朝のめまいや吐き気はストレスが原因?すぐにできる6つの対処法

健康

朝起きるとめまいがする、吐き気がする、という人はいませんか?

現代人はストレスが多いと言われていますが、疲れている、体調が悪い、などという時にすっきり起きられないこともあるかもしれません。

それはいったいなぜなのでしょうか。

ここでは、すっきり起きられない、朝起きたときに吐き気がする、などという症状の理由や対処法を紹介します。

ただし、これはあくまでも目安ですので症状があまりにもひどいという場合は必ず病院に行ってください。

特に病気等が関わっている場合、早期発見が大切ですよ!

スポンサーリンク

1.朝のめまいや吐き気に効果的!すぐにできる6つの対処法

朝、めまいや吐き気がすごいと思ったら一体どうすれば良いのでしょうか。

朝起きたときにすっきりしない、めまいがしてまっすぐ歩けない、吐き気がすごい、と感じた場合、まずやるべきことがあります。

対処法1.横向きに寝る

まず、横向きに寝てみましょう。

仰向けに寝ていると、その姿勢から吐き気がするということもあるかもしれません。

口を開けて寝ているとどうしても口の中が乾燥してしまい、それによって気持ち悪いという感情を持つこともあります。

そのため、普段から横向きに寝ることで口が開くのを防ぎ、乾燥を抑制してくれます。

  • スポンサーリンク

  • 対処法2.窓を開けて空気を入れ換える

    窓を開けて空気を入れ替えましょう。

    もしも寝室の窓をめったに開けないということであれば、それが原因で気分が良くないのかもしれません。

    太陽の光が入らない部屋で窓を閉め切っていれば、空気がよどんでいる可能性もありますので、空気を入れ替えてスッキリしましょう。

    対処法3.背中をさすってもらう

    もしも朝めまいがする、吐き気がする、ということであれば、背中をさすってもらいましょう。

    背中をさすってもらうことで吐き気が収まることもあります。

    特に前日の夜に何かを食べ過ぎたなどという場合、消化に支障が出ているのかもしれません。

    自分では届きませんので、家族の誰かにさすってもらってください。

  • スポンサーリンク

  • 対処法4.冷たい水を飲む

    冷たい水を飲むことも大切です。冷たい水を飲むことで、乾燥している喉がすっきりするケースもあります。

    特に口の中が乾燥していて気分が悪いという場合、冷たい水を飲むことでスッキリできることも珍しくありません。

    冷たすぎる水にする必要はありません。

    対処法5.薬を飲む

    気分が良くない場合は薬を飲むことも大切です。

    もしも前日にお酒を飲んだ、食べ過ぎた、などということがあれば胃薬を飲んでも良いですね。

    胃薬には胃腸のむかつき等を抑えてくれる効果もありますので、胃薬をぜひ摂取してみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 対処法6.リラックスをする

    何かストレスはたまっていませんか?

