フリーセックスの意味とは?日本と海外の違いと実践方法を徹底紹介!

恋愛

フリーセックスという表現を聞いたことがあるでしょうか。

なんだか聞こえが悪いと感じる人もいるかもしれません。

実は、フリーセックスという言葉にはいろいろな意味があり、特に日本と海外では大きく意味が異なります。

日本では何となくよろしくない言葉であるかのように感じる人もいるかもしれませんが、海外では普通に受け入れる人も多いのです。

ここでは海外や日本におけるフリーセックスという言葉の意味と、フリーセックスを楽しむためのポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.フリーセックスの意味は日本と海外で違う

先ほども述べた通り、フリーセックスというのは日本と海外で意味が異なります。

日本語で「フリーセックス」と聞くと、なんだか安っぽいような、誰とでもセックスをするようなイメージを持つ人もいるかもしれません。

ここでは詳しくその違いを紹介していきますね!

1-1.海外でのフリーセックスの意味

海外においてフリーセックスというのは型にとらわれず、性別から解放されてセックスをするということを指しています。

一般的にセックスというのは男性が主導で女性は受け身、と考えている人もいるのではないでしょうか。

自分から男性にどのようなセックスがしたいか言えない、そもそもセックスがしたいということさえ言えない、どうしても男性から誘われるのを待ってしまう、などという人もいるでしょう。

しかし、もしかしたら女性の方が攻めたい時もあるかもしれません。

女性にも「こんなセックスがしたい」という希望がありますよね。

男性同士でもセックスできますし、女性同士でもセックスできます。このように性別にとらわれず、そこから解放されてセックスすることを海外ではフリーセックスというのです。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.日本でのフリーセックスの意味

    日本におけるフリーセックスは意味が大きく異なります。

    性別からの解放という意味ではなく、むしろ誰とでもセックスをするという意味が強くなってしまいます。

    誰とでも体の付き合いを持ってしまう、彼女や彼氏にはできない人、などというイメージが強いのではないでしょうか。

    最近は海外におけるフリーセックスという言葉も日本に入りつつありますが、なんとなく誰とでもセックスをしそうだというイメージから、日本においては誤解されてしまうこともあります。

    そのため、フリーセックスという言葉を会話で使うときにはどちらの意味を指しているのか、誤解のないようにはっきりさせておかなければいけません。

    2. フリーセックスを楽しむ人が心がけるべき7つのポイント

    もしもフリーセックスを楽しみたいと思うなら、一体どのような風にセックスをしたら良いのでしょうか。

    確かに、性別から解き放たれて男性を攻めてみたいと思う女性もいるかもしれません。女性から攻められたいと思う男性もいるのではないでしょうか。

    しかし、だからといって簡単にパートナーを見つければ良いというわけではありません。

    ここではフリーセックスを楽しみたいと考えている人が気をつけるべき7つのポイントを紹介していきます。。

  • スポンサーリンク

  • 特徴1.パートナーがいる人とはセックスしない

    まずは、パートナーがいる人とはセックスしないようにしましょう。

    仮にその相手がフリーセックスに問題ないと感じていたとしても、そのパートナーがなんと思うかはわかりません。

    もしもその人がパートナーとしっかり話し合った上でフリーセックスをしても問題ないと思っているならばそれでも良いですが、もしかしたらしっかり話し合いがなされておらず、逆にその人とパートナーとの関係を壊してしまう可能性もゼロではありません。

    そのため、パートナーがいる人とは基本的にはセックスをしないと思っておかなければいけません。

    特徴2.特定のパートナーを持っていない

    フリーセックスを楽しみたいと思うなら、自分にも特定のパートナーを持たないことがポイントです。

    自分にパートナーを持ってしまえば、仮に話し合った結果フリーセックスを楽しむということにしていても、どこかしらで感情的な問題が出てきてしまったり、妥協できなくなってしまったり、ということになりかねません。

    フリーセックスというのは自由にセックスを楽しむという訳ですので、特定のパートナーを持ってしまうとフリーセックスに支障が出てしまうこともあります。

    逆にパートナーとの関係に影響が及んでしまうこともあるでしょう。

    そのため、特定のパートナーを持たないことも大切です。

    中には特定のパートナーを持った上でフリーセックスを楽しむ人もいますが、なかなか難しいということを覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 特徴3.恋愛感情を持たない

    フリーセックスをするときには恋愛感情を持たないことも大切です。

    セックスをすると、どうしても相手のことに感情移入してしまうことがありますよね。

    例えば、キスをすると心を奪われるなどと言われることがありますが、キスをしたりセックスをしたりすることによって相手のことが好きになってしまったというケースも珍しくないのです。

