イキたいけどイケない女性必見!オーガズムに達する方法とおすすめグッズ

女性

少女漫画などでは、よく主人公がボーイフレンドとセックスをする時に「イク」という表現が使われていますよね。

しかし、実際にセックスをしてみるとオーガズムが得られない、と感じる女性もいるのではないでしょうか。

彼とセックスをしていても、イクという感覚がよくわからない、自分はなかなか満足できない、という人もいるかもしれませんね。

実は、セックスをしていてもオーガズムが得られないという人は珍しくないと言われています。

ここでは、そのような悩みを抱えている女性に向けてどのようにオーガズムが得られるのか、ということを紹介していきます。

スポンサーリンク

1. 潮吹きとオーガズムは違う!イクってどういう感覚?

 オーガズムの前に、潮吹きについて紹介していきます。

射精と言えば男性がするものですが、それによく似た現象で女性の潮吹きというものがあります。

これはGスポットという場所を刺激されることで女性の尿道から液が排出されることを指しており、医学的には尿と一緒です。

しかし潮吹きで出てくる液体は尿よりも粘液になっており、ブドウ糖の濃度が高い、などという違いもあります。

そしてこの潮吹きはオーガズムとは違うと考えられています。

潮吹きをする直前、女性は極めて尿意に近い感覚を得ますが、それによって心理的に抵抗を覚えてしまい、刺激を止めてしまうために潮吹きができなくなるとも考えられています。

ちなみに、全体の4割の女性が潮吹きできると言われています。

これに対し、オーガズムというのは性的な緊張から解放された状態を指します。

イク、絶頂、などと表現かれることもありますね。

2. オーガズム未経験者はオナニーでコツをつかもう

 実は、たとえセックスをしてもオーガズムが得られないと悩む女性は少なくありません。

そのような場合はオナニーをして快感を得てみると良いかもしれませんね。

インターネットや本ではどこが刺激されると気持ちが良くなるのか、などといろいろ書かれていますが、どこが性感帯かという事は人によって異なります。

首筋が良いという人もいれば乳首が良いという人もいますし、クリトリスを刺激されるのが1番好きだという人もいます。

あるいは、男性から挿入された状態が1番良いと答える人もいるでしょう。

これはあくまでも人によって異なり、自分にとって大した性感帯ではない場所をいくら刺激されてもオーガズムは得られません。

あるいは、男性が力を入れすぎてしまうことで快感が得られないということもあるため、まずは女性自身が自分の体のどこが性感帯なのか、どの程度の力で刺激されたら気持ちが良くなれるのか、ということを知っておかなければいけません。

  • スポンサーリンク

  • 3. オナニーにおすすめグッズ

    もしもオナニーをしたいと思うのであれば、グッズを使うと良いかもしれませんね。

    自分の指で刺激しても良いですが、指だけではなかなか快感に至らないということもありますし、例えばあと少しでイケるという状態になった場合、心理的に抵抗を覚えて刺激を止めてしまい、そもそも最後まで快感が得られないというケースもあります。

    しかし、グッズを使うことで比較的簡単に快感が得られ、どこが刺激されるのが好きなのか、自分はどのような刺激を求めているのか、ということがわかります。

    3-1. おすすめグッズ1:バイブレーター

    バイブレーターを使ってみると良いかもしれません。

    バイブレータは女性の膣に入れられるものであり、その振動から快感を得ることができます。

    また、快感が最も得られやすいと言われるクリトリスなどを刺激することでより大きな快感を得ることができますし、振動させたまま自分自身を刺激してみることでどこが性感帯なのか、どこを刺激されると気持ちが良いのか、自分で探ることができます。

    また、バイブレーターでは強弱を変えることができますので、自分なりに変えながら刺激の大きさを図ってみると良いかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 3-2. おすすめグッズ2:ローター

    ローターは特にクリトリスに刺激を与えるために良いグッズになります。

    少女漫画などを見ると男性から挿入されて快感を感じる女性が多いように見えますが、実際には挿入されるよりもクリトリスを刺激される方が好きだ、と考える女性は非常に多いのです。

