負の連鎖を断ち切るために知っておくべき「3大原因」と4つの対処法

スピリチュアル

「最近、よくないことが続いてる…」

「毎日がゆううつで辛い…」

このようにお悩みではないでしょうか。

もしかしたらそれは「負の連鎖」が続いてしまっているのかもしれません。

一度、悪い事が起こるとそれを断ち切るのは難しいものです。

この記事では、負の連鎖が起きる原因と断ち切る方法4つを紹介します。

原因を知る事で、それに合う対処法を選ぶことが出来るようになるのです。

最後まで読めば、負の連鎖を断ち切ることができるようになりますよ。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

1.負の連鎖とは

負の連鎖の意味は2つあります。

・よくない出来事が続けて起こること
・一つのよくない出来事が原因となって悪循環が連鎖的に起きること

「負」には「負」を呼ぶエネルギーがあると言われています。

例えば、「仕事でミスをした→上司から嫌われる→同僚と不仲になる」というようなことが起こるのです。

負の連鎖とは、「よくない出来事が続けて起こること」と「一つのよくない出来事が原因となって悪循環が連鎖的に起きること」ということを覚えておきましょう。

1-1.対義語は「正の連鎖」

負の連鎖の対義語は「正の連鎖」です。

「正の連鎖」の意味は2つあります。

・よい出来事が続けて起こること
・一つのよい出来事が起因になって良い事が連鎖的に起きること

例えば、「クラスの団結力がある→体育祭への志気があがる→必死に練習する→優勝する」といったことです。

負の連鎖の対義語は「正の連鎖」になります。

  • スポンサーリンク

  • 2.1つでも当てはまったら危険!負の連鎖に陥りやすい人の特徴

    負の連鎖に陥りやすい人には3つの特徴があります。

    特徴を知らないと、自分が負に陥りやすいことに気づけません。

    気づくことができないと負の連鎖に陥ってしまいます。

    なので、まず特徴を知っておきましょう。

    負の連鎖に陥りやすい人の特徴は下記の3つです。

     特徴1.周りの人と比べる
     特徴2.失敗を引きずる
     特徴3.行動を起こすのを怖がる

    では、一つずつ見ていきましょう。

    特徴1.周りの人と比べる

    特徴の1つ目は、周りの人と比べることです。

    周りの人と比較することで相手を恨み、憧れます。

    そうするといつの間にか周りの人の不幸を願ってしまいますよね。

    例えば、羨ましいと思ったひとが嫉ましくなりその人が自分より不幸になってほしいと思います。

    そうなると負のオーラが出ます。負の連鎖に陥りやすいのです。先ほどもいったように「負」は「負」のエネルギーを呼び寄せるからですね。

    周りと比べてしまうことは、負の連鎖に陥りやすい特徴の一つと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 特徴2.失敗を引きずる

    2つ目は失敗を引きずることです。

    仕事や日常生活で小さなミスを引きずっていませんか。

    引きずっているのであれば、それはネガティブな思考に陥っている証拠です。

    例えば、「資料を両面印刷にするはずが片面印刷にしてしまったことで落ち込んだ。」というように些細なことで落ち込んでしまっている時は冷静な判断や、客観的に考えることができなくなっている状態です。

