「生きるのが怖い…」5つの原因と気持ちが和らぐ対処法を解説

健康

生きるのが怖い、と思っていませんか?

いかに、最近は年金がもらえるかもわかりませんし、定年した後に生きていけるのかどうか、子供はしっかりと学業を終えて就職できるのかどうか、いろいろ気になりますよね。

最近は結婚したいという人も増えていますが、結婚したいという思いを抱えている人の中には、孤独死はしたくないなどという恐怖がある場合もあります。

ここでは、生きるのが怖いと思う人たちに対し、なぜそのように思うのか、そしてどうすれば良いのか、ということを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.生きるのが怖いのはなぜ?怖いと感じる5つの理由

生きるのが怖いと感じている場合、そこには原因があるかもしれません。

 

ここでは、なぜ生きるのが怖いと感じるのかその理由を紹介していきます。

もしも人生に漠然と不安がある、なんだか早く死にたいと思う時がある、などと感じるのであれば、ぜひ自分がなぜそのように思うのか振り返ってみてください。

1-1.対人関係に恐怖心を持ってるから

対人関係に恐怖心がある場合、生きるのが怖いと感じてしまうかもしれません。

人間関係がうまくいかない、職場の人間関係に恵まれていない、一方的に嫌みを言われるばかりで言い返せない、などという場合はその対人関係が厄介になってしまっているかもしれませんね。

人間関係が嫌で仕事に行くのが嫌だ、などという場合、どうしても仕事に行くのが嫌だということで生きるのが嫌だ、早く週末になったらいいのに、仕事なんて辞めたい、などと感じてしまうのではないでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.未来に希望がないから

    未来に希望がない、という場合も生きるのか強くなってしまうかもしれません。

    例えば、今の仕事を定年まで続けても大した貯蓄ができない、年金がもらえるかどうかもわからないし、子供が将来あてになるかどうかもわからない、そのような中で自分は独身だし、結婚できるかどうかもわからない、もしもこのまま歳をとったら自分はどうなるんだろう、などと不安に思った時に人生が強くなってしまうかもしれません。

    最近は孤独死なども指摘されていますので、なおさら自分が歳をとったらどうなるのか、一人ぼっちになったらどうしよう、生活できるだけのお金が得られなかったらどうしよう、などと考えてしまうかもしれませんね。

    1-3.自分に自信がないから

    自分に自信がない場合も生きるのが怖くなってしまうでしょう。

    そもそも自分に自信がなければ、仕事でも成功できないような気がする、失敗してしまうような気がする、などと思ってしまいます。

    自分に自信がなければ、そもそも今の状態に不満があったとしてもそれを改善させるだけの勇気がないかもしれません。

    もしも問題があるならば改善させれば良いのですが、改善させるだけの自信がないとどうしても落ち込んでしまうものです。

  • スポンサーリンク

  • 1-4.周囲の目を気にしすぎているから

    周囲の目を気にしていると、どうしても生きるのが怖くなってしまうかもしれません。

    周りから自分はどう見られているのだろう、自分はもしかしたらこんな人間だと思われているのではないか、などと考えてしまうと、周りからの評価が気になってしまって自分に自信が持てないかもしれませんね。

    周りからの評価を極度に気にする必要はありません。

    確かに全く気にしないわけにもいきませんが、周りからの評価が悪いからといって自分に害があるとは限らないのです。

    自分らしさを出すことも大切です。

    1-5.責任を一人で負い過ぎているから

    責任を1人で負いすぎている場合も、生きるのが怖くなってしまうかもしれません。

    職場ですべての仕事を自分でこなさなければならない、極端に自分の責任を感じている、などという場合は責任を取らされることが強くなってしまい、嫌になってしまう可能性があります。

    部下がミスをすれば自分の責任になる、などという場合はなかなか大変ですよね。

  • スポンサーリンク

  • 2.生きるのが怖いと感じる3つの出来事

    それならば、どんな時に生きるのが怖いと感じるのでしょうか。

    将来が不安であったとしても、常に生きるのが怖いと感じているわけでは無いかもしれません。

    ふとした時に生きるのが怖い、これから先どうなるのか分からなくて怖い、などと思うことがあるでしょう。

    それは一体どのような瞬間なのでしょうか。もしも「多くの人がこのようなタイミングで生きるのが怖いと思っている」などとわかれば、もしも自分が不安になったとしても「みんなも不安に思う」と安心できるかもしれませんよ。