    そしてこのような女性に人気があるグッズがローターです。

    バイブレーターよりも小さく、見た目も可愛らしいですので、初めてグッズを買うならばローターがちょうど良いかもしれません。

    3-3. おすすめグッズ3:ローション

    もしもなかなか快感が得られない、どこをどのように触ったら良いのかわからない、という悩みを抱えているならば、いっそローションを使ってみても良いかもしれません。

    ローションを使うことでの膣周りを濡らすことが可能になり、それによって指などを入れやすくなります。

    滑りが良くなるため、より性感帯が探しやすいと言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 4. セックス中にオーガズムを経験するには

    もしもセックス中にオーガズムが経験できないのであれば、今までとは違ったやり方を試してみると良いかもしれません。

    そもそも、これまでのやり方でオーガズムが経験できないならば、他のやり方をいろいろ試してみる必要があります。

    ここでは、そのような人に試して欲しい6つの方法を紹介していきます。

    4-1. オナニーでイケる体勢で前戯してもらう

    AVビデオなどを見ると、すぐに男性が挿入して2人で共に絶頂を迎える、というイメージを持つ人もいるかもしれませんね。

    しかし、女性の多くは前戯で気持ちよくなれるとも言われています。

    むしろ、男性は挿入が大切ですが、女性にとっては挿入に至るまでの過程こそ重要だと言われているのです。

    ですから、もしもすぐに挿入してしまっている、いまだにオーガズムが経験できない、という状態ならば、オナニーを試してそれでイケる姿勢を見つけ、その状態で前戯してもらいましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4-2. クンニしてもらう

    オーガズムが経験できない人にぜひ試してもらいたい方法がクンニです。

    パートナーにクリトリスなどを舌で刺激してもらってみてください。

    もしそんなところを舐めてもらうなんて恥ずかしくて嫌だ、と思うならば、羞恥心があなたのオーガズムを遠ざけているかも知れません。

    羞恥心を取り除いてみてください!

    4-3. 前戯に時間をかけてもらう

    前戯に時間をかけてもらうことも大切です。

    そもそも、セックス=挿入だと思っていませんか?

    また、前戯は膣を濡らすためだけのものだと思っていませんか?

    女性の快感はゆっくり上がっていくと言われています。

    だからこそ、女性は前戯にじっくりと時間をかけてもらうことで快感が得られるとも言われているのです。

    実際に挿入前に快感を感じるという人もいますから、もしもオーガズムが得られないのであれば、ぜひこの方法を試してください。

  • スポンサーリンク

  • 4-4. 色んなセックスを試す

    セックスがワンパターンになっていませんか?

    いつもセックスは正常位でそれ以外を試したことがないならば、ぜひそれ以外の体勢を試してみて下さい。

    もしも男性から犯されるような感覚が好きだというならば、後背位を試してみると良いかもしれません。

    むしろ主導権を握りたいと思うならば騎乗位も良いですね。

    大人のおもちゃを使ってみても良いかもしれませんよ。

    コスプレなどもいかがでしょうか。

    4-5. セックス中は恥ずかしさを捨てる

    先ほども少し述べましたが、セックスは恥ずかしいものだと思っていませんか?

    確かに多少の恥じらいは大切ですが、恥ずかしさは捨てた方が良いです。

    恥ずかしさがあるとセックスに集中できず、快感が得られない可能性があります。

    誰かが見ているわけではないのですから、思いっきり楽しんでしまいましょう。

    4-6. 無心で気持ち良さを感じる

    セックスに背徳心があるとなかなか楽しめないとも言われています。

    セックスは2人だけのものであり、他の誰のものでもありません。

    だからこそ恥ずかしいという感覚は忘れ、思い切り気持ち良さを求めることが大切です。

    5. 彼とのカラダの相性を占ってみる

    彼との体の相性を占ってみましょう。

    ウェブサイトなどで占いを利用すると、どのようなセックスが良いのか助言がもらえることもあります。

    恥ずかしさを忘れ、ぜひ様々なセックスを楽しんでみてくださいね。