まだ好きかも…スッキリさせよう!忘れられない片思いの理由と克服法

恋愛

忘れられない片思いとは一体どのようなものでしょうか。

誰かを好きになったとして、必ずしもその人と両思いになれるとは限らないですよね。

昔好きになったけれど自分の思いを伝えられず、そのまま学校を卒業して離れ離れになってしまった、などという切ない片思いもあるのではないでしょうか。

ここでは忘れられない片思いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

1. 忘れられない片思いってどんな気持ち?

忘れられない片思いとは一体どのようなものでしょうか。

誰しも誰かを好きになりますよね。

しかし、すべてのケースにおいて業務になるという事はありません。

その人が好きだったとしても受験なのでその人に好きだという気持ちを伝えられなかった、相手が明らかに他の人に恋しており、自分の気持ちを伝えるような状態ではなかった、などということがあるかもしれません。

そのような状態を片思いといいます。

しかし、年数がたってもなかなか忘れられないかと思いもありますよね。

1-1. いまだに彼のことを考えるとドキドキする

いまだに彼のことを考えるとドキドキする場合、それはその片思いを忘れていないということになります。

青春時代、誰かのことが好きだったけれど自分の気持ちが伝えられなかった、その人は今どうしているかわからない、などという場合、その人のことを考えるとドキドキするということもあるのではないでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 1-2. SNSで近況を追ってしまう

    最近は誰もがSNSを使うようになり、簡単にその人と繋がれるようになりました。

    SNSで昔片思いをしていた人を検索してしまった経験がある、という人もいるのではないでしょうか。

    もちろん、友達でなければ見られない投稿もありますので、検索したからといって何かがわかるということもないかもしれません。

    しかし、少なからずプロフィール写真などをチェックできる可能性もありますし、今どうしているのか、元気にしているのか、何か気になることもあるかもしれませんね。

    SNSで検索してしまっているという事は、その片思いを忘れられていないということになります。

    1-3. 彼女と自分を比べてしまう

    もしも好きだった人の彼女と自分を比べてしまい、悲観的になってしまう場合、その片思いを忘れていないといえます。

    もしもすっかり割り切った片思いならば、その人がどのような女性と付き合っていてもあまり関心がないですよね。

    あるいは、その人と自分を比べるなどという事はしないのではないでしょうか。

    しかし、その人の彼女と自分を比べ、なぜ自分が選ばれないのか、などと考えてしまうという事はその片思いを忘れていないということになります。

  • スポンサーリンク

  • 2. 片思いだった彼を忘れられない理由を考えよう

    もしも片思いだった彼が忘れられない、時間がたってもその片思いに執着してしまう、などという場合はなぜその彼のことが忘れられないのか考えてみても良いかもしれません。

    ただ単純に今現在、好きな人がいない、その後好きだと思えるような人に出会っていない、という場合も片思いから離れられないことがありますが、それ以外にも片思いの彼が忘れられない理由があります。

    ここでは、なぜ片思いを忘れられないのか、なぜその人のことばかり考えてしまうのか、ということについて紹介していきます。

    2-1. 初恋の相手だった

    初恋の相手だと、その人のことが忘れられないかもしれませんね。

    そもそも初恋というのは特別なものです。

    相手が初恋の人であれば、その人の事を吹っ切ったとしてもなかなか忘れられないかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 2-2. 思いを伝えられず諦めた

    その人のことが好きだったけれど思いを伝えられなかった、思いを伝えられずに諦めるしかなかった、という場合は後悔の気持ちがあり、その片思いが忘れられないかもしれません。

    いっそ自分の気持ちを伝えて振られているのであればまだ良いのですが、例えば受験や部活で忙しくて相手に自分の好きだという思いを伝えられなかった、だからこそ諦めるしかなかった、そうこうしているうちにその人に彼女がいた、などという状態を見てしまうとショックですよね。

    そのショックだという気持ちから、その人のことが、片思いが忘れられなくなってしまうこともあります。

    2-3. 後悔することがある

    その片思いに対して何かしら後悔していることがあると、それが忘れられなくなるかもしれません。

    例えば、その片思いの彼に恥ずかしい姿を見せてしまったなどという場合、その気持ちからその相手のことが忘れられなくなってしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 2-4. もしかしたら付き合えるかもと淡い期待がある