    ストレスが溜まっていると、夜もしっかり眠れず、疲れが取れないこともあります。

    それによってめまいがする、吐き気がする、などという場合はリラックスをしてみると気分が良くなるかもしれません。

    リラックスをするには様々な方法がありますが、以下の方法を試してみても良いですね。

    リラックス法①.アロマを焚く

    アロマを焚いてみましょう。

    アロマにはリラックス効果があると言われています。

    アロマには鎮静効果があり、心に解放をもたらすとも言われています。

    特にストレスを解消してリラックスをしたいと思うなら、ローズウッドやイランイランがお勧めです。

    もしも気分が沈んでいて明るく痛いと思うなら、ジャスミンやレモン、グレープフルーツやベルガモットの香りがお勧めです。

    イライラした気分を解消したいと思うなら、レモンバームやカモミールをどうしてみましょう。

    悩みを忘れて楽しい気分になりたいのであれば、サンダルウッドやゼラニウムがお勧めです。

    リラックス法②.心を安らげる音楽を聴く

    リラックスするためには心を和らげる音楽を聴くことも大切です。

    ストレスが溜まっているときにロックやラップなどを聞くと、ますます疲れてしまうこともありますので、落ち着いたクラシックなどを聞いてもいいかもしれませんね。

    2.【症状別】寝起きの朝に吐き気がする原因と対策

    寝起きの朝、吐き気がするのであればどのような原因が考えられるのでしょうか。

    ここでは、それぞれの原因と対策を紹介します。

    繰り返しますが、対策を紹介してはいますがあまりにも酷い場合は必ず医者に相談してください。

  • スポンサーリンク

  • 「めまい」を伴う吐き気

    めまいを伴う吐き気は厄介ですね。

    めまいをすることによって吐き気がするケースもあります。

    めまいがすると重心が定まらず、まるで乗り物酔いを起こしているような感覚になるかもしれません。

    良性発作性頭位めまい症

    めまいを伴う吐き気の場合、良性発作性頭位めまい症かもしれません。

    原因.長時間同じ姿勢でいること

    この原因は、長時間同じ姿勢でいることが原因です。

    全然寝返りを打たない、寝ているときにはほとんど動かないという場合、このめまいを伴う吐き気を引き起こすことがあります。

    もしもこの症状が出ていて自分はほとんど寝返りを打たない、寝ているときに動かない、などということであれば、この症状が出ているかもしれません。

    対策.寝返りをうてる睡眠環境を整える

    この症状に悩んだら、寝返りを打てる睡眠環境を整えましょう。

    例えばベッドが狭すぎてそもそも寝返りも打てる状態ではない、などということもあるかもしれません。

    パートナーと寝ている場合など、パートナーがスペースをとってしまって動けないということもあるかもしれないですね。

    その場合、別々のベッドで寝る、新しく大きなベッドを購入するなどという対策が必要かもしれません。

    「下痢」を伴う吐き気

    下痢を伴う吐き気にも注意が必要です。

    もしも下痢をした場合、胃腸に問題があるかもしれません。

    原因.感染性胃腸ウイルスの感染

    下痢を伴う吐き気が起こったら、感染症胃腸ウィルスの農政があります。

    文字通り、胃腸にウイルス感染したというものであり、何か食べた物に原因があるのかもしれません。

    対策.水分と消化しやすい食事をとる

    もしも感染症胃腸炎ウィルスに感染した可能性があるならば、水分と消化しやすい食事をとるようにしましょう。

    水分補給を忘れないようにする必要があります。

    また、消化しにくい食べ物ではなく、野菜やスープなど胃腸に優しい食べ物を食べましょう。

  • スポンサーリンク

  • 「喉」の奥の気持ち悪さを伴う吐き気

    喉の奥が気持ち悪いという感覚を伴って吐き気があるならば、もしかしたら他に原因があるかもしれません。

    喉の奥が気持ち悪いと感じたら注意が必要です。

    風邪をひいているわけではないのに喉の奥に違和感がある場合、もしかしたら食生活などに問題があるのかもしれません。

    逆流性食道炎

    喉の奥に気持ち悪さがあり、それに吐き気を伴って違和感がある場合、それは逆流性食道炎になっているのかもしれません。

    食道が炎症を引き起こしているということです。

    もしもその位置に違和感がある、そして気分が悪い、ということであれば、この症状を疑ってみると良いかもしれません。

    原因.食生活や生活習慣の乱れ

    逆流性食道炎場合、食生活や生活習慣の乱れが原因になっているケースがあります。

    もしも普段から健康的ではない食生活をしている、外食やコンビニ弁当が多い、などということであれば、健康的な食事を心がける必要があります。

    また、疲れが溜まっていて生活習慣が乱れている、睡眠時間が短い、そもそもしっかりと食事をする時間がない、などという生活もいただけません。

    対策1.早食いをしない

    この症状にならないように、また、しっかりと治療した後などは早食いをしないことが大切です。

    急いで食事をするとどうしても素早く食べなければと思ってしまうかもしれません。

    しかし、急いで食事をとることで食道に影響を与えてしまう可能性があります。

    対策2.刺激物をとりすぎない

    刺激物を摂りすぎないことも大切です。

    例えばニンニクが好き、唐辛子が好き、という人は気をつけましょう。

    適度な量であれば問題ありませんが、体力をつけるために頻繁にニンニクを食べる、唐辛子をたくさんかける、という人はそれが体に影響を与えてしまう可能性があるということを覚えておく必要があります。

