甘い言葉に騙されちゃダメ!10の具体例と男性心理を解説!

甘い言葉に騙されちゃダメ!10の具体例と男性心理を解説! 恋愛

男性に甘い言葉を囁かれてドキッとした経験がある人も多いですよね。

誰しも優しく甘い言葉を囁かれると嬉しく感じたり、相手を意識してしまうものです。

しかし、甘い言葉を簡単に信じてはいけません!

この記事では、男性が甘い言葉を囁くときの隠された心理や、甘い言葉を使う男性と上手くやっていく秘訣をご紹介します。

身近に甘い言葉を囁く男性がいる人は上手く付き合う秘訣を知って、甘い言葉に騙されないようにしましょう。

スポンサーリンク

1.甘い言葉を簡単に信じるのは危険!

甘い言葉を簡単に信じるのは危険!

普通に接する男性は甘い言葉は囁かないもの。

だからこそ、甘い言葉を囁かれるとドキッとしてしまいますよね。

しかし、すぐに信じてしまうと、裏切られてしまうこともあります。

男性が甘い言葉を囁くときの主な心理は以下の通りです。

  1. 何か秘密を隠したい
  2. 自分がモテるか腕試ししたい
  3. お世辞を言って機嫌を取りたい

それぞれについて、順番に見ていきましょう。

男性の心理1.何か秘密を隠したい

借金や浮気、重大な秘密を隠すには、相手の意識をそらす必要があります。

そんな時に甘い言葉を囁いて、隠したいことから自分の方へ女性の意識を向けさせるのです。

相手の気持ちが、隠し事も気にならないくらいに自分に向いてくれると大成功、と思っている男性も中にはいます。

自分の思うように女性をコントロールする手段の一つとして甘い言葉を使う男性もいるので、甘い言葉で操られないように気を付けましょう。

  • スポンサーリンク

  • 男性の心理2.自分がモテるか腕試ししたい

    自分がモテるのか腕試しするために甘い言葉を囁くケースもあります。

    いわゆるイケメンでナルシストな、女性にモテた実績がある遊び慣れた男性に多いです。

    女性を落とせるか、ゲーム感覚で甘い言葉を使っていることもあるので、注意してくだい。

    また、純粋な女性が恥ずかしがる姿を見たいと思っていることも多いので、真に受けて大きなリアクションをしすぎないことが大切です。

    特に年配の男性に多い傾向がありますが、一度恥ずかしがると何度も甘い言葉を囁かれてしまいます。

    落ち着いた男性だからといって、油断はできませんね。

    男性の心理3.お世辞を言って機嫌を取りたい

    リップサービスで、甘い言葉を囁く男性もいます。

    仕事関係の男性やホストクラブの男性は特に、女性をお客様として機嫌を取ろうとして甘い言葉を囁いていることが多いです。

    女性慣れしている男性に多い傾向があります。

    悪意はありませんが、本気でもないので注意しなければなりません。

    このケースも、リップサービスだと割り切って真に受けないことが大切です。

    以上、男性が甘い言葉を女性に囁く時の心理でした。

    もちろん、彼氏や旦那さんなどは愛情が溢れ出て、甘い言葉を囁いていることもあります。

    そのときは素直に受け止めるのが良いですが、親しくない男性からなら要注意です。

    次の項目では、甘い言葉の具体例ごとに隠された男性心理をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 2.甘い言葉の具体例10選!隠れた男性心理も解説!

    甘い言葉の具体例10選!隠れた男性の心理も解説!

    男性がよく使う甘い言葉を10個ご紹介します。

    • 愛しているよ
    • ◯◯さんが一番かわいい
    • 外見なんて気にしないでいいよ
    • 一緒にいられるだけで嬉しい
    • ◯◯さんには絶対嘘はつかないよ
    • 結婚したいな
    • ◯◯さんしかいないよ
    • もっと甘えてほしいな
    • 好きなように自由にしていてね
    • いつか一緒になりたいな

    それぞれの甘い言葉に隠された男性の心理も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    甘い言葉の例1.愛してるよ