    しかし、フリーセックスというのはあくまでも性別から解放されてセックスを楽しむというものですから、気持ちまで込めはいけません。

    そのため、あくまでもフリーセックスを楽しむと割り切り、恋愛感情を持たないことがポイントなのです。

    特徴4.周りに流されない

    周りに流されないことも大切です。もしもフリーセックスをしているということが誰かに知られた場合、誤解を持たれてしまうこともあるでしょう。

    偏見を持たれてしまうこともあるかもしれません。

    しかし、そこで「フリーセックスはやっぱりいけないんだ」などと思ってしまえば、ますますあなたへの偏見が増してしまいます。

    周りに流されず、自分はフリーセックスを楽しみたいと考えておくことも大切です。

    周りの意見に流されず、自分の意見をはっきりとさせておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 特徴5.相手をしっかり選ぶ

    フリーセックスを楽しみたいと思うなら、相手をしっかり選ぶことも大切です。

    相手と自分が同じような感覚で楽しめなければ、トラブルのもとになる可能性があるからです。

    自分はただフリーセックスを楽しむつもりでセックスしているにもかかわらず、相手が自分に恋愛感情を持ってしまったなどということになればトラブルになってしまいますよね。

    そのため、もしもフリーセックスを楽しみたいと思うならば同じ考え方を持った人をしっかりと吟味する必要があります。

    特徴6.セックスを純粋に楽しむ

    セックスを純粋に楽しみましょう。

    セックス以外に目的があるならば、フリーセックスをする権利はありません。

    ただ単に興味があるからなどという動機ではなく、フリーセックスを楽しむ、自分の性別的な役割から解放されてセックスをしてみたい、などという人がフリーセックスを楽しめるのです。