    「胃痛」を伴う吐き気

    もしも胃が痛いということであれば、アルコールやストレスが関係しているかもしれません。

    特に飲み会の後に胃が痛くなる、ストレスを感じると吐き気がする、などという場合は注意です。

    急性胃粘膜病変(急性胃炎)

    胃が痛い、それに加えて吐き気がする、ということであれば急性胃粘膜病変(急性胃炎)の可能性があります。

    胃の内部が荒れてしまっているのかもしれません。

    主な原因1.アルコールの飲みすぎ

    原因の1つにアルコールの飲み過ぎがあります。

    飲み会が多い、接待が多い、などということで普段からアルコールを多く摂取している人は気をつけましょう。

    アルコールは摂りすぎると体に毒になります。

    それによって胃を痛めてしまっては意味がありませんので、アルコールの摂りすぎに気をつけましょう。

    対策.アルコールの摂取量を減らす

    対策としては、なんといってもアルコールの摂取量を減らすことが大切です。

    仕事上、飲み会や接待でアルコールを飲まないわけにはいかないということもあるでしょう。

    しかし、分量を減らせば問題ありません。

    また、もしも胃が痛い、なんとかしなければいけない、ということであれば、お店の人にお願いしておけば、ノンアルコールのビールにしてもらうことも可能です。

    事前にお店の人に断っておくとわからないように用意してもらえるケースもありますので、周りをしらけさせてしまうリスクもありません。

    主な原因2.ストレス

    ストレスも大きな原因になります。

    仕事や人間関係で悩みがあり、常にストレスを抱えているという人はそれが体に影響を及ぼしてしまいます。

    対策.ストレスを解消する

    対策としては、なんといってもストレスを解消することが大切です。

    ストレスを適度に解消し、疲れを溜め込まないようにしましょう。

    寝る直前まで仕事をしている、悩み事の解決策を考えている、などということでは体が休まりませんので1日に少しは自分をいたわる時間が必要です。

    「腹痛」を伴う吐き気

    腹痛を伴う吐き気がある場合もあるかもしれません。

    胃ではないけれどお腹が痛いという場合、お通じが良いかどうか振り返ってみましょう。

    便秘症

    このような症状が出た場合、便秘になっているのかもしれません。

    便秘によって吐き気がする場合もあります。

    現代人は食生活が偏っているなどとも言われますので、自分の生活を見直しましょう。

    便秘になってしまった場合は便秘を解消しなければ体調が治らない可能性もあります。

    主な原因1.運動不足

    便秘になる原因の1つに運動不足があります。

    もしもデスクワークなどでなかなか運動をしないなどということであれば、少し運動することを考えてみましょう。

    対策.適度な運動を習慣にする

    まずは適度な運動を習慣にすることが大切です。

    特にデスクワークをしている場合、そもそも運動する機会なんてないですよね。

    車を運転して職場に行くなどということであれば、ますます歩くことさえなくなってしまいます。

    そのため、例えば食事の後にウォーキングに行くなど、運動習慣にしましょう。

    それによって楽に運動出来るようになります。

    主な原因2.水分不足

    水分不足になっているのかもしれません。

    1日に2リットルほどの水を飲んだ方が健康です。

    水を飲まなければそもそも体に水分が吸収されず、便が排出されにくくなってしまいます。

    もしも普段から水を飲む習慣がないと感じたら、対処法を考えましょう。

    対策.寝る前にコップ一杯分の水を飲む

    いきなり1日2リットルの水を飲むなどということが大変ですので、もしも便秘だと感じたら寝る前にコップいっぱい分の水を飲みましょう。

    寝ている間、人間は水分不足になりやすいと言われています。

