動物に好かれる人の5つの特徴とは?好かれるためのチェック項目も!

動物に好かれる人の特徴5つ スピリチュアル

動物に好かれやすい人っていますよね。

動物にあまり好かれない人にとって、動物に好かれる人は憧れなのではないでしょうか。

実は、動物に好かれる人には多くの共通点があるんです。

今回は動物に好かれる人の共通点や動物に好かれるためのチェック項目までご紹介します

動物に好かれるための具体的な方法もご紹介しているので、すぐに実践して今よりも動物に好かれましょう!

スポンサーリンク

1.動物に好かれる人の5つの特徴

動物に好かれる人の5つの特徴

動物に好かれる人には、多くの共通点があるのをご存知でしょうか。

その中でも主な特徴5つを以下の順にご紹介します

  • 落ち着いている
  • 頼りがいがある
  • 動物を飼ったことがある  
  • 子供が好き
  • 嫌な匂いがしない

当てはまる特徴が多いほど、動物に好かれやすいです。

できるだけ多くの特徴を押さえて、動物に好かれましょう。

1−1.落ち着いている

動物に好かれやすい人の特徴に態度や行動が落ち着いているという共通点があります。

特に小動物などの体の小さい動物は、狩られる立場の存在なので急な動きに敏感です。

落ち着いている人は、行動もゆっくりしているので、恐怖心も和らぎやすいとされています。

また、落ち着きのある人は急に怒ったり大声を出したりすることもありません。

なので、動物は警戒心なく安心してそばにいることができるのです。

よく、「自分が怖がっていると動物も怖がる」ということがありますが、それはとても的を得ています。

動物は人よりも警戒心が強く、人の行動や感情を敏感に察知するので、人が怖がっているのがよくわかるのです。

動物と接する人の多くは、落ち着いているという共通点を持っているのは、動物に不用意な恐怖心や警戒心を抱かせないからということが分かります。

  • スポンサーリンク

  • 1−2.頼りがいがある

    動物に好かれやすい人の特徴に頼りがいのあるという共通点があります。

    犬などの群れで行動する動物の多くは縦社会です。

    動物はリーダーに服従する性質があるので頼りになるということは動物に好かれやすいです。

    普段の生活の中でも、他の人との接し方などを動物は本能的に察知して、誰がリーダーなのかを感じ取ります。

    リーダーであると確定した時に、動物は服従してなつくことはよくあるケースです。

    頼りになる人がいなくなると、動物は群れを守ろうとして自分がリーダーになろうとするでしょう。

    すると、噛みついたり吠えたりと問題行動が多くなる原因にもなるのです。

    動物に好かれる人は、動物から見てリーダーにふさわしい頼りになる人が多い傾向にあります。

    1−3.動物を飼ったことがある

    動物に好かれやすい人は、動物を飼ったことがある人が多いです。

    その理由として、動物との接し方に慣れているということがあります。

    動物との接し方に慣れていない人は、嫌がる場所を撫でたり恐る恐る触ったりと、動物からしても不安になってしまう行動を取りがちです。

    動物も不安になる接し方をされるよりも、接し方に慣れた人の方が安心できます。

    他にも、動物を飼ったことがある人は視線を動物に合わせて低くしようとする傾向があるのも特徴です。

    動物を飼ったことのない人は、普通に立ったまま接することが多いですよね。

    ですが、動物は見下ろされた状態だと恐怖心や警戒心を持ちやすくなってしまいます。

    動物を飼ったことのなる人は、動物とは視線を合わせて接するものという考え方が自然と身についているので、動物も警戒せずに接することができるのです。

    動物を飼ったことがある人は、動物に嫌がられない接し方や、視線に合わせることが自然と身についているので、動物に好かれやすいこともあります。

  • スポンサーリンク

  • 1−4.子供が好き

    子供が好きな人は、動物に好かれやすい傾向があり、動物の接し方もうまい人が多いです。

    実は子供と動物は接し方に似ているところが多々あります。