    確かに昔の片思いであったとしても、もしかしたらまた付き合えるかもしれないという淡い期待があると、忘れられないかもしれないですね。

    昔の片思いの人と偶然再会した、その人に特定の彼女がいなかった、という状態になると、もしかしたらチャンスがあるかもしれません。

    そのような期待から忘れられなくなってしまう可能性もあります。

    3. モヤモヤをスッキリさせるには

    もしも忘れられない片思いでモヤモヤしているのであれば、いっそ自分で行動を起こすことも大切です。

    片思いでモヤモヤしていたら次の新しい恋にも進めないですよね。

    かなわない恋にはさっさとけじめをつけ、次に進むことも重要なのです。

    もしもモヤモヤがあるならば、何をすればその気持ちを解消できるのでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 3-1. SNSなど彼との繋がりを消去しよう

    もしもSNSなどで中途半端に彼とつながっているならば、その彼とのつながりを消去することも大切です。

    片思いの彼だからということでメールアドレスがショートできない、電話番号が削除できない、などと悩んでいるのであれば、それを全て消し去ってしまうことで新たなスタートにすることが可能です。

    3-2. 告白してスッキリさせよう

    今までチャンスがなくて告白できなかった、もしかしたらまだいけるかもしれない、などと感じているのであれば告白してみましょう。

    過去形でも良いですから、「あなたのことが好きでした」と言ってみると意外にスッキリするかもしれません。

    今更告白しても意味がないと思うかもしれませんが、自分の中では意外にスッキリすることがありますよ。

    3-3. 次の恋や自分磨きに進もう

    モヤモヤを解消するために、新しい出会いを求めても良いのではないでしょうか。

    あるいは、自分磨きをすることも大切です。例えばダイエットを始めてみたり、習い事をしてみたりしても良いでしょう。

    4. ただの執着?!長期の片思いは早く忘れたほうが◎

    10-1. 自分を満たすと恋愛も仕事もうまくいく!簡単にできる自分を満たす方法もしも長い間片思いをしているのであれば、その気持ちは早くけじめをつけた方が良いかもしれません。

    長い間同じ人に執着している状態になれば、新しい恋にも踏み出せないですし、自分がつらくなってしまいます。

    叶わない恋を追い求めるのではなく、次の恋に進めるよう、準備することも重要です。

    5.彼との相性を占ってみよう

    小さな望みから自分で叶えるもしも彼との相性が気になる、もしかしたらうまくいくかもしれない、でも告白する勇気は無い、などと気になるならば、彼との相性を占ってみましょう。

    最近では血液型占いや星座占いなどもありますし、関心を持っている人も多いのではないでしょうか。

    ウェブサイトでも占いを受け付けていることがありますよね。

    本物の占い師たちがあなたの悩みに真剣に答えてくれますので、八方塞がりになってしまっていると思ったら、ぜひそのような占いを試してみてください。

    今月のトレンディなお知らせ

    心に刺さる出会いをするなら、
    上場企業が提供する恋愛婚活「with(ウィズ)」

    with(ウィズ) は、あのメンタリストのDaiGoが監修をしているマッチングアプリ。

    性格診断があるため、相性の良い男性ととにかく出会いやすいのが特徴です。

    おすすめポイント

    • 初心者でも安心のチュートリアル完備でとにかく使いやすい!
    • メンタリストDaigo監修の性格診断があるため、相性が良い彼氏が作れる!

    自分と共通点の多い相手を探しやすく、メッセージ交換や実際に会った時も会話も困りません!

    withは話すのが苦手な人でも比較的話しやすく、使いやすいアプリになっています。

    「そろそろ本気で彼氏が欲しい」

    「真面目な恋愛がしたい」

    と考えている女性には特におすすめできるアプリですよ!

    基本料金 3400円/月(女性無料) 
    年齢層20代〜30代前半
    出会いの目的彼女探し / 結婚相手探し 
    会員数170万人以上 
    男女比7:3

    女性は無料ですし、合わない場合はすぐ退会できるので、まずは気軽に利用してみてくださいね。