    そのため、寝る前にコップいっぱいの水を飲むことで水分不足が防げるケースもあります。

    主な原因3.食物繊維不足

    もしかしたら食物繊維が足りていないのかもしれません。

    普段から健康的ではない食事をしている場合、十分な食物繊維が摂取できておらず、そこから便秘になる可能性もあります。

    対策.毎日野菜をとる

    食物繊維が足りていない、健康的な食事ができていない、と感じたら毎日野菜を摂取するように心がけましょう。

    野菜が足りていなければ食物繊維が足りていません。

    また、ワカメなどの海藻類を食べることも大切です。

    お味噌汁に乾燥わかめを入れるだけでも違いますよ。

    「頭痛」を伴う吐き気

    もしも頭痛を伴う吐き気を感じている場合、注意が必要です。

    頭痛には様々な原因が考えられ、危険な場合もあります。

    もしも頭痛が続く場合は気をつけましょう。

    くも膜下出血

    もしも鋭い痛みが続いているという場合、くも膜下出血になりかけているのかもしれません。

    くも膜下出血というのは頭の血管が切れてしまう症状ですが、その瞬間は言葉にできないようなひどい痛みがあると言われています。

    症状がほとんどないと言われるくも膜下出血ですが、経験者の中には「頭痛がひどかった」という人もいますので、気をつけましょう。

    主な原因1.喫煙

    頭痛がひどい場合、喫煙が原因の可能性もあります。

    普段からタバコを吸う機会がある、タバコをたくさん吸っている、という場合はそれが原因になっている可能性もありますので、考えた方が良いかもしれません。

    対策.禁煙,禁煙外来

    喫煙が原因の場合、何といっても禁煙しなければいけません。

    しかし喫煙には依存作用がありますので、禁煙はできないと思う人もいるかもしれませんね。

    そのような場合は禁煙外来に行ってみても良いかもしれません。

    主な原因2.過度の飲酒

    お酒の飲み過ぎも原因になります。

    普段からお酒を飲む量が多い、お酒を飲まなければ眠れない、などという人は飲酒が原因になって頭痛がするのかもしれません。

    対策.休肝日を作る

    休肝日を作ることも大切です。普段からお酒の量が多いのであれば、休肝日を作って体を休めるようにしましょう。

    中途半端に休肝日を作る位なら禁酒する、と決めても良いかもしれませんね。

    激しい「胸」の痛みを伴う吐き気

    もしも胸が激しく痛むのであれば、そこにも危険性があります。

    ただ胸がちょっと痛いなどということではなく、激しく胸が痛んで吐き気がするのであれば、心筋梗塞かもしれません。

    心筋梗塞

    心筋梗塞は激しい胸の痛みが特徴です。

    呼吸できないなどということがあれば、ますますリスクが高いですので、医者に相談することが求められます。

    主な原因.食生活の乱れ

    食生活が乱れている人は気をつけましょう。

    きちんとした食事が取れていない、そもそも食べる時間がない、外食などが多い、という人は注意が必要です。

    対策.食生活の改善

    食生活が乱れているならば、まずはその食生活を改善させなければいけません。

    自炊を心がけ、健康的な食事をしましょう。

    しばらくは外食やコンビニ弁当を止めても良いかもしれませんね。

    その他の諸症状を伴う吐き気

    その他にも、様々な原因が考えられます。

    糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシス)

    もしかしたら糖尿病になっているのかもしれません。

    糖尿病は遺伝とは違いますが、もしも家族に糖尿病患者がいる人は気をつけましょう。

    また、妊娠糖尿病にかかった経験がある人も気をつける必要があります。

    主な原因1.ウイルス感染(1型糖尿病の場合)