    例えば、子供が悪いことをして叱るときは、分かりやすく何がダメなのか伝えながら叱るでしょう。

    動物に接するときも同じで、分かりやすくだめということを伝えるのは大切なことです。

    他にも、褒めるときはめいいっぱい褒めたり、分かりやすい言葉を使ったりと、子供と動物は接する時の共通点は多くあります。

    子供が好きな人は、言葉は通じなくても、気持ちや理由をわかりやすく伝えようとする行動が自然と身についているのです。

    そんな分かりやすい態度が動物も安心できて、好かれることに繋がります。

    1−5.嫌な匂いがしない

    嫌な匂いがしないということも、動物に好かれる人に多い特徴です。

    動物の多くは、人間の何倍も何十倍も嗅覚が優れていて、特に人工的に作られた香水や柔軟剤の匂いを嫌う傾向がありま

    人間がいい匂いと感じる香水や柔軟剤の匂いにも、敏感に感じ取ってしまうこともあるので、無臭は難しくてもなるべく香水などは付けずに接してあげましょう。

    オーガニックの香水などでも、柑橘系は特に動物は嫌がる傾向があるので、使用する場合は気をつけてください。

    動物に好かれる人の特徴についてご紹介しました。

    次は、動物に好かれる人のスピリチュアルな特徴をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 2.動物に好かれる人の中にはスピリチュアルな特徴もある

    動物に好かれる人のスピリチュアルな特徴

    動物に好かれる人の中には、スピリチュアルな特徴を持つ人もいます。

    動物は人よりもオーラを敏感に感じとることができるので、動物に好かれる人はスピリチュアルな共通点が多いのです。

    今回は、スピリチュアルな特徴の以下の2項目をご紹介します。

    • 優しいオーラや雰囲気がある
    • 強い霊感がない

    2つの共通点を順に詳しくご紹介します。

    2−1.優しいオーラや雰囲気がある

    動物に好かれる人のスピリチュアルな特徴の1つ目は、優しいオーラや雰囲気があるというものです。

    オーラとは、生き物から自然に発せられる目には見えない霊的なエネルギーのことで、動物は人よりも敏感に感じることができます。

    人間には色で見えることが多いですが、動物は雰囲気や波動で感じ取ることもあるようです。

    人が怒ったり苛立ったりしている時には、オーラは荒れるので、オーラに敏感な動物は警戒して近寄ってきません。

    動物に好かれる人のオーラは荒れることがあまりなく、比較的穏やかな場合が多いです。

    優しいオーラや雰囲気がある人に動物は、警戒することなく近寄れるので好かれやすいと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 2−2.強い霊感がない

    動物に好かれる人のスピリチュアルな特徴の2つ目は、強い霊感がないというものです。

    動物は人よりも霊に敏感で、霊感が強い人には怪しい雰囲気を感じて近寄らない傾向があります。

    霊感があれば動物の気持ちがわかったり対話ができそうですが、実は人よりも警戒心の強い動物は、霊的な気配にも敏感で霊感の強い人にも警戒してしまうのです。

    時々動物が何もない空中に向かって吠えていたり、じっと見つめていたり威嚇したりしているのを見たことはないでしょうか。

    それは、動物が霊の気配を感じているところだとされています。

    霊を呼び寄せてしまうかもしれない、強い霊感を持つ人は動物には警戒されやすいのです。

    ですので、動物に好かれる人には強い霊感が強くない人が多いとされています。

    動物に好かれる人のスピリチュアルな特徴をご紹介しました。

     

    オーラが優しくて近寄りやすい人、強い霊感がない人に動物は安心して近寄ってきてくれます。

    周りの動物に好かれる人を見てみると、共通する部分も多いのではないでしょうか。

    次は気になっている人も多い、動物に好かれる人の性別のお話です。

    3.動物に好かれる人に性別は関係ある?

    動物に好かれる人に性別は関係ある?

