あなたは大丈夫⁉︎低級霊に取り憑かれた時の症状と3つの対処法!

スピリチュアル

低級霊という表現を知っているでしょうか。

なんだか名前からして縁起が悪そうだ、なんだか取り付かれてしまったら面倒な気がする、などと感じる人もいるのではないでしょうか。

低級霊というのは人間の例であり、3種類いると言われています。

それならば、低級霊とは一体どのようなものなのでしょうか。

そしてもしも表示されてしまった場合、一体どのようなことが起こるのでしょうか。

ここでは低級霊について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

1.低級霊とは

低級霊というのはいわゆる人間の霊であり、誰もが1度は聞いたことがあるものになります。

その名の通り、人間には悪い影響を与える存在であり、憑依されたくないものです。

霊格の低い霊であり、成仏できずに苦しんでいることもあります。

心霊写真に成仏できない霊が映ったと感じた人もいるかもしれません。

低級霊はスピリチュアリズムにも悪い影響を与える傾向があり、関わってしまうととても厄介なのです。

ここではそんな低級霊を3種類紹介します。

1-1.低級霊は人間の霊!3種類の低級霊を紹介

低級霊というのは成仏できないものであり、つまりもともと人間だった存在になります。

思い残したことがある、誰かに対して強い恨みがある、などという理由で成仏できないことが大きく、道端にゴロゴロいるとも言われています。

そしてこのような低級霊と波長が合えば、頭痛がする、めまいがする、などという症状が出てきてしまうこともあります。

1-1-1.浮遊霊

浮遊霊は低級霊の1つです。

自分が神だということを理解できなかったり、自分が死んだということを受け入れられなかったりして現世をさまよっている霊であり、肉体から離れて浮遊知っている魂全体を指しています。

この表現は1926年出身のドキュメンタリー作家、潜在能力研究科、そして超常現象の研究日でもある中岡俊哉が作り上げた表現です。

簡単に言えば天国に行けずにこの世を彷徨続けている存在であり、交通事故などで突然死んでしまった場合、自分の死を受け入れられない状態にあると言われています。

1-1-2.地縛霊

地縛霊というのは自分が死んだことを受け入れられずに、どうした時にいた土地や建物から離れられない霊を指しています。

あるいは、その土地に特別な理由があってそこから離れられないこともあるでしょう。

最近ではこの表現は国語辞典にも掲載されており、浮遊霊同じく心霊研究家である中岡俊哉が作り上げた表現です。

戦争や交通事故、災害などで突発的に死んでしまった人は自分が神だということを受け入れられない傾向にあり、あるいは誰かに対して憎しみの感情を持って死んだ人たちも同様です。

そのような人たちが死んだという自覚を持つまで、地縛霊として一定にとどまると言われているのです。

1-1-3.不成仏霊

不成仏霊というのはその名の通り、成仏できない状態の霊を指しています。

この世に未練があり、成仏できない状態を指しており、成仏できないからこそ自分の気持ちをわかってくれる人、つまり霊感がある人に近づいていく傾向があります。

一般的に、魂は死んでから四十九日いないはこの世にいるとも言われていますが、不成仏霊はこの期間が過ぎてもこの世への未練が断ち切れず、成仏できないとされています。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.低級霊の特徴を解説!

    ここでは、低級霊の特徴を紹介していきます。低級霊といってもよくわからない、という人もいるのではないでしょうか。

    また、未練を残して死んだ人が外とどのように違うのかと不思議に思う人もいるでしょう。

    ここでは低級霊の特徴を紹介していきます。

    1-2-1.「助けてほしい」という思いを持っている

    低級霊たちは人間に対し、助けて欲しいという意識を持っています。

    自分たちが死んでからも成仏できない、この世に未練がある、ということで助けて欲しいという意識を持っているのです。

    自分たちは成仏していないけれど成仏したい、自分たちの苦しみをわかってほしい、と思っている傾向があり、だからこそ霊感がある人に近づいていこうとします。

    未練などのエネルギーを発している存在だからこそ、助けて欲しいと誰かに近づいた場合、その近づかれた人が幸せになるわけではありません。

    1-2-2.悪意を持って人間を騙す低級霊も存在する

    成仏できていない低級霊は悪意を持って人間に近づくこともあります。

    助けて欲しいという意識だけではなく、その人間を苦しめたいなどという怨念を持って近づいてくることもあるため、人間を騙そうとする定休でも存在します。

    特に霊媒体質の人であれば、このような悪意を感じ取って頭痛がするなどということもあるかもしれません。

    人間を騙そうとする低級霊は質が悪いですので、気をつけなければいけません。

    1-3.低級霊と高級霊の違いは?

