好きな人から返事がない…!相手の心理と「効果的な10の対処法」

女性

気になる人とは頻繁にLINEなどで連絡のやりとりをしたいですよね。

しかしその一方で、LINEを送ってもなかなか返信がもらえないと心配になってしまうという人もいるのではないでしょうか。

特に、LINEは勝手に既読無視という言葉が流行りましたが、既読になったものの返信がないとなると、無視されているのではないか、何かあったのか、などと気になってしまうものです。

ここでは気になる相手から返信がもらえないときの対処法について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

1.返事がないのが返事!?返信をしない人の7つの心理

もしも気になる相手から返信が来なかったら、もしかしたら嫌われているのかもしれないなどと感じることもあるかもしれません。

しかし、基本的にはそのような心配はあまりありません。

現代人は忙しいですから、どうしても返信できないということもあります。

また、あなたのメッセージそのものに問題があるケースもあるでしょう。

ここでは、返信がない場合、相手にどのような心理が働いているのか、なぜ返事がないのか、という事について紹介していきます。

1−1.忙しい

単純に相手が忙しい場合、返信が来ない可能性もあります。

例えば、仕事中などにLINEが来ると、どうしても返信できないですよね。

また、お風呂に入っている時は食事をしている時など、何か他の事をしていて返信できないという場合もあります。

後で返信をしようと思っているうちに忘れてしまったなどというのも、多くの人に経験があるのではないでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 1ー2.あなたに興味がない

    返信が来ない場合、あなたに興味がない可能性もあります。

    関心を持っている相手からLINEが来れば当然返信をするものですが、もしも関心を持っていない人からLINEが来ても、返信するべきかどうか悩んでしまいますよね。

    まだあなたが関心を持てるような人間になりきれていない場合、だから返信が来ないという可能性も考えられます。

    もしも相手が自分に関心を持っていないと思えたら、まずは相手の視野の中に入る努力から始めた方が良いかもしれません。

    1ー3.メッセージを読んで満足している

    もしかしたらメッセージを読んで満足している可能性もあります。

    メッセージというのは、どこで区切ったら良いのか分かりにくいものです。

    もともと筆無精の人だったりすると、あまり返信をしない可能性もあります。

    頻繁に返信をくれる人は返信をしてくれるものですが、そもそもメッセージに返信が不要だと思った場合は返信しない可能性もありますよね。

    もしかしたら、メッセージを読んで満足しているのであり、そもそも返信しなければいけないということさえ考えていないかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 1−4.どう返事をしたら良いかわからない

    どう返信をしたら良いのか分からないということもあるでしょう。

    例えば、長いメッセージが来た場合、一体どうやって返事をしたら良いのかわからない、そもそも返信がめんどくさい、と感じることもあるかもしれません。

    1つのメッセージにあまりにも多くの質問が書かれている、話題が多岐に渡っており、返信をするのも一苦労、時間がかかる、という場合、それで返信が来なくなってしまう可能性も考えられます。

    1ー5.メッセージの内容が気に入らない

    もしかしたら、相手に対して失礼なメッセージを送ってしまっているかもしれません。

    例えば相手をお茶に誘う時も、「日曜日、空いてる?」と聞けば角が立ちませんが、「日曜日、暇?」と聞いてしまうと相手をいら立たせてしまう可能性があります。

    メッセージを送るときには内容、そして言葉遣いにも注意が必要です。

  • スポンサーリンク

  • 1−6.忙しいことをわかってほしい

    いきなり返信が来なくなったなどという場合、忙しいことをわかってほしいという可能性も考えられます。

    その時点で忙しいわけではなかったとしても、他のことを考えていたり、次にやらなければならないことがあったりすると、どうしても返信しづらいですよね。

    返信が来なかったら「忙しいのかもしれない」と相手を思いやることも大切です。

    1−7.携帯の機種を変えた

    携帯の機種を変えたのかもしれません。

    もちろん、LINEなどは機種を変えても連絡ができるものですが、携帯が変わると使い方が変わり、返信の仕方などに戸惑っている可能性もあります。

    多くの人は2年位で機種変更をすると言われていますので、可能性の1つとして考えておくと良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.LINEで返事がこない時の10の対処法