    また、お金等が絡んだ場合も注意が必要です。

  • スポンサーリンク

  • 特徴7.避妊に対する認識をしっかり持つ

    フリーセックスというのは自由なセックスになりますので、避妊に対する認識をしっかりと持たなければいけません。

    そもそも妊娠を防ぐために、男性も女性も避妊に対して知識をつけておく必要があります。

    特に女性は自分の体を守るためにも避妊に対してしっかりと知っておかなければいけません。

    男性も「生の方が良い」などと言わず、避妊する協力的な姿勢を見せましょう。

    フリーセックスは避妊が絶対不可欠です。

    3.フリーセックス相手を見つけるときに効果的な4つのテクニック

    もしも性別の役割から解放されてセックスをしたいと思うなら、相手をどのように見つけたら良いのでしょうか。

    ただ単にフリーセックスができる相手を見つけたいと思っても、そもそもそのような人が身近にいるとは限りません。

    特に日本国内においてはフリーセックスという言葉に違和感を持つ人が多いため、そのような仲間を探そうと思えば誤解されてしまう可能性もあります。

    ここではフリーセックスの相手を見つけるために効果的なテクニックを紹介します。

    誤解されないように、パートナーを見つけましょう。

    テクニック1.SNSで探す

    SNSで探しても良いですね。

    例えばTwitterならば#を使うことでフリーセックスに関心を持っている相手を探すことができます。

    また、Twitterは「友達」などではなくても相手の投稿が見られますので、どのような人なのかも分かります。

    もしもSNSで同じくフリーセックスなどに関心を持っている人がいたら、コンタクトを取ってみると良いかもしれません。

    ただし、SNSでは「フリーセックスに関心を持っているふり」をしているなどという人もいますので、騙されないように気をつけましょう。

    テクニック2.コミュニティで見つける

    コミュニティーで見つけても良いかもしれません。

    インターネット上でパートナーを探すのは怖い、不安がある、などということであれば、コミュニティーを使って効果的にフリーセックスの相手を見つけましょう。

    ここであれば必ず関心のある人が集まりますので、安心して参加できます。

    2-2-1.フリーセックスクラブ

    フリーセックスクラブを利用しても良いですね。

    これはパートナーをシェアするという発想でセックスを楽しもうとする会員制のクラブになります。

    会員制ですから個人情報なども守られますし、他の人に自分の存在や情報が漏らされてしまうなどということもありません。

    もちろんあなたも他の人の個人情報を守る義務があります。

    ここに参加している人たちはセックスが楽しめる人たちですので、もしもフリーセックスを楽しみたいと思うならば、ここに連絡してみると良いかもしれません。

    18歳以上ならば参加できます。

    2-2-2.セクフレ

    セクフレというのはセックスフレンドを指しており、「セフレ」と言われることもあります。

    このような人が集まるコミュニティーを使うと、効率的にセックスフレンドが見つかりますよ。

    日常的には、たとえ良いと思う人や実際に関心がある人を見つけたとしても、「関心はあっても実際にやるのは怖い」などと思う人も多く、なかなか相手が見つかりません。

    しかし、コミュニティ ーを使うことで「良い人を見つけたけれど断られた」などというプロセスを飛ばすことができます。

    テクニック3.相席ラウンジを利用する

    相席ラウンジを利用しても良いかもしれません。

    相席ラウンジで恋人を探そうという人もいますし、実際にフリーセックスを楽しむためのパートナーを探そうという人もいます。

    セックスフレンドを探している人もいますので、参加してみましょう。

    相席ラウンジではイベントがなされていることもありますから、1人でも心配いりません。

    そのような人も溶け込みやすいような雰囲気に工夫されています。

    テクニック4.マッチングアプリを使う

    マッチングアプリを使っても良いですね。

    マッチングアプリなんて出会い系なのでは、と思う人もいるかもしれませんが、最近はマッチングアプリで誠実な恋人を見つけたという人も多く、多くの人に愛されています。

    現代社会は忙しく、なかなか出会いがないと嘆く人も珍しくありません。

    また、フリーセックスのように一般とは違った考え方を持っている人はなかなか溶け込みにくい社会ですから、そのような人たちがマッチングアプリを使ってパートナーを見つけ、ストレスを発散させているともいえます。

    4.フリーセックスをする時に知らないと損する3つの注意点

    フリーセックスをするときには知っておかなければいけないことがあります。

    確かに、フリーセックスはレジャーのように愛されるものではありますが、だからといって何も知らなくても良いというわけではありません。

    パートナーとセックスをすることとも違いますし、ましてや結婚している配偶者とセックスをすることとも訳が違うのです。

    そのため、フリーセックスだからこそ知っておかなければならないことをチェックしておきましょう。

    注意点1.慎重に相手を選ぶ

    まずはなんといっても慎重に相手を選びましょう。

    確かにパートナーや結婚相手なども慎重に選ぶものですが、フリーセックスは相手を慎重に選ばなければいけません。

    利用されてもいけませんし、同じ考え方を持っている相手を探す必要があります。

    同じ感覚を持っていて同じようにセックスが楽しめる人でなければ、後でトラブルになってしまう可能性もあります。

    そのため、例えば「お持ち帰り」のような感覚でセックスをするのではなく、しっかりお互いのことを知った上でセックスをすることが大切です。

    一夜だけの関係などはフリーセックスとは言いません。

    注意点2.確実に避妊する

    確実に避妊することも大切です。

    パートナーであれば「妊娠したら結婚すればいい」などと思うケースもあるでしょう。

    しかし、フリーセックスならば妊娠は絶対に避けなければいけません。

    妊娠したら相手にも迷惑をかけてしまう可能性がありますし、自分も大変なことになります。

    女性のみならず男性も避妊にはしっかりと協力することが大切です。

    特に女性は自分の体ですから、ピルなどを処方してもらって確実に避妊しなければいけません。

    注意点3.性病対策をしっかりする

    性病対策もしっかりしておきましょう。

    フリーセックスをするときには自分が性病にかかっていないということを医者に診てもらい、かかっていない状態でフリーセックスに臨む必要があります。

    これは男性と女性に両方が言えることで、お互いに性病にかかっていないということを確認しておきましょう。

    これが相手のマナーです。

    5.「フリーセックスの発祥地」スウェーデンでのセックスの5つの特徴

    フリーセックスという言葉はスウェーデンで生まれたと言われています。

    そして、スウェーデンにはセックスの特徴があります。

    日本人のセックスとは少し異なるとも言われていますので、どのように違うのか知識として知っておきましょう。

    フリーセックスを楽しみたいと思っている人の中にはこのようなセックスを楽しみたいと願っている人もいますので、知っておくと良いですね。

    特徴1.女性から男性へのアプローチが積極的

    フリーセックスが生まれたと言われるスウェーデンでは、女性から男性へのアプローチが積極的です。

    日本では男性が女性にアプローチをしなければならないという雰囲気がありますので、女性からアプローチできるなんてうらやましい、と思う人もいるのではないでしょうか。

    女性の方がどちらかというと能動的、男性の方が受動的ということもありますよね。

    これがスウェーデンのセックスの特徴です。

    もちろん全員がそうというわけではありませんが、女性がアプローチしても問題のない社会になっています。

    特徴2.生涯性生活が高い

    性生活を楽しむ人が多いと言われています。

    例えば日本人の夫婦の場合、40代や50代になると当たり前のようにセックスレスになり、体の関係はなくなるものです。

    しかしスウェーデンの場合はセックスというのはコミュニケーションだと捉えられており、歳をとってもセックスを楽しむ人が多いのです。

    それは悪いことではありません。むしろ夫婦のコミュニケーションがしっかりとしているということで好ましいといえます。

    特徴3.時間をかけたセックスを好む

    スウェーデンでは時間をかけたセックスが好まれています。

    確かに、日本では男性が射精したら終わり、30分もあればセックスできる、男性がアプローチするから女性がしっかり濡れていなくても男性が強引に推し進めてしまう、などということもありますよね。