    2-1.夜眠れないとき

    夜眠れない時、生きるのが怖いと感じることがあります。

    眠れない時はいろいろなことを考えてしまいますよね。

    その結果ますます目が覚めてしまうということもありますが、夜眠れない時は眠るために努力をする一方で、余計なことに頭を巡らせてしまうこともあります。

    布団の中でじっとしているだけですから、なおさらやることが他になく、マイナスなことばかり考えてしまうかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.死を直前にした時

    死を直前にした時、つまり死ぬかもしれないと思ったときにも人間は自分の人生が強くなると言われています。

    自分の事に限らず、例えば家族が死にそうである、友人が交通事故にあって生死の境をさまよっている、などという場合は生きるのが怖くなってしまうこともあるでしょう。

    もちろん、自分が病気になって余命宣告された、などという時も「死ぬ時はどんな感じなんだろう」「残された人々はどうするのか」などと怖くなってしまうものです。

    2-3.逃げ出したい出来事が起こった時

    逃げ出したいと思うような出来事が生じた時、生きるのが怖いと思ってしまうこともあるでしょう。

    例えば失業し、これからどうしたら良いのかわからないとなった時もこれからどうなるのか不安になり、生きるのが怖くなってしまうのではないでしょうか。

    家族が病気になり、もう助からないなどと言われた時も逃げ出したくなりますよね。

    家族がいなくなったらどうなるのか、不安に思うものです。

  • スポンサーリンク

  • 3.生きるのが怖い人がかかりやすい病気

    生きるのが怖いと感じる場合、そのような人はかかりやすい病気があると言われています。

    生きるのが怖いと頻繁に感じる場合、自分の人生にやりがいがない、将来が怖くてたまらない、などというネガティブな感情が働いていますので、そこから病気になってしまう可能性もあるのです。

    ここでは、生きるのが怖いと感じている人がかかりやすい病気について紹介していきます。

    3-1.離人・現実感喪失症候群

    離人・現実感喪失症候群というのは体や精神から自分が切り離されたような感覚が起こり、自分の生活を外から観察しているときに生じている問題です。

    自分の生活を外から観察しているように感じる、自分が切り離されているように感じる、という場合はこのような症状を疑ってみると良いかもしれません。

    精神療法や認知行動療法が役立つと言われています。

    人間は4分の1の人がこのような感覚を少なからず1度や2度、経験すると言われています。

    命を脅かすような危機にある、強い疲労を感じている、などという場合に起こりやすい問題です。

    3-2.微笑みうつ病

    微笑うつ病というのは自分でも分かりづらい症状だと言われています。

    落ち込んだ気分を抱えながら、職場や家族、友人の前で笑顔で接している場合、このような症状になってしまっているかもしれません。

    これは正式な医学用語ではありませんが、最近この症状にかかる人が増えていると言われています。

    どんなに最悪な気分であったとしても、人間は仕事に行き、周りの人と接することができてしまうからこそ生じる問題です。

    4.生きるのが怖いと感じた時には3つの対処法を試してみよう

    もしも生きるのが怖いと感じたら、このような対処法を試してみましょう。

    そのまま生活していても自分が辛くなってしまう可能性がありますので、もしも生きるのが辛い、怖い、と感じた場合は自分から対処法を求めていかなければいけません。

    4-1.カウンセリングを受ける

    カウンセリングを受けましょう。

    カウンセリングと話をすることで自分の問題が明らかになり、その問題解決に集中できるかもしれません。

    カウンセリングの人はあなたに対して批判的な目を向けることもありませんし、あなたのやり方を肯定することもありません。

    自分の問題を突き止めることも可能ですし、非常に有意義な時間だと言えるでしょう。

    おすすめのカウンセリング先1.心理オフィスステラ

    カウンセリングを受けたいと思っても、いざどのようにカウンセリングを受けたら良いのかわからない、精神科に行くなんて誰かに見つかったら嫌だ、などと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