    実は動物に好かれる人の中には、性別が関係あるという説があるのを知っていましたか。

    • 動物も異性が好き説
    • 女性の方が好かれやすい説

    今回は順に動物に好かれる性別について詳しくご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 3−1.動物も異性が好き説

    実は動物も異性が好きという説があります。

    オスは女性を、メスは男性に好きになりやすいという説です。

    これは生物学的に、人も動物も共通するところが多くある、という理由が考えられます。

    例えば、人の男性や動物のオスは、筋肉質でしっかりした体つきやリーダシップがあり、声や動きが大きいなどの共通点があるのです。

    人の女性や動物のメスは、丸みを帯びたしなやかな体、声が高く言動が落ち着いているなどの特徴も共通するところがあります。

    確かに、オスの犬が男性には興味を示さず、女性の方ばかりに懐くということは日常的にもよくあることなので、あながち間違いではないのかもしれません。

    3−2.女性の方が好かれやすい説

    女性の方が動物に好かれやすいという説もあります。

    女性の方が動物に好かれやすい点として考えられるのは、話し方や行動がゆっくりとしている、優しい雰囲気があるなどです。

    女性は、動物に警戒心を持たせることがあまりありません。

    男性は声や体も大きいので動物は威圧感を感じてしまうのかもしれません。

    もちろん、人によっては機敏に動く女性もいたり、ゆっくりとした話し方をする男性もいるので、一概には言えませんが、女性の方が好かれやすいという傾向はあるようです。

    動物も異性が好き説や女性の方が好かれやすい説をご紹介しました。

    人によって個性があるので一概には言えませんが、性別で好かれる傾向があるのは事実だと考えられています。

    次は、動物に好かれない人必見の、動物に好かれるために今すぐできる3つのチェック項目をご紹介します。

    4.動物に好かれるためのチェック項目3つ

    動物に好かれるためのチェック項目3つ

    動物に好かれるために、今すぐできる簡単なチェック項目3つをご紹介します。

    実はちょっとしたことに気をつけるだけで、動物に好かれやすくなるポイントがあるんです。

    • 匂いに気をつける
    • 理性的な行動をする
    • 動物が好きな気持ちをちょっと抑える

    どれも簡単にできることなので、ぜひ実践してみてください。

    1つずつ詳しくご紹介します。

    4−1.匂いに気をつける

    まずはあなたから発せられる匂いに気をつけてみましょう。

    動物は嗅覚が人よりも敏感なので、人が感じないちょっとした匂いにも敏感に反応します。

    普段から香水をつける人は、控えめにしてみたり、香りの強い柔軟剤を使っている場合は、量を少し減らしてみてください。

    動物にとって強すぎた匂いも、香水や柔軟剤など使用する量を減らすことで平気になることもあります。

    無臭が理想ですが難しい場合は、できる範囲で無臭に近づけるようにしてみてください。

    動物と接するときは匂いに気をつけることで、動物の警戒心を緩和させ、好かれやすくなります。

    4−2.理性的な行動をする

    ちょっと怒りっぽかったり、イライラしてしまう人は、理性的な行動を心がけてみましょう。

    理性的な行動とは、感情や本能に気持ちを左右されずに、冷静に行動することです。

    動物は感情的に行動する人には警戒心を持ちやすい傾向があるので、理性を持って動物と接することで動物にも警戒心を持たれにくくなります。

    気分が荒れた時には深呼吸をしたり、一度動物のいる場所から離れて気分を落ち着ければ理性的な行動がとりやすいです。

    動物を飼う前など、準備期間にぜひ試してみてください。

    4−3.動物が好きな気持ちをちょっと抑える

    「動物が好きすぎる!」という気持ちをあえてちょっと抑えてみましょう。

    動物が好きすぎて気持ちがが行動に出てしまう人も、動物に警戒されてしまいます。

    例えば、動物が可愛すぎて大きな声を出してしまう、激しく触りすぎてしまう、追いかけてしまうなど、動物が嫌がる行動をしている人は案外多いものです。

    動物が好きな気持ちは、とてもよくわりますが、動物が怖がって好かれないのでは意味がありません。

    好きの気持ちをちょっとだけ抑えて、動物から近寄ってくるのを待ってみると、動物も警戒心をといてくれます。