    1型糖尿病の場合、ウィルス感染が原因の可能性もあります。

    一般的に甘いものを食べ過ぎて係る糖尿病ではありません。

    対策.食生活を改善する

    食生活を改善しましょう。

    糖尿病になったという事は何を食べたら良いのか、しっかりと栄養士に相談し、気をつけていかなければいけません。

    主な原因2.運動不足

    運動不足によって糖尿病になってしまうこともあります。

    血糖値が上がり、そのままにしてしまうという人は少し運動する習慣を身に付けましょう。

    対策.週に3回20分のウォーキングをする

    血糖値は食後にあがりますので、週に3回でも良いですから、20分のウォーキングをしてみましょう。

    毎食後運動をする必要はありませんが、1週間に何回か歩きに行ってみると良いかもしれませんね。

    主な原因3.肥満

    肥満が原因で糖尿病にかかることもあります。

    普段から甘いものを食べ過ぎている、炭水化物ばっかり食べている、などということだと糖尿病にかかる可能性が増してしまいます。

    対策1.夜食を控える

    まずは夜食を控えましょう。

    夜お腹が空くと、ラーメンなどこってりしたものが食べたくなってしまいますよね。

    しかし、それによって肥満になってしまうリスクが増すのです。

    対策2.1日3食を規則正しく食べる

    1日3回、規則正しい食事をしましょう。

    食べるときには野菜から食べ始めることが大切です。

    また、糖尿病だからといって炭水化物を避ける必要はありません。

    炭水化物も体にとっては大切です。

    対策3.栄養のバランスを見直す

    栄養のバランスを見直しましょう。

    もしもチャーハンや麺類など、炭水化物だけでお腹いっぱいになってしまうことが多い人は注意が必要です。

    野菜やタンパク質を多く摂取することが重要です。

    高血圧性緊急症

    高血圧性緊急性になっている可能性もあります。

    主な原因1.ストレス

    この場合はストレスが原因になるかもしれません。

    普段から仕事や人間関係でストレスを溜めやすい人は、ストレスをうまく解消していく必要があります。

    対策.ストレスを解消する

    ストレスを解消するために、適度に運動したり、友達に会って話をしたりしても良いでしょう。

    おいしいものを食べても良いですね。

    主な原因2.臓器に腫瘍が発生

    また、体の中に腫瘍が発生しているのかもしれません。

    この場合はしっかりと病院に行ってチェックしてもらい、気をつける必要があります。

    対策.生活習慣を見直す

    この場合は生活習慣を見直す必要があります。

    早寝早起きを心がけ、1日3回健康的な食事をしましょう。

    3.寝起きの吐き気は「うつ」や「自律神経失調症」の兆候かも

    寝起きに吐き気がする場合、うつ病や自律神経失調症にかかっている可能性もあります。

    3-1.吐き気以外のうつの症状をチェック

    精神的な症状.涙が出やすい、楽しくない

    すぐに涙が出てしまう、楽しいと感じられない、悲観的になってしまう、などという症状が出たらうつ病になっているのかもしれません。

    気分が明るくならない、何でも悲観的に捉えてしまう、という状態になったら、気軽に医者に相談しましょう

    肉体的な症状.起きられない、食欲がない

    うつ病では、肉体的な症状として起きられない、食欲がない、というものがあります。

    また、しっかりと眠れないために朝起きられないこともありますし、そもそも頑張ろうという気が起こらずに布団から出られないというケースもあります。

    もし自分がうつかもしれないと思ったら会社を辞める前に求人だけでも見ておきましょう。

    本当にヤバくなる前に早めに動いておきましょう。

    でないと、本格的にやばくなったら、登録どころではなくなります。

    3-2.吐き気以外の自律神経失調症の症状をチェック

    自律神経失調症の症状もチェックしておきましょう。

    精神的な症状.人間不信、不安

    他の人が信用できない、いつも不安である、などという場合は自律神経失調症になっている可能性もあります。

    ストレスが溜まっていて誰のことも信じられない、常に不安があって安心できない、などという場合は注意が必要です。

    肉体的な症状.めまい、生理不順

    自律神経失調症には様々な肉体的な症状がありますが、めまいや女性の生理不順も特徴的な症状です。

    それ以外にも不眠が挙げられることもあります。