    ネガティブな思考の時は「負」がループしてしまいます。

    失敗を引きずることは負の連鎖に陥りやすいのです。

    特徴3.行動を起こすのを怖がる

    最後の原因は、行動を起こすのを怖がることです。

    行動を起こすのは不安で怖いもの。しかし、負の連鎖を抜け出すには自分で考えて行動に移すことが必要です。行動に移すことでマイナス思考から抜け出すことができるから。

    例えば、「太っていることに悩んでいる。痩せたいけど、何もしない事でもっと太ってしまった」というように行動を起こさなければ負の連鎖に陥ってしまいます。

    痩せたいのであれば、すぐ行動に移すことが必要ですよね。

    行動を起こすのを怖がる人は負の連鎖に陥りやすいです。

  • スポンサーリンク

  • 3.負の連鎖がいつまでも続く3つの原因

    負の連鎖に陥りやすい人の特徴を理解できたら、次は原因を見ていきましょう。

    原因を知ることで、負の連鎖に陥ることを防ぐための行動ができるようになりますよ。

    負の連鎖がいつまでも続く原因は下記の3つです。

    原因1.悪いことが起こったときに周りのせいにする  

    原因2.自分に向き合わない  

    原因3.断ち切る努力をしていない

    では、一つずつ見ていきましょう。

    原因1.悪いことが起こったときに周りのせいにする

    1つ目の理由は、悪いことが起こるのを周りのせいにすることです。

    自分のせいであっても、それを周りのせいにしてしまうと負の連鎖を断ち切ることはできません。

    「負」に向き合えていないとなると、負の連鎖は続いてしまうからです。

    例えば、「遅刻してしまうのは、友達が夜遅く電話をしてくるからだ」というように自分で回避できる事柄でもあるのに関わらず、人のせいにしてしまいます。

    悪いことが起きたらすぐに周りのせいにしてしまう人は、負の連鎖から抜け出せません。

  • スポンサーリンク

  • 原因2.自分に向き合わない

    2つ目は自分に向き合わないことです。

    悪いことが何度も起こると、何かと理由をつけて自分の感情と向き合わずに過ごしていませんか。

    負の連鎖から抜け出す方法のひとつに「自分と向き合うこと」があります。

    なので、自分の感情に向き合えない人は負の連鎖からは抜け出すことができないのです。

    例えば、「悪いことが起こるけど、なぜおこってるのか考えるのが嫌だ」と向き合わない。

    そうすると負の連鎖が起きてしまいます。

    自分に向き合わないことは負の連鎖がいつまでも続く原因の1つです。

    原因3.断ち切る努力をしていない

    最後の理由は、負の連鎖を断ち切る努力をしていないことです。

    負の連鎖が続いてしまうと、何もする気が起きなくなってしまいますよね。

    諦める気持ちが出てくると、努力をすることが苦しくなります。

    そうして、「向き合うこと」もできなくなってしまうと連鎖を断ち切れません。

    なので、「断ち切るぞ」と努力をすることが必要になります。

    「断ち切る努力をしていない」というのは負の連鎖が続く原因の1つです。

  • スポンサーリンク

  • 4.負の連鎖を断ち切れない人に共通する理由

    負の連鎖を断ち切れない人には共通する理由があります。

    理由は下記3つです。

     理由1.問題に対して冷静に対処できない
     理由2.問題の分析ができていない
     理由3.向き合うことから逃げてしまっている

    理由を知れば、負の連鎖を断ち切るために克服すべきことがわかるようになります。

    では、一つずつ見ていきましょう。

    理由1.問題に対して冷静に対処できない

    理由の1つ目は、問題に対して冷静に対処できないことです。

    負の連鎖を防ぐためには「悪い出来事が起きたあと、どう対応するか」が大事です。

    例えば、仕事でミスをしたら、どうしてそのミスが起きてしまったのかという原因を考える必要がありますよね。

    つまり、悪い出来事が起きたあと、一度その出来事と向き合うことが大事です。

    問題に対して冷静に対処できないと負の連鎖が断ち切れません。

    理由2.問題の分析ができていない

    2つ目の理由は問題の分析ができていないことです。

    悪い事が起こってその結果を受け止めるだけでは何も解決しません。

    悪いことが起こったら、なぜ悪いことが起こったのか考えましょう。

    例えば太ってしまった場合、「職場が変わった→通勤距離が近くなった→歩く時間が少なくなった→消費カロリーが減った」と分析することで失敗は起こりにくくなります。

    問題の分析ができなければ、負の連鎖は断ち切れません。

    理由3.向き合うことから逃げてしまっている

    最後の理由は、向き合うことから逃げてしまっていることです。

    放置していると負の連鎖を断ち切ることはできません。

    しんどいですが、逆に向き合うことで負の連鎖は断ち切ることができるのです。

    例えば、仕事でミスをしたあとに落ち込んだままでいると同じ失敗を繰り返してしまいます。

    向き合うことから逃げてしまっていると、負のループに入ってしまいますよ。

    5.もう嫌!負の連鎖を断ち切る方法4選

    さて、負の連鎖に陥りやすい特徴と原因を知った上で、断ち切る方法を見ていきましょう。

    負の連鎖を断ち切る方法を知れば、悪いことが起こっても連鎖しなくて済みます。

    負の連鎖を断ち切る方法は下記の4つです。

    1.良好な人間関係をつくる
    2.メンタルトレーニングをする
    3.自分の考えを行動に移す
    4.チャンスをものにする

    1つずつ見ていきましょう。

    方法1.良好な人間関係をつくる

    1つ目は、良好な人間関係をつくることです。

    なぜなら、困った時にフォローをしてくれる人がいると落ち込む気持ちをやわらげることができるから。