    低級霊と高級霊はどのように違うのでしょうか。

    霊媒体質の人の場合、霊界に交信しながら様々な霊と変わることがありますが、スキルにもよりますが低級霊には気をつけなければいけません。

    まず、低級霊は本的によく命令してくると言われています。

    「ああしなさい」「こうしなさい」と指示してくれるのは高級霊ではありません。

    高級霊は具体的な指示を出すのではなく、考えさせて行動させるということをします。

    そのため、具体的に指示してくるのであればそれは低級霊だといえます。

    また、信仰心を利用しようとするのも低級霊だと言われます。

    誰かに救って欲しい、救われたい、と考えている人間に対して絶望感を押し付けるのは低級霊だと言われます。

  • スポンサーリンク

  • 2.低級霊に取り憑かれると起こる3つの症状

    もしも低級霊にとりつかれてしまった場合、一体どのようなことが起こるのでしょうか。

    もしも悪い子に憑依されてしまった時、体に何かしらの特徴が出てくることがあります。

    ここでは低級霊にとりつかれた場合、どのような身体的影響が出るのか紹介していきます。

    2-1.ひどい頭痛や肩こりに悩まされる

    もしも低級霊に憑依されてしまった場合、ひどい頭痛や肩こりに悩まされると言われています。

    共同墓地など、霊が多く存在する場所に霊媒体質の人が行くと、頭痛や肩こりがすると言われているのです。

    何かが取り付いてしまった場合、真っ先に頭や形に影響が行きます。

    そのため、なんだか頭痛や肩こりがひどいと思ったら、もしかしたら低級霊に憑依されているのかもしれません。

    ちなみに、低級霊に憑依されたとしても吐き気が起こる事はないと言われています。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.悪夢をよく見るようになる

    もしも悪夢をよく見るようになったら、低級霊にとりつかれている可能性があります。

    なんだか悪い夢を見る、夢見が悪くてよく眠れない、という状態が起こったら、もしかしたら低級霊に近付かれているのかもしれません。

    もしも悪い夢に悩んでいたら、何か対処する必要があるかもしれませんね。

    2-3.疲れが取れない

    疲れが取れないというのも低級霊に憑依されたときの特徴です。

    低級霊に憑依されてしまうと、よく眠れないという状態が生じ、それによって疲れが取れないということになってしまいます。

    頭痛や肩こりによって眠れなくなり、そこで疲れが取れないということもあるでしょう。

    しっかり寝ようと思っても眠れない、疲れが取れない、朝起きられない、という状態が起こったら、もしかしたら低級霊に憑依されているのかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 3.低級霊に取り憑かれた時には5つの対処法を試そう

    まとめもしも低級霊に取り憑かれてしまったら、一体どうすれば良いのでしょうか。

    頭痛や肩こりがひどい、悪い夢をよく見る、疲れが取れない、などという症状が起こり、自分は霊媒体質であるなどということであれば、もしかしたら低級霊に取り憑かれてしまっている可能性があります。

