のことのように辛いものですよね。

    大好きな相手にはいつも明るく元気でいてもらいたいと思うものです。

    特に女性は、男性を好きでたまらないと思った時、ふと母親のように愛おしいと思う母性本能が働くことがあります。

    ですから好きでたまらない彼が弱っている姿を見ると守ってあげたい、支えてあげたいと思うのです。

    また男性は庇護欲が強いので、好きな相手が弱っているときには同じように支えたいと思います。

    このような感情が芽生えているのであれば、それは相手のことを好きでたまらないということです。

  • スポンサーリンク

  • 1-4. 胸がキュンとなる

    恋をすると、好きすぎて胸が苦しい、はたまたドキドキ胸が高鳴る、こんな気持ちを味わったことは誰でも一度はあるのではないでしょうか。

    本当に胸がキュンとなっている感じは、もう言葉では説明できない部分の一つですよね。

    相手のことを好きであればあるほど、一緒に居るとそう思う回数は多いものです。

    相手の一挙一動に嬉しくなったり、愛おしいとおもうからこそ、胸がキュンとするのですから、それはもう相手のことを好きでたまらないというサインだと言えますよね。

    1-5. LINEの返信がないと不安

    好きでたまらない相手のことはいつでも気になってしまうと先程述べましたが、だからこそマメに連絡をするのではないでしょうか。

    何をしているか気になる、もっと会話のやりとりをしていたい、そう思ってLINEを送ったのに返信がないと不安になってしまうものです。

    特に女性に多い傾向がありますが、相手が何をしているか心配になる、愛情が薄れたのではないかと不安になる、など様々なマイナスな気持ちが生まれてしまいます。

    LINEの返信一つでそんなに不安になってしまうのも、相手のことを好きでたまらないからではないでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 2. 男性が好きでたまらない女性にする行動

    好きでたまらない感情についてご紹介しましたが、では好きでたまらない相手にはどのような行動をとるのでしょうか。

    男性と女性では少し違っているようです。

    気になる彼はあなたのことをどれくらい好きでいてくれているのでしょうか。

    気になりますよね。あなたは彼にとっての好きでたまらない相手かどうか詳しくみていきましょう!

    2-1. 目で追ってしまう

    やはり何と言っても、好きでたまらない相手のことは目で追ってしまうものです。

    特に男性は女性よりも気になる相手のことを目で追ってしまう傾向があります。

    好きな相手がどのような行動をとるか見ていたいと思うのです。

    その裏側には、誰と話しているか気になっていたり、困っていないか見守っていたりと色々な感情があります。

    また単純に、愛おしいと思って見ていることもあるでしょう。

    強く興味を引かれているからこそ目で追ってしまうのが男性です。

  • スポンサーリンク

  • 2-2. 恋愛について聞く

    彼女のことが好きでたまらない場合、男性は彼女の恋愛観についても色々聞きたがります。

    交際人数から好きなタイプ、さらには元カレのことまで。

    好きだからこそ、彼女の過去がとても気になってしまい全てを知りたいと思ってしまうのです。

    また大好きな彼女にとって、理想の男性でありたいから、という理由もそこにはあるでしょう。

    小さい男と思われたくないと思っているのに、ついつい聞いてしまうほどに相手の女性のことが好きでたまらないということです。

    2-3. どんな話にも興味津々

    好きでたまらない相手のことはすべて知りたいものだと先程述べましたが、どんな話にも興味津々だということは、同じような意味合いを持ちます。

    やはり大好きな相手のことならなんでも知りたいと思って当然ですよね。

    男性はどちらかというと聞き上手な女性が好きだとも言われていますが、それでも色んな話を取りこぼさず聞こうとするのは、その相手が好きでたまらない女性であるからだと言えます。

    そして何気ない会話や些細な情報もしっかり覚えていることが多いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-4. スキンシップが多い