    そうすることで負の連鎖を防ぐことにつながります。

    そのためには周りの人から信頼されて、頼られることが必要です。

    つまり、信頼しあう関係を築くことです。

    自分の意思をはっきり示すこと・相手の気持ちを考えて行動することが重要になります。

    負の連鎖を断ち切る方法の1つとして、良好な人間関係を築くことがあります。

    方法2.メンタルトレーニングをする

    2つ目はメンタルトレーニングをすることです。

    負の連鎖を断ち切るには気持ちを切り替えることが必要だからです。

    気持ちの切り替えができるトレーニングをすることで負の連鎖を断ち切ることができます。

    例えば、たとえ失敗をしても自分を否定せず「次がある」と成功するイメージトレーニングをするのです。

    良いイメージができると、自然と悪い連鎖はなくなるのです。

    メンタルトレーニングをすることは、負の連鎖を断ち切る方法の1つですね。

    方法3.自分の考えを行動に移す

    3つ目に自分の考えを行動に移すことが挙げられます。

    行動に移さなければ、状況はなにも変わらないからです。

    例えば、太っていて痩せたいと思っても、言っているだけでは何も起こりません。自分でよくするために何をすべきかを考えて、行動を起こすことが必要なのです。

    負の連鎖を起こさないためにも、良い方向に向かって努力することを忘れてはいけません。

    負の連鎖を断ち切るには自分の考えを行動に起こすことが大事なのです。

    方法4.チャンスをものにする

    最後は、チャンスをものにすることです。

    チャンスをつかみとることで良いことがおこります。

    良いことが起こると負の連鎖をくいとめることができますよね。

    日頃からアンテナを張り、チャンスを見逃さないようにしましょう。

    例えば、仕事で困っている人がいたらフォローするなど、周りをよく観察して行動してみてください。

    そうすると周りの動きがよく見え、いざというときにチャンスを掴むことができます。

    チャンスをものにすることで負の連鎖を断ち切ることが出来るのです。

    6.【原因別】負の連鎖が仕事で続いたときの対処法

    実際に負の連鎖が仕事で続いたときの対処法を原因別で2つご紹介します。

    原因1.人間関係が悪い

    仕事の内容はともかく、人間関係で悩んでいる人はとても多いです。

    人間関係が悪い時の負の連鎖を断ち切る対策は下記の3つ。

    対策1.休暇をとる

    1つ目の対策は休暇をとることです。

    一度、職場から離れることでリフレッシュしましょう。

    そうすると気持ちを切り替えて、仕事に行くことができます。

    対策2.休職をする

    2つ目の対策は休職をすることです。

    職場からいなくなることで、周りの人がなぜ休職したか考えます。

    周りの人の考えが改められることで、職場環境が改善される可能性があります。

    対策3.退職を考える

    職場での負の連鎖を断ち切る最後の対策は、退職をすることです。

    退職をすることで、人間関係の悪い場所から抜け出すことが出来ます。

    新しい職場を見つけ、人間関係も仕事もより良い環境にしていくのです。

    原因2.疲れでやる気が出ない

    日々の生活の疲れでやる気が出ないことは多いですよね。

    そんなときは下記の対策を試してみましょう。

    対策.好きなことをしてストレス発散をする

    好きなことをしてストレスを発散するすることです。

    疲れていても、好きなことなら取り組めますよね。

    普段の仕事から離れることでリフレッシュ出来ます。

    また、次の楽しみをつくることで、仕事に対してのモチベーション向上にもつながります。

    7.スピリチュアルの力で「負の連鎖」を断ち切るには占いがおすすめ!

    これまで自分の力で負の連鎖を断ち切る方法を具体例を交えて紹介してきました。

    ここからはスピリチュアルの力で「負の連鎖」を断ち切るおすすめの方法をお教えします。

    代表的なものは占いです。

    占いをおすすめする理由は下記2つです。

    7-1.占いはあなたの話を聞いて的確なアドバイスをくれる

    占いはあなたの話を聞いて、的確にアドバイスをくれるのです。

    自分の力だけでは決められない方の後押しになります。

    つまり、スピリチュアルな力は「負」の連鎖を断ち切ることに役立つのです。

    占いの中でも、話を聞くだけでなくアドバイスをくれるものを選びましょう。

    そうすることで、次にどのような行動を起こせば良いのかわかるようになりますよ。

    7-2.【10分間無料】「LINE占い」なら自宅でも相談できる

    占いの中でも、おすすめは「LINE占い」です。

    なぜなら、自宅でも相談できるから。

    忙しい方は、わざわざ外に出て占いに行けないですよね。

    気軽に占うことが出来るのが「LINE占い」のおすすめの理由です。

    なんと、いまなら10分間無料です!

    負の連鎖を断ち切りたいけど、自分の力だけでは足りない方におすすめです。

    この機会に負の連鎖を断ち切るために、占ってみてはいかがでしょうか。

    8.諦めないで!負の連鎖は断ち切ることが出来る

    負の連鎖は断ち切ることが出来ます。

    負の連鎖を断ち切る方法は下記の4つです。

    1.良好な人間関係をつくる
    2.メンタルトレーニングをする
    3.自分の考えを行動に移す
    4.チャンスをものにする

    自分で断ち切ることが難しければ、占いを試しましょう。

    占いの中でも「LINE占い」がおすすめです。

    スピリチュアルの力で、負の連鎖を断ち切りましょう!

    負の連鎖を断ち切ると、充実した日々を過ごすことが出来ますよ!