    ここでは、そのような時にやるべき5つの対処法を紹介していきます。

    3-1.お守りを持つ

    まずお守りを持ちましょう。

    神社仏閣に行って自分を守ってくれるお守りを購入することが大切です。

    家内安全などのお守りでも良いですし、干支に応じたお守りを購入しても良いでしょう。

    お守りを肌身離さず持つことできっちり守ってもらえます。

    これによって低級霊はあなたから慣れていってくれます。

  • スポンサーリンク

  • 3-2.お祓いを受ける

    お祓いを受けても良いかもしれません。

    どうしても低級霊が気になる、最近体が疲れてなかなか眠れない、などということであれば、神社にお願いしてお祓いをしてもらいましょう。

    お祓いをしてもらうことによって気持ちも楽になりますし、相談することもできますので悩みを聞いてもらうことも可能です。

    3-3.霊能力者の助言を受ける

    霊能力者の助言を受けることも大切です。

    世の中には本物の霊能力者もいますので、そのような人に相談してみましょう。

    ただし、霊能力者の中には偽物もおり、「前世が」「祖先が」などとマニュアル通りのことを言ってくる人もいます。

    そのような人は偽物の霊能者の可能性がありますので気をつけましょう。

    本物の霊能者であればしっかりと悩みを聞いてくれ、質問に答えてくれます。

    3-4.低級霊を無視し続ける

    低級霊を無視し続けることも大切です。

    確かに、低級霊に憑依されてしまって頭痛や肩こりなどが起これば、疲れてしまいますよね。

    しかし、だからといってその頭痛や肩こりを意識し続けてしまうと、それは低級霊の思うツボになります。

    自分に低級霊が取り付いているかもしれないという感覚こそが低級霊を喜ばせてしまうため、そのような感覚を持たないようにしましょう。

    むしろ低級霊の存在などは意識しないことが大切です。

    3-5.占いを受ける

    占いをしてもらっても良いかもしれません。

    占いなんて信じないと感じる人もいるかもしれませんが、実は本物の霊能力者が占いをしていることも多く、自分の悩みを聞いてもらっている人も珍しくないのです。

    最近はインターネットで占ってもらうこともできますので、そのようなサイトを利用しても良いかもしれません。

    3-5-1.「LINE占い」なら家にいながら占いが受けられる

    LINE占いを使うと、家にいながら占いが受けられます。

    LINEは誰でも利用するSNSになりましたね。

    このLINE占いを利用することで、本格的な占いを受けることも可能なのです。

    特に初回の10分は無料で相談できますので、この10分を利用して相談し、それから課金するかどうか決めても良いかもしれません。

    家で相談できますので、誰かに悩みを聞かれるかもしれないなどという心配もいりません。

    4.低級霊に取り憑かれやすい人の性格3選

    ここでは、低級霊に取り憑かれやすい人の性格を紹介します。

    実は、低級霊に取り憑かれる人の中にはいつも取り付かれる人もいますし、めったに取り憑かれないと思います。それはどのように違うのでしょうか。

    ここでは取り憑かれやすい人の性格を紹介していきます。

    4-1.お人好し

    なんといってもお人好しの性格は要注意です。周りに対してダメだと言えない、自分のはっきりとした意見が言えない、などという人は低級霊に好かれてしまう可能性があります。

    ダメだと言えない、誰に対してもいい顔してしまう、という態度は低級霊に対しても同じなのです。

    自分のことを拒絶していないと感じるからこそ、低級霊はお人好しの人に近づきます。

    4-2.ネガティブ

    ネガティブな人も低級霊に憑依されやすいと言われています。「私なんて」「僕なんて」と考えてしまう人は低級霊にとっても格好の餌食だと言えるでしょう。

    そのようなネガティブな考え方が低級霊に利用されてしまう可能性がありますので、ネガティブな考え方を持ちやすい人は要注意です。

    4-3.依存しやすい

    依存しやすい人も注意が必要です。

    誰かに依存しやすいという人、例えば恋人に依存しやすい、あるいは恋をしている状態やスマホに依存しやすい、などという人も気をつけましょう。

    その依存するという気持ちが低級霊に喜ばれてしまうきっかけになります。

    5.低級霊に取り憑かれやすい職業3選

    もしも低級霊に憑依されてしまった場合、もしかしたらあなたの職業が喜ばれてしまっているのかもしれません。

    ここでは低級霊に表示されやすい職業を3つ紹介します。

    5-1.タロット占いをしている人

    タロット占いは低級霊に憑依されやすいと言われています。

    タロットは古代エジプトや古代ユダヤから来たものだと言われていますが、学問的な根拠は存在せず、発症は不明のままです。

    現存する最古のタロットは15世紀半ば、北イタリアで製造されたものだと言われており、その歴史はかなり古いと言われています。

    このタロット占いを見ている人は低級霊に好かれやすいと言われています。

    5-2.スピリチュアル関係の仕事をしている人

    スピリチュアル関係の仕事をしている人も低級霊に憑依されやすいです。

    スピリチュアルというのは1種の超能力だとも言われており、透視やサイコメトラーなどを含んでいます。

    これらを仕事としている人も低級霊に憑依されやすいです。

    5-3.水商売、風俗などで働いている人

    水商売や風俗で働いている人も低級霊に憑依されやすいと言われています。

    もしもキャバクラなどで働いているならば、低級霊には気をつけましょう。

    6.低級霊に取り憑かれないための3つの予防方法

    低級霊に表示されないために何をしたら良いのでしょうか。

    低級霊が近づいてきた時、それ以上地下疲れないようにするため、ここでは予防方法を紹介していきます。

    6-1.部屋の空気を定期的に入れ替える

    部屋の空気を定期的に入れ替えることも大切です。

    特に日当たりが悪い部屋でカーテンを締め切っていたりすると、そこに悪い空気が入ってしまいますので定期的に空気を入れ替え、太陽の光を入れましょう。

    6-2.ポジティブに過ごす

    ポジティブに過ごすことも大切です。

    特にいつもネガティブになりがちだという人はポジティブになりましょう。

    前向きに考えることで、低級霊が憑依しないようにできます。

    6-3.規則正しい生活を送る

    正しい生活をすることも大切です。

    どれだけ忙しくても、昼過ぎまで寝ている、頻繁に朝帰りをする、などという生活習慣は直さなければいけません。

    規則正しい生活をすることで低級霊は離れていきます。

    7.対処法を試しても低級霊が離れないなら「LINE占い」で相談しよう

    もしもこれらの対処法を試しても低級霊が離れないならば、本格的にLINE占いを利用しましょう。

    アプリでダウンロードできますので、誰でも今すぐ始められます!

    7-1.「LINE占い」なら家にいながら手軽に相談ができる

    LINE占いなら、インターネットですから手軽に相談ができます。

    外出の必要がないため時間の無駄が省けますし、誰かに悩みを聞かれてしまうかもしれないなどという不安もありません。

    7-2.「LINE占い」で初回10分間無料のお試し診断をしてみよう!

    先ほども少し述べましたが、LINE占いであれば初回の10分間は無料で利用できます。

    10分間無料で占ってもらい、それから課金するかどうか決めても良いかもしれませんね。

    10分間、ぜひ有意義に利用してください!