    そうは言っても、LINEで返事が来ないとどうしたら良いのか悩みますよね。

    気になる相手だからこそ、返信が欲しいと思うこともあるでしょう。

    ここではLINEの返信が来ない場合の対処法を紹介していきます。

    状況に応じて対応策が異なりますので、気をつけましょう。

    2-1.未読無視の場合の対処法

    もしもメッセージを送ってもメッセージ自体が既読にならない、読んでもらえていない、という場合はどうしたらよいのでしょうか。

    既読無視という言い方もありますが、未読無視という言い方もありますよね。

    そもそもメッセージを読んでもらえていない、読んでもらえていないから返事がない、という場合の対処法を紹介します。

    2−1-1.相手が忙しいことを想像する

    もしもメッセージが既読にならないならば、そもそも相手は忙しいのかもしれないという可能性を考えましょう。

    一般的に、届いたメッセージは読むものです。メッセージが未読のままという事は、メッセージが届いていることに気づいていない可能性があります。

    そのため、単純に忙しいのかもしれません。

    2−1-2.既読がつくのを待ってみる

    メッセージが既読にならなかったら、まずは既読になるのを待ちましょう。

    メッセージが来ていることに気づいていない可能性もありますので、とりあえずメッセージを読んでもらえるまで待つ必要があります。

    逆に、むしろ未読の状態で再度メッセージを送っても、それが既読になるとは限りません。

    まずは気を長くして待つことが重要です。

    2−1-3.スタンプを送ってみる

    あまりにも既読にならないのであれば、スタンプを送ってみると良いでしょう。

    同じ内容のメッセージではなく、「メール送ったよ」「気づいてるかな?」というつもりでスタンプを送信します。

    スタンプは相手を心配するような内容のスタンプにすると良いです。

    返事を急かすようなものではなく、「大丈夫?」と言った意味の伝わるスタンプを選びましょう

    2−1-4.何もしない

    何もしないというのも大切です。

    とりあえず既読になるのを待つというのと似ていますが、未読無視をされている場合は「無視をされている」と思うのではなく、とりあえず「相手も忙しいのだろう」と捉え、深刻に考えないことも重要なのです。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.既読無視の場合の対処法

    もしも既読無視をされてしまった場合、どうしたら良いのでしょうか。

    とりあえず既読にはなった、とりあえず読んではもらえている、それでも返信がない、という場合の対処法を紹介します。

    2−2-1.相手が喜ぶ内容を送る

    関心を持ってもらえるように、相手が喜ぶ内容を送ることも重要です。

    例えば、相手が映画好きならば新しい映画の情報など、相手が食らいつきそうな内容のメッセージを送りましょう。

    相手が関心を持ってくれないような内容を送っても意味がありません。

    2−2-2.用事があるときだけ送る

    既読無視になることが多い、既読にはなるけれどあまり返事がない、という場合は用事がある時だけ送るということも大切です。

    そもそもあなたがメッセージを送りすぎているのかもしれません。

    メッセージを送りすぎてしまうと、相手も返信がめんどくさくなってしまう可能性がありますので、とりあえず用事がある時だけメッセージを送ってみましょう。

    2−2-3.自分からメッセージを送らないようにする

    既読になるけれどなかなか返信がないということであれば、相手からメッセージが来るのを待ちましょう。

    既読にはなる、それでも返事が来ない、ということが何度も続いてしまうとプレッシャーになってしまいます。

    まずは相手からの返信を待ちましょう。一方的になってはいけません。

    2−2-4.返信を促すメッセージを送る

    あまりにも返事が来ないということであれば、返信を促すメッセージを送ってもかまいません。

    ただし、それはあくまでも返信が必要な場合のみにしましょう。

    「今どこにいるの?」「何をしているの?」などというメッセージではなく、例えば「◯日に一緒に飲みに行かないか」など、明らかに返信を必要とするメッセージが既読になったまま返信が来ない、という場合のみ、返信を促すメッセージを送った方が安心です。