    好きでたまらない女性には、触れたいと思うのは男性の本能ではないでしょうか。

    本能だと言っても下心ばかりではありません。

    本気で好きだからこそ様々な場面でスキンシップをはかってくるのです。

    体の一部が触れることで親密度は上がるので、好きでたまらない相手にはスキンシップをとりたいと思うものです。

    さらには、周囲への牽制の場合もあります。

    これは彼女のことが好きすぎて、周りの男性に対して自分のものだというアピールをしているという表れでもあります。

    2-5. 常に隣にいたい

    好意を持っている相手には距離が近くなるのが一般的です。

    普通の人とはとらない距離感で話すことが多いのではないでしょうか。

    またそれを不快に感じないのは相手に気を許しているからでしょう。

    一般的にパーソナルスペースは男性のほうが広いとされているので、そのスペースに相手を入れるということは、それだけ彼にとって好きでたまらない相手だと言えます。

    またいつでも大好きな彼女のことを見守っていたいという気持ちがあるので、常に隣に居たいと思っているのです。

    3. 女性が好きでたまらない男性にする行動

    では次に、女性は好きでたまらない男性にどのような行動をとるのでしょうか。

    男性は自らが行動を起こすものが多いのに対して、女性は内面から滲み出てしまったり、精神的な繋がりを持つといったことが多いようです。

    やはり男性とは少し違うようですね。

    あなたは彼のことをどれくらい好きでたまらないと思っているでしょうか。

    詳しく見ていきたいと思います。

    3-1. 笑顔がキラキラしている

    やはり大好きな彼といるときの女性は、笑顔がキラキラしていませんか?

    周りから見ていてもわかるほどに、気持ちが溢れている笑顔を見せるのが、好きでたまらない相手といるときの女性です。

    嬉しい気持ちが心にいっぱいになって、自然と出てしまうものなのです。

    また人は、好きな物を見ると瞳孔が開きます。

    黒目が大きく見えるのでそれによってキラキラして見えるという医学的根拠もあるんですよ。

    女性はわかりやすいものなので、好きな相手とそうでない相手を見る目は一目瞭然なのです。

    3-2. 声が高くなる

    誰でも一度は好きな人相手に声が高くなってしまったことがあるのではないでしょうか。

    好きな人の前で声が高くなるのは決してぶりっこをしているわけではありません。

    人は緊張感を持ったり、気持ちが高ぶったりすると声のトーンがあがります。

    嬉しい事や楽しい事を話すときもテンションが上がって声のトーンが上がりますよね。

    それと同じで、好きでたまらない相手といるときには、気持ちが高揚しているので声のトーンが自然と上がってしまうものなのです。

    3-3. 恥ずかしがる

    恥ずかしいという感情はなぜ起こるのでしょうか。

    いろいろとありますが、恋愛においては、相手によく見られたい、という気持ちが大きい表れなのではないでしょうか。

    好きでたまらない相手であるからこそ、嫌われたくないし、よく思われたいものです。

    ですから女性は大好きな相手の前では恥ずかしがることが多くなります。

    また、単純に相手のことが好きすぎるので、見つめられて恥ずかしいなど、照れることも多くなるものです。

    顔が赤くなってしまうこともありますが、そのように照れている女性を男性はかわいいと思うものです。

    3-4. どんな時も男性の味方になる

    弱い部分を極力見せたくないと思っていることの多い男性ですが、そんな男性でも仕事やプライベートではさまざまなことがあります。落ち込んでいることも多いでしょう。

    そんなときに味方になってあげたいと思うのは、本気で好きな相手だからではないでしょうか。

    好きでたまらない相手のことは、例えどんなことがあっても味方でいてあげたいと思うものです。

    多少周りから違うように思われていたとしても、自分だけは理解者でいてあげたいと思ってしまうものですよね。

    3-5. 何をされても許してしまう

    これは彼のことが好きで好きでたまらなくて、依存しがちな女性に多いパターンです。

    好きで仕方ない相手だと、先程のどんな時でも味方でいるという点と類似してくる部分もあり、何でも許してあげたくなってしまうのが女心というものです。

    ですが、普通では許せないようなことも、別れたくないがゆえに許してしまうのは危険信号です。

    優しさと、ただ甘やかすことは全く意味が違うので、あまりになんでもかんでも許してしまう場合には少し注意が必要です。

    4. 好きでたまらない気持ちをどうすれば良い?