    近寄ってきてくれても、すぐには手を出さずに様子を見てみましょう。

    心を開いてくれたら、自然と動物は寄ってきてくれて、触らせてくれます。

    以上、動物に好かれるためのチェック項目3つをご紹介しました。

    匂いに気をつける、理性的な行動をする、好きすぎる気持ちをちょっと抑えるなど、簡単なポイントで、動物の警戒心を持たれにくくなります。

    動物に好かれない、仲良くなりたいという人はぜひ実践してみてください。

    次は、動物に好かれたい人におすすめの具体的なアクションをご紹介します。

    5.まずは小さな動物を飼ってみるのもあり!

    まずhが小さな動物を飼ってみるのもあり!

    動物に好かれるために、まずは小さな動物を飼ってみてはいかがでしょうか。

    犬や猫などは賃貸だから難しいという事情もあるかもしれませんが、小動物なら賃貸でも飼育可の場合もあります。

    今回はおすすめの小動物3種類をご紹介します。

    • ハムスター
    • ウサギ
    • ハリネズミ

    順に詳しくご紹介します。

    5−1.初めてのペットでも安心のハムスター

    ハムスターは手のひらサイズの小動物で、飼育スペースもあまりとらないので一人暮らしやお子さんのいる家庭でも飼いやすい動物です。

    体が小さいので、警戒心が強いですが、上手に接することで慣れてくれる場合もあります。

    動物に警戒心を持たせないように接する方法を学ぶには絶好の動物ですね。

    ハムスター の買い方に関しての書籍やネット上での情報もたくさんあるので、初めてペットを飼う人も飼いやすい動物ですよ。

    種類 ハムスター
    メリット 省スペースで飼える。飼育方法の情報が豊富。
    おすすめの人 初めてペットを飼う人におすすめ。
    ペットショップでの平均価格  1,000〜3,000円(種類によって異なります。珍しい品種は1万円を超えることも。)
    平均寿命2〜3年(種類や飼育環境によっても異なります。)

    5−2.なれやすく育てやすいウサギ

    ウサギはハムスターより警戒心が少なく、部屋を散歩させる時やご飯をあげる時などコミュニケーションを取る機会も多いので、動物に慣れるのにぴったりな種類です。

    上手に接すれば人に慣れやすいので、動物とコミュニケーションをたくさんとってみたい人におすすめです。

    体は小型犬くらいの大きさのものもいますが、賃貸でもウサギは可の物件もあるので、一度管理者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

    ウサギは他の2種類と比べて診てくれる動物病院も多いので、もしもの時も安心です。

    種類 ウサギ
    メリット 小動物の中でも診てくれる動物病院が多い。
    おすすめの人 ある程度の飼育スペースがあり、動物とコミュニケーションをとりたい人におすすめ。
    ペットショップでの平均価格  5,000〜50,000円(種類によって異なります。雑種は安く、純血種は高い傾向があります。珍しい品種は10万円を超えることも。)
    平均寿命7〜10年(種類や飼育環境によっても異なります。)

    5−3.人気急上昇のハリネズミ

    ハリネズミは最近人気急上昇の小動物です。

    ハリネズミは体に針があり、警戒心の強い動物なので、飼っていると自然と警戒心を持たれないような行動ができるようになるでしょう。

    飼育スペースも少なくて済むので、ワンルームや自分の部屋でも飼うことができます。

    ハリネズミはミルワームなどの生の虫を食べたりもするので、虫が苦手ではない人や、ハリネズミが大好きな人におすすめです。

    ハリネズミカフェの店員さんには「最初は虫が苦手だったけど、慣れるので大丈夫」と話す人も多いので、虫嫌いは慣れれば乗り越えられる人もいます。

    種類 ハリネズミ
    メリット 省スペースで飼える。警戒心を持たせないように行動できるようになる。
    おすすめの人 ハリネズミが好きな人や虫が苦手じゃない人。
    ペットショップでの平均価格  10,000〜30,000円(種類によって異なります。珍しい品種は5万円を超えることも。)
    平均寿命5〜10年(種類や飼育環境によっても異なります。)

    他にも、インコやモルモット、チンチラやデグーなどの小動物もおすすめです。

    ぜひ自分に合った種類を見つけて、飼ってみてはいかがでしょうか。

    次は、仕事を通して動物に慣れる方法をご紹介します。

    6.動物の世話をするアルバイトをしてみるのもあり!