    そのような人には心理オフィスステラがお勧めです。

    生き方とあり方をカウンセリングのコンセプトとしており、事務所は大阪にあります。

    予約をしなければいけませんのでチェックしておきましょう。

    人間関係や自信のなさ、無気力などに悩んでいる人こそ、お勧めです。

    おすすめのカウンセリング先2.フェアリィ

    フェアリィというのは埼玉県川口市にあるカウンセリングルームです。

    家族や家族に近い身近な人との関わり愛を中心に幸せになるため、カウンセリングを行っています。

    分かり合いたいのにうまくいかない、家族に言いたいことが言えない、という人はぜひ訪ねてみてください。

    おすすめのカウンセリング先3.Cotree

    カウンセリングのCotreeはカウンセラーとオンラインで話すタイプのカウンセリングになります。

    ビデオや電話で好きな時間に相談できますし、スマホ1つで専門家に頼れるため、時間がない、病院に行く勇気がない、外出したくない、などという人にもオススメです。

    自分に合った専門家を見つけられ、カウンセラーによって値段もかかりますが良心的な値段だと言えるでしょう。

    4-2.自分らしく生きる

    自分らしく生きるためには一体どのようにしたら良いのでしょうか。

    ここでは、生きるのが怖いと感じている人が自分らしく生きる方法を紹介していきます。

    人生が楽しめない、将来が不安、などと感じている人はぜひ試してみてください。

    方法1.趣味・特技を持つ

    まず、趣味や特技を持ちましょう。

    自分がやってみて楽しいと思える何かを持つことで、その時間を自分のために使えるようになります。

    特に小さな頃から否定されてきた、何か楽しもうとしても周りから批判された、などという経験を持つ人は趣味や特技を持っていないことがあります。

    周りからの目線を気にする必要はありません。

    自分が楽しめる何かを持てば良いのです。

    方法2.自分がやりたいことをやってみる

    自分がやりたいと思うことをやってみましょう。

    将来のことが心配になるのはわかりますが、だからといって自分のやりたいことができない、自分のやりたいことが後回しになっている、という状態では健康的ではありません。

    自分のやりたいことをやってみるからこそ、人生が楽しめるのです。

    楽しいと思う何かを実行することで、不安な気持ちを忘れることができます。

    方法3.何に恐怖を感じるのか分析する

    何かに不安な気持ちを持っているならば、一体何に対して自分が不安に思っているのか原因を探ることも大切です。

    そもそも原因がわからなければ解決することもできないですよね。

    しかし、自分がなぜ不安に思っているのか根本的な理由がわかれば、その問題を解決することが可能になります。

    いっぽ踏み出すためにも、今自分が何に不安を感じているのか、恐怖を感じているのか、考えてみてはいかがでしょうか。

    4-3.自分の心を理解するために心理学を学ぶ

    自分の心を理解するために心理学を勉強してみても良いかもしれません。

    心理学を勉強することで学問にも集中できますし、さらに自分の気持ちがスッキリする可能性もあります。

    ここではそんな心理学を学ぶためにお勧めのスクールを紹介します。

    4-3-1.神戸メンタルサービス

    神戸メンタルサービスでは、心理学のワークショップや講座を開催しています。

    心理学を勉強してみたいと思う人にとってオススメの場所で、誰でも参加が可能です。

    4-3-2.ユーキャン

    ユーキャンと言えば、テレビのシーエムなどでもよく知られていますよね。

    いわゆる通信制講座で、自分のペースで勉強することが可能です。

    仕事で忙しい人であっても、自分の空いた時間を使って勉強できますからオススメですよ。

    心理学にも様々な種類のものがありますので、ぜひ利用してみてください。

    4-3-3.放送大学

    放送大学を利用しても良いですね。

    放送大学は録画ができますので、基本的に自分の好きな時間で勉強ができます。

    忙しくて学校に行く暇がない、講座に参加するような余裕がない、などという人であっても安心です。

    5.あなたの人生を好転させるにはちょっとした行動が大事

    もしも人生に対して恐怖を感じているならば、ぜひ自分が一体何に対して恐怖心を持っているのか原因を突き止めましょう。

    それから問題解決を図ることが大切です。

    また、考え方次第でいくらでも人生が楽しくなりますから、落ち込みすぎないことも大切です。