    そのような事はなく、女性と男性はお互いに時間をかけ、気持ちを高め合っていく傾向にあります。

    特徴4.身体の相性を大切にする

    体の相性を大切にするのもスウェーデンの特徴です。

    というのは、お互いがセックスをするにしてもどのようなセックスが良いかという好みは人によって違います。

    つまり、好みが合わなければ体の相性が良くないということになります。

    そのため、スウェーデンでは好みが合うパートナーをしっかりと探しますし、だからこそセックスが楽しめるようになっているのです。

    特徴5.初体験が早い

    スウェーデンは初体験の年齢が低いという事でも知られています。

    例えば、日本では中学生や高校生で初体験があるとなんとなく「早い」と思われてしまいますよね。

    しかし、スウェーデンでは10代での初体験は当たり前だと言われています。

    もちろん、その背景には避妊という性教育がしっかりとしているとも言えます。

    6.現代のフリーセックスの国「フィンランド」を紹介!

    ここではフリーセックスを楽しむ国であるフィンランドを紹介していきます。

    フィンランドと言えば航空会社でも有名ですが、ムーミンなどで親しみがあるという人もいるかもしれません。

    6-1.フィンランドでサウナに入る際はセックスされるので要注意

    フィンランドはとても寒い国ですから、温泉やサウナが親しまれています。

    暑いサウナに入り、そのまま冷たい雪の中に出ていて体を冷やし、またサウナに戻る、などという楽しみ方もあり、フィンランドに行ったらその国でのサウナに入ってみたいと感じる人もいるのではないでしょうか。

    しかし、セックスに対するハードルが低い国だからこそ、フィンランドでサウナに入るとセックスに誘われる可能性もあります。

    よく覚えておきましょう。もちろん断って構いません。

    7.フリーセックスの教団「ラエリアンムーブメント」とは

    ラエリアンムーブメントという言葉を知っているでしょうか。

    これはフランス人のモーター系スポーツジャーナリストが作り出した宗教です。

    ここではこの宗教について紹介していきます。

    7-1.ラエリアンムーブメントってどんな宗教?

    ラエリアンムーブメントというのはスイスのジュネーブに本部を持つ宗教です。

    人類の創設者と言われるロゴ、エロヒムがエンブレムになっています。

    創設者がフランス中部で異星人であるエロヒムに遭遇し、そこから人類に対するメッセージを受け取ったということでそのメッセージを広げるためにこの宗教を作り上げました。

    聖書において「エロヒム」は「神」と訳されていますが、ラエリアンムーブメントにおいては「天空からやってきた人々」と訳されます。

    7-2.ラエリアンムーブメントの目的

    ラエリアンムーブメントというのはこの異星人であるエロヒムのメッセージを真実だと認識し、これを人類に普及させるために作られた宗教団体です。

    地球人は科学的に作られたという考えであり、これに基づいて異星人たちを受け入れるように準備するのが目的になっています。

    世界の104カ国、7万人の会員から成り立っています。

    7-3.ラエリアンムーブメントの創始者

    ラエリアンムーブメントはフランスのモータースポーツのジャーナリスト、クロード・モーリス・マルセル・ヴォリロンが創設しました。

    1946年生まれで、今も存命中です。

    7-4.ラエリアンムーブメントの日本での活動

    この宗教は日本でも活動しており、神から受け取ったメッセージを人々に知らせるために活躍しています。

    神から受け取ったメッセージはイエス・キリストやブッダなどに送られましたが、この宗教においては最後の預言者であるラエルにそのメッセージが送られたと考えられており、人々はそれに従っていかなければいけないと考えられています。

    https://www.raelianjapan.jp

    8.まとめ

    フリーセックスという考え方は日本ではまだそこまで普及していませんので、この言葉を使うときには気をつけましょう。

    誰かとフリーセックスについて話をしていたとしても、もしかしたらどこかで誤解が生じているかもしれません。

    自分がどのような振りセックスのイメージを持っているのかしっかりと相手に話し、理解しあった上でフリーセックスに臨みましょう。

    自分の欲望を解放する、貴重な時間になると良いですね。