    動物の世話をするアルバイトをしてみるのもあり!

    「やっぱり家では動物は飼えない…」という人におすすめなのが、動物に関わる仕事をしてみることです。

    特に学生や主婦など、アルバイトをしている人におすすめで、仕事を通して動物と接することで、動物との適切な距離感や接し方を実践的に詳しく知ることができます。

    • ペットショップ
    • 動物病院
    • 牧場

    今回はおすすめの動物に関わるアルバイト3つを詳しくご紹介します。

    6−1.たくさんの種類の動物がいるペットショップ

    全国的に多く求人があるのが、ペットショップです。

    店舗にもよりますが、犬や猫はもちろん小動物や鳥、爬虫類や魚など幅広いペットの世話をします。

    資格不要な求人がほとんどなので、仕事につくためのハードルも低く、仕事をしながら動物に慣れるための方法を知ることができます。

    ペットとして飼う動物の世話や、餌をはじめとしたペット用品の知識も身につくので、将来ペットを飼いたい人にもおすすめです。

    身近な商業施設の中に入っている店舗も多いので、通勤しやすく短時間勤務が可能な場合も多いので学業や家事と両立しやすいのもおすすめポイントになります。

    6−2.動物のサポートをする動物病院

    次に、多い求人は動物病院のサポートスタッフです。

    受付業務や先生のサポートスタッフなら、資格は不要な場合が多いので、仕事につくまでのハードルも低くなっています。

    病気の動物と接する場合が多く、診療の際に動物を落ち着かせたり気を外らせるなどの、動物たちが元気になるためのサポートする業務が多いです。

    他にも、受付業務やしつけ教室なども行っている病院もあるので、病院によってはたくさんの知識や技術を習得することができます。

    時には動物の命の危機に直面する現場ですが、その分やりがいがあり、動物に好かれる人に多く共通する5項目も働いているうちに身につきそうですね。

    病院も街中から田舎までいろいろな場所にあるので、通勤も比較的しやすい場合が多くあります。

    6−3.動物に慣れるとともに体力もつく牧場

    他にも、牧場で働くという選択肢もあります。

    牧場では、牛や羊、豚や鳥などの家畜の世話が主です。

    掃除や搾乳の補助など普段経験することのできない作業が多く、肉体労働がメインなので動物の世話の仕方とともに体力や筋力も身につくでしょう。

    体の大きな動物の世話をすることで、動物に臆さず堂々として落ち着いた振る舞いも身につきます。

    牧場は都会には少ないので、通勤の際は車やバスを利用することが多いです。

    経験や資格も問わない場合がほとんどなので、世話を通して動物に慣れたい人にはおすすめの仕事になります。

    仕事を通して動物に慣れるおすすめのアルバイト3つをご紹介しました。

    動物を世話する仕事には、命を扱うという責任もついてきますが、それ以上に一生懸命世話した動物に懐かれたときや、飼い主さんの笑顔にこれ以上ないやりがいを感じることができるでしょう。

    動物に好かれるために慣れたいけど、家で動物を飼えない、責任感ある人におすすめです。

    まとめ

    今回は、動物に好かれる人の特徴と動物に好かれるための方法をご紹介しました。

    動物に好かれる人の特徴として、「落ち着いている」「頼りがいがある」「動物を飼ったことがある」「子供が好き」「嫌な匂いがしない」の5つの特徴があります。

    どれも動物を警戒させない特徴でした。

    他にもスピリチュアルな特徴や性別によって好かれる場合があるようです。

    動物に好かれたい人は、動物に好かれるためのチェック項目をぜひ実践してみてください。