    では、好きでたまらない気持ちをどうすればいいのでしょうか。

    好きでたまらない相手がいることはとても素晴らしいことですが、同時に胸が苦しくなったり、不安が大きくなったり、四六時中頭から離れなくなったりといい事ばかりではありません。

    また、あまりに依存しすぎてしまうのは危険です。

    きちんと自立した女性であるためにも、好きでたまらない気持ちとうまく付き合っていきましょう。

    4-1. 好きだと伝える

    まずは何よりも素直に伝えることが一番ですよね。

    人は思っているだけでは気持ちを完全に伝えることはできません。

    また自分の気持ちを相手に伝えることで、たまりにたまった感情が爆発することも抑えられます。

    ストレートに気持ちを伝えるのはとても勇気がいることですが、だからこそ大好きな相手には伝えたいものではないでしょうか。

    本気で好きだからこそ頑張れることかもしれませんよね。

    ストレートに伝えるとは言っても感情的にぶつけると相手も困ってしまうので、そのあたりはきちんと自分の気持ちと向き合って、整理したうえで伝えましょう。

    4-2. 他のことへ目を向ける

    相手のことが好きでたまらないと、四六時中相手が何をしているのか、どこにいるのかそんなことばかりが気になってしまうかもしれません。

    またいつでも常に一緒にいたい、そんな風に思ってしまうことも。

    それは悪い事ではありませんが、あまりに行き過ぎると依存してしまうことになります。

    そうなると相手も重く感じますし、自分も辛いものです。

    そんなときには少し別のことに興味を向けてみましょう。

    趣味でも勉強でも何でもいいので、彼のこと以外のことを考える時間を作って少しずつ、冷静さを取り戻すのが良い方法です。

    4-3. 友達に相談する

    好きでたまらない気持ちがどうしようもないときには友達に相談するのも一つの手です。

    直接相手に自分の感情をぶつけると、相手にとっても重く感じてしまうこともあるでしょう。

    そんなときには友人に自分の素直な気持ちを聞いてもらうことで、頭の中を整理することができるはずです。

    また、自分では気づかなかった点を、客観的に見てアドバイスをもらうこともできるので、自分自身を見つめなおすこともできます。

    「持つべきものは友」と言いますから、この際思い切って友人に頼ってみるのも良い方法ではないでしょうか。

    5. 好き好きアピールのしすぎには要注意!

    好きでたまらない相手がいる場合、どうしても行動や発言に現れてしまうのが女性ですよね。

    告白しなくても、周りから見ていてわかってしまうことも多いものです。

    恋愛において、多少のアピールは必要ですが、周りや相手の気持ちに一切おかまいなしのアピールには、男性は好意をもつどころか逆に引いてしまうものです。

    好きの気持ちが溢れすぎて、自分の気持ちばかりを押し付けるのはやめましょう。

    逆効果になってしまいます。

    なにをしているか気になってしまう気持ちもわかりますが、相手の都合を考えずに、夜遅くに電話やLINEをするなどはNGです!

    また周囲の目を気にせず人前で、告白まがいのアピールやボディタッチをしていると冗談だと捉えられてしまいます。

    軽い人だと思われてしまうどころか、敬遠されてしまうこともあるので気をつけましょう。

    どんなに好きでたまらなくても、アピールは控えめに自然にするのが望ましいです。

    「あれ?俺のことすきなのかな?」くらいに思われる程度にとどめておきましょう。

    そのほうが男性もあなたのことが気になります。

    くれぐれもアピールのしすぎで相手に嫌われてしまうなんてことのないように注意しましょう。

    6. 気になる彼との相性を診断

    いかがでしたでしょうか。

    好きでたまらない気持ちは素敵なものです。

    恋愛は基本的にはプラスの感情のものですが、好きが大きくなりすぎると、マイナスの要因も生まれてしまいますよね。

    そんな自分の気持ちとうまく向き合っていくためには、誰かに相談することも大切です。

    また、恋愛は相手の考えもあってこそなので、相性もとても大切になってきます。

    ぜひ一度、気になる彼との相性を診断してみてはいかがでしょう。

    思ってもみなかった告白方法や彼との向き合い方が見つかるかもしれません。