病気の可能性も!?セックスの後の腹痛や下痢のワケ

女性

セックスをした後、どうしても下痢や腹痛が起こる、という悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

セックスそのものが楽しいけれど、その後に下痢や腹痛が起こってしまうとそれだけでセックスが楽しめなくなってしまいますよね。

それならば、なぜ痛い下痢や腹痛が起こってしまうのでしょうか。

ここでは、なぜ下痢や腹痛になってしまうのかという事について紹介していきます

スポンサーリンク

1. セックスの後、下痢や腹痛になる理由

セックスの後、毎回のように下痢や腹痛になってしまえば、そもそもセックスしたいと思いなくなってしまいますよね。

あるいは、なぜそのような状態になるのか不安を抱えている、でも人に言えない、という悩みがある人もいるのではないでしょうか。

ここでは、セックスの後に下痢や腹痛になってしまう原因をいくつか紹介します。

1-1.腸が刺激される

セックスにより、単純に腸が刺激されてしまうことで下痢や腹痛が起こることがあります。

例えば、女性は生理の時期は便秘知らずだと言われていますよね。

そのような時にセックスをすれば、そこに腸が刺激されてしまうわけですから下痢になってしまう可能性もあります。

また、ホルモンバランスなども関係して腹痛が生じる場合もあります。

セックスの時期を見直してみても良いかもしれませんね。

例えば、排卵時期に被っている、生理の時期に被っているということであれば、体が敏感になっています。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.子宮内膜症

    子宮内膜症になっている可能性もあります。

    子宮内膜症というのは子宮の内膜が子宮の外でできてしまうことで、生理痛のある女性ならば2人に1人が子宮内膜症にかかっているとも言われています。

    子宮の外に内膜ができてしまうと、それが卵巣などに癒着してしまう可能性もあります。

    20代半ばで発症しやすく、35歳でピークになると言われています。

    もしも生理痛がひどいならば、産婦人科に行ってみても良いかもしれません。

    1-3.性病

    性病にかかっている可能性もあります。

    このようなものはコンドームを使うことで防げますが、女性の中には「今日は妊娠しない日だから」などということでコンドームを使わなかった、という人もいるのではないでしょうか。

    そのような場合、もしかしたら性病にかかってしまっているかもしれません。

    これは病院に行った方が良いといえます。

    もしも外陰部に痛みを感じる、かゆみを感じる、などということであれば産婦人科に行ってみて下さい。

  • スポンサーリンク

  • 1-4.妊娠している

    妊娠している可能性もあります。

    特につわりが始まる時期は体が敏感であり、妊娠が発覚する頃はいつもよりも便秘していた、いつもより下痢をしていた、と悩む人も少なくありません。

    もしかしたら着床した直後なのかもしれませんよ。

    もしも妊娠している場合、セックスは胎児にとって負担になります。

    特に胎児の成長が著しい妊娠初期はセックスによって子宮収縮を促し、流産を引き起こしてしまう可能性がありますので控えましょう。

    1-5.体の相性が悪い

    もしかしたら、ただ単に体の相性が悪いのかもしれません。

    体の相性が悪いと楽しむことができず、それが負担となって体に影響が出ることもあります。

    もしもセックスが楽しめていないのであれば、相性が悪い可能性もあります。

  • スポンサーリンク

  • 2.下痢になったときどうしたらいい?

    もしも下痢になってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

    下痢は水分が体から出てしまいますので、しっかりと水分補給をしましょう。

    下痢が続いてしまうと脱水症状が起こってしまいます。

    だからこそ、まずは自宅で水分補給をしながら、次に何をするべきかということを考えておかなければいけません。

    2-1.痛みがおさまるなら様子をみる

    下痢をしているという事は腹痛があるかもしれませんね。

    もしも腹痛が治まったのであれば、自宅で様子をみましょう。

    外出せず、すぐにトイレに行ける状態にしておけばストレスが減りますよ。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.整腸薬を飲む

    整腸剤を飲んでも良いかもしれませんね。

    ただし、もしも妊娠している可能性があるならば整腸剤は避けましょう。

    妊娠0ヶ月の間はうっかり薬を飲んでも赤ちゃんには影響がないと言われていますが、飲まないに越した事はありません。

    いつもは下痢にならない、いつもこの整腸剤で収まる、などというものがあれば、それを使うと良いでしょう。

    2-3.病院に行く

    もしもそれ以外に不安がある、例えば、あまりにも生理痛がひどいため子宮内膜症にかかっているかもしれない、コンドームを使わずにセックスをしたことがあり、性病にかかっているかもしれない、などという不安があるならば産婦人科に行きましょう。

    妊娠している可能性があるならば絶対に病院に行かなければいけませんよ!