    4.寝起きの朝に毎日吐き気が続く…原因を取り除く方法9つ

    毎日吐き気が続くのであれば、何とか対処法を考えなければいけません。

    まずはこのようなことを試してみましょう。

    方法1.休暇を取る

    休暇をとってみると良いかもしれません。

    ストレスが溜まっていて仕事がしたくない、仕事に行きたくない、などという気持ちがある場合、体を休めることが大切です。

    方法2.休職する

    もしも可能ならば休職してみても良いかもしれません。

    もしも本当に病気にかかっているならば、医者と相談することが大切です。

    方法3.転職を考えてみる

    不調の原因が仕事にあるならば、転職を考えてみましょう。

    今の職場で働く限り、問題がついてまわります。

    そのため、職場を変えることも大切です。

    おすすめの転職エージェント1.リクナビエージェント

    リクナビエージェントは日本最大とも言われています。

    様々な求人情報がありますので、ぜひチェックしておきましょう。

    おすすめの転職エージェント2.DODA

    転職に強いDODAがオススメです。

    今までにキャリアを積み上げてきたならば、それを利用してうまく転職できると良いですね。

    おすすめの転職エージェント3.マイナビ

    大学生の就活にも人気があるマイナビもお勧めです。

    求人情報が多いですから、ぜひ利用しましょう。

    方法4.退職する

    仕事を辞めることも大切です。

    仕事がうまくいかない、だからといって転職もうまくいかない、という状態で悩んでいたら、体を壊してしまう可能性もあります。

    うまくタイミングを計って退職することも選択肢の1つです。

    顔を合わせてやめづらいなら「退職代行」を頼んでみよう

    どうしても辞めづらいと感じたら退職代行を頼んでみましょう。

    退職代行は自分が職場に行くことなく、数日で退職業務を終えてくれます。

    特に理由を聞かれることもありません。

    方法5.喫煙をやめる

    タバコをやめてみても良いですね。

    普段からタバコを吸っている人は、それが少しの量であったとしても体に不調が出ているのかもしれません。

    まず禁煙する努力をしましょう。

    方法6.病院に行く

    いうまでもないことですが、病院に行っても良いですね。

    むしろ、病院に行く事はとても大切です!

    方法7.食生活を改善する

    健康的な食事をしていないのであれば、食生活を改善することも大切です。

    少し自炊を心がけてみましょう。

    アルコールを控える

    アルコールを控えることも大切です。

    普段からお酒をたくさん飲んでいる人はお酒の量を減らしましょう。

    油分・添加物の多い食事をやめる

    油や添加物の多い食事をとらないことも大切です。

    そのためには外食も避けた方が良いですね。

    寝る3時間前までの食事をやめる

    寝る3時間前までに食事は済ませておきましょう。

    食べたすぐに寝てしまうと、胃が休まらずに疲れてしまいます。

    食べ過ぎをやめる

    食べ過ぎを止めることも大切です。

    普段から食べ過ぎている自覚があるならば、量を減らしてみましょう。

    方法8.生活リズムを整える

    生活リズムを整えることも重要です。

    まず、睡眠時間が足りない、デスクワークばかりで運動していない、という人も気をつけなければいけません。

    1日7時間以上の睡眠をとる

    適切な睡眠時間は7時間以上です。

    日本人は寝る時間が少ないと言われていますので、7時間以上は眠りたいところです。

    朝早い時間に朝日を浴びる

    朝早くに朝日を浴びてみましょう。

    起きたらカーテンを開け、太陽の光を浴びることで気分が良くなります。

    方法9.運動をする

    運動することも大切です。

    普段から運動不足だという自覚があるならば、少し運動するように心がけましょう。

    週に3回30分程度のウォーキングをする

    週に3回ほど、20分から30分程度のウォーキングをしましょう。

    1日何度もウォーキングに行くのは大変ですが、1週間に3回ほどであればあまり負担になりません。

    5.寝起きの原因は様々!環境を変えてみるのも有効

    起きたときに体調が悪いなら、環境を変えてみても良いかもしれません。

    部屋の模様替えをしたり、引っ越しも考えてみても良いですね。