    2−2-5.違うSNSを使って連絡してみる

    もしも複数のSNSでつながっているならば、他のSNSから連絡してみても良いかもしれません。

    例えば、LINEで返信が来ないのであれば、他にもInstagramやTwitter、Facebookなどで連絡を取ってみても良いですね。

    ただし、まるで相手を監視しているかのような使い方はいただけません。

    「既読無視なのにFacebookは更新しているけれど、一体何をしているの」のような問いかけは避けましょう。

    2−2-6.直接会って返事をしない理由を聞く

    もしも直接会うことがあれば、そこで「昨日返信がなかったけど、大丈夫だった?」などと聞いてみても良いかもしれません。

    直接「あごめん、昨日は忙しくて」などと言われたら、なぜ返信が来ないのか分かりますし、安心できますよね。

    3.連絡がない時にしてはいけない行動

    相手から連絡が来ない場合、やってはいけないことがあります。

    ここでは、LINEで返信が来ない場合にやるべきではない言動を紹介していきます。

    3−1.しつこくメッセージを送らない

    返信が来ないからといってしつこくメッセージを送ってはいけません。

    返信が来ないとどうしても気になるものですが、だからといってしつこく返信を催促してしまうと鬱陶しいと思われてしまう可能性があります。

    そのため、しつこくしすぎないように気をつけましょう。

    3−2.脅迫をしない

    脅迫をしないことも大切です。

    例えば、付き合っている相手からLINEの返信がないと、「あんまり返信がないなら別れるからね」などと心にもないことを言ってしまう人がいますが、このような脅迫は逆効果です。

    「それなら別れよう」と言われた経験がある女性は珍しくありません。

    3−3.SNSを監視しない

    LINEで返信がないからといって、他のSNSを監視してはいけません。

    「LINEの返信がないのにFacebookは更新していた」などというのはよく聞く女性の不満ですが、このようにSNSを監視するというのは男性から嫌がられます。

    3−4.悲しい内容を送らない

    なかなか返信が来ないからといって、「泣いちゃうから」などという悲しい内容も送らないほうが良いです。

    また、「悲しい内容を送れば励ましてもらえるかも」と考えて、友達と喧嘩をした、などというネガティブなメッセージを送る人もいますが、これも避けた方が良いでしょう。

    そもそも、返信が来ない状態で悩み事に近い内容を送ってしまうと、面倒くさいと思われる可能性もゼロではありません。

    4.どうしたらいいか分からない時は相手との関係を占ってみよう

    どうしたら良いのか分からなかったら、相手との関係を占ってみましょう。

    他の人から客観的に助言をもらうことで、すっきりする可能性もあります。

    4−1.ヴェルニ占い

    ヴェルニ占いはよく当たると評判の電話占いです。

    様々な占いの先生がいますので、好きな先生を選んで連絡してみましょう。

    最初ならば、通話料2500円分が無料になります。

    4−2.LINE占い

    多くの人がLINEを使う昨今、LINE占いを知っている人も多いのではないでしょうか。

    LINE占いは最初の10分が無料ですので、ぜひその時間を有効活用したいものです。

    自宅で占ってもらえるというのもメリットですね。

    4−3.電話占いFeel〜フィール〜

    電話占いFeel〜フィール〜もよく当たると言われている電話占いです。

    初回は2000円分が無料になりますので、ぜひ利用してみて下さい。

    5.返事がないのはあなたのせいじゃないかも!原因を探してスッキリしよう!

    気になる人から返信がないと、どうしても無視されているのではないかなどと考えてしまうかもしれませんが、あなたに原因がない可能性が極めて高いです。

    なぜ返信が来ないのか原因を探って、すっきりすることも大切です。

    自分ばかり責めず、相手の忙しい状況なども思いやれるようにしたいですね。