  • スポンサーリンク

  • 3.注意したいセックス後の身体の変化

    セックスの後、もしも体にこのような変化が出たらしっかりと考えなければいけません。

    下痢や腹痛もそうですが、セックスの後に体に支障が出るのであれば、どこかに問題が生じている可能性があります。

    ここでは、注意したいセックスの後の体の変化について紹介していきます。

    3-1.出血する

    特に激しいセックスをした後など、膣から出血してしまうことがあります。

    内部で男性器がこすれて出血を引き起こしてしまう可能性もありますし、激しくしすぎて炎症を起こしてしまった可能性もあります。

    この場合は痛みを伴う可能性もありますので、このような痛みが生じたら痛みがなくなるまで次のセックスは控えましょう。

    また、もしも出血が長引くならば産婦人科に行く必要があります。

    3-2.オリモノが増える

    オリモノが増えてしまうこともあるかもしれません。

    女性の体はデリケートであり、ストレスが溜まった時が体調不良の時などもオリモノが増える傾向にありますよね。

    このような場合はオリモノシートを使ったり、清潔な下着に着替えたりして対処しましょう。

    痒みがある場合は性病の可能性もありますので、病院を訪れる必要があります。

    3-3.痛みが長引く

    痛みが長引いているのであれば、なんといっても医者の診断を受けた方が良いでしょう。

    下痢が治まらない、腹痛が長引く、などということであれば病院にいきましょう。

    整腸剤などを飲んでも効果がないのであれば、なおさら医者から薬を処方してもらったほうが確実です。

    3-4.生理痛がひどくなる

    生理痛がひどくなった場合は子宮内膜症にかかっている可能性もあります。

    チョコレート嚢胞などになっている可能性もありますので、恥ずかしがらずに病院に行きましょう。

    これは薬で治ることもありますので、焦らずに対処することが大切です。

    3-5.熱が出る

    万が一熱が出てしまったら、病院に行った方が良いといえます。

    セックスをして熱が出てしまったとなれば、何かしら体に問題がある可能性もありますよね。

    ただし、風邪をひいたときなどはセックスが引き金となって発熱してしまうこともありますので、風邪をひいているならば内科を訪れた方が良いかもしれません。

    4.こんなときのセックスには気をつけて!

    こんなときのセックスには気をつけましょう!

    セックスは確かに愛情表現であり、楽しめるものですが、時期によってはセックス自体がよろしくない場合もあります。

    ここでは、どのようなときのセックスは気をつけなければいけないのか、ということについて紹介していきます。

    4-1.生理中のセックス

    女性にとって生理中のセックスは恐怖かもしれません。

    しかし、男女ともに気にしない、出血も気にならない、という人もいますよね。

    例えば、久しぶりにあってちょうどそれが生理の時期に被っていた、などという場合、どうしても生理中にセックスをしたいと思うこともあるかもしれません。

    しかし、生理中のセックスは感染症を起こす可能性がありますので女性の体に大きな負担があります。

    また、無理にセックスをすれば生理痛が悪化してしまう可能性もあります。

    そのため、生理中は挿入などをせず、女性から男性のオーラルセックス等で済ますことも大切です。

    4-2.妊娠初期のセックス

    先ほども少し述べましたが、妊娠初期のセックスはやめた方が良いでしょう。

    妊娠初期というのは安定期に入る前ということです。

    安定期に入るまでは赤ちゃんの発達が著しく、余計な負担は加えないほうが無難だとされます。

    また、女性の体も敏感になっていますので出血しやすいのです。

    セックスによって子宮が収縮してしまい、赤ちゃんの発達を妨げてしまうことがありますので、妊娠初期はセックスをやめましょう。

    安定期に入ってからは無理しない程度で大丈夫、とも言われていますが、それぞれ女性の体調等によっても違いますので医者に聞くことが大切です。

    4-3.産後のセックス

    産後のセックスも気をつけましょう。

    赤ちゃんが生まれたらやっとこれでセックスできる、と思う人もいるかもしれませんが、女性の体は時間をかけて元に戻りますので、まだ完全に元に戻っていない状態でセックスをしてしまうと体に負担となってしまう可能性があります。

    また、しばらくセックスをしていなければ挿入時に痛みなどが出る可能性もありますので、久しぶりの場合はゆったりとしたセックスを心がけましょう。

    今月のトレンディなお知らせ

    心に刺さる出会いをするなら、
    上場企業が提供する恋愛婚活「with(ウィズ)」

    with(ウィズ) は、あのメンタリストのDaiGoが監修をしているマッチングアプリ。

    性格診断があるため、相性の良い男性ととにかく出会いやすいのが特徴です。

    おすすめポイント

    • 初心者でも安心のチュートリアル完備でとにかく使いやすい!
    • メンタリストDaigo監修の性格診断があるため、相性が良い彼氏が作れる!

    自分と共通点の多い相手を探しやすく、メッセージ交換や実際に会った時も会話も困りません!

    withは話すのが苦手な人でも比較的話しやすく、使いやすいアプリになっています。

    「そろそろ本気で彼氏が欲しい」

    「真面目な恋愛がしたい」

    と考えている女性には特におすすめできるアプリですよ!

    基本料金 3400円/月(女性無料) 
    年齢層20代〜30代前半
    出会いの目的彼女探し / 結婚相手探し 
    会員数170万人以上 
    男女比7:3

    女性は無料ですし、合わない場合はすぐ退会できるので、まずは気軽に利用してみてくださいね。