    恋人関係がある場合、「愛してるよ」は素直に愛の言葉と受け取っても良いでしょう。

    しかし、まだ付き合っていない段階の関係ならば、ただ甘い言葉で口説こうとしている可能性もあります。

    本命の女性相手ならば、軽々しく「愛してるよ」なんてあまり言いませんよね。

    言葉だけ出なく行動でも気持ちを表そうとしているはず。

    行動が無いならば、口先だけの言葉と取っても良いでしょう。

    また、彼氏や旦那さんが何度も「愛している」と繰り返すようなら、浮気を隠すために言っている可能性もあります。

    誠実な言動をしない男性の甘い言葉には要注意です。

  • スポンサーリンク

  • 甘い言葉の例2.◯◯さんが一番かわいい

    「かわいい」というシンプルな褒め言葉にうれしくなってしまう女性も多いでしょう。

    甘い言葉の中でも簡単に言える傾向があるこの言葉は、恥ずかしがる女性の反応を見たい男性がよく使いがちです。

    また、良い関係を作ろうとする時に言う、リップサービスの代表の言葉でもあります。

    女性に自信を与える言葉なのと同時に、軽い男性ほど本気で言っていない可能性が高いので、傷ついてしまうことも多いのも事実。

    「一番」と言うフレーズから、比較する女性がいることも珍しくありません。

    嬉しいと思いつつも、本気ではないと考えましょう。

    「ありがとう」と受け流すのがベストです。

    甘い言葉の例3.外見なんて気にしないでいいよ

    「外見を気にしなくていい」という言葉は、慰めてくれる優しい言葉のように感じますが、本心で言っている男性は少ないです。

    女性が「わたし太ってるし……」と悲観的になっている時に言う甘い言葉。

    また、女性を傷つけたくはないけど、上手い言い回しが思いつかない時にも使う人が多いです。

    男性は口では外見なんて気にしなくて良いとは言うものの、できれば綺麗な女性が良いと思うもの。

    男性と女性の「ぽっちゃり」の度合いは男女でかなりの差があります。

    女性はお腹や足、二の腕など全体的なぽっちゃりを想像していたとしても、男性は少し顔がふっくらしている程度を想像していることも。

    「外見が良い女性がタイプ」なんて世間体を気にして言えないので、お世辞で言っていることが多いです。

    本気で捉えず、綺麗でいる努力は怠らないのが正解です。

  • スポンサーリンク

  • 甘い言葉の例4.一緒にいられるだけで嬉しい

    恋人関係なら「一緒にいられるだけで他には何もいらない」といった深い愛情が感じ取れる言葉です。

    遠距離恋愛なら、特にそう思うことも多いでしょう。

    一方で、恋人関係ではないときは、相手をドキッとさせたい時に使うこともあるようです。

    必要とされていると感じさせて、女性に甘えたいという心理が読み取れます。

    友人同士で冗談半分で言うこともあるようなので、鵜呑みにせずにさらりとかわすと良いでしょう。

    甘い言葉の例5.◯◯さんには絶対嘘はつかないよ

    本当に嘘をつかない人は、自分から嘘をつかないとは言いません。

    特に、普段から口が軽い人や行動が軽率な人は信用しないようにしましょう。

    恋人関係で、嘘や浮気などの前科がある場合は、また同じことをしてしまう可能性が高いです。

    性格上しょうがない場合もありますが、うまく舵をとって、間違った行動をしないように導いてあげると良いでしょう。

    恋人関係ではない場合は、その言葉の真意はなんなのか、会話の中から探ってみてください。

    出会って間も無いときはすぐに信用してはいけません。

    時間をかけて信用できるか見極めましょう。

  • スポンサーリンク

  • 甘い言葉の例6.結婚したいな

    「結婚したい」という言葉は、恋人関係でプロポーズの言葉ならすごく嬉しい言葉ですよね。

    しかし、言葉だけならいくらでも言うことができます。

    結婚したいと切実に考えている女性に対して使うことで、気持ちを向けやすくなる甘い言葉でもあるのです。

    女性をキープしたいと考えて言っている場合もあるでしょう。

    実際には結婚する気はそれほどなくて、夢を語っているだけの可能性もあります。

    付き合う前の状況で言っているなら、信用はしないほうがいいでしょう。

    本気で言っているかどうか確認したい時は、時期を聞いてみてください。

    もし、はぐらかされるようなら彼は今のところは本気ではありません。

    甘い言葉の例7.◯◯さんしかいないよ

    「君しかいない」という甘い言葉は、出会ってから間も無い関係か、ずっと一緒にいた関係かというところがポイントです。

    ずっと一緒にいたのであれば今まで近くで過ごしてきたのに、離れてしまって相手の大切さに気づいたのでしょう。

    しかし、出会って間も無い時に使う男性の場合は、上から目線のナルシストなのかもしれません。

    君しかいないと言う言葉に、わたしは頼られていると少なからず嬉しく思う女性も多いはずです。

    女性が自分の言った言葉で喜ぶことで気分を良くしている男性なのかもしれません。

    「なんで私しかいないの?」と聞いてみて、具体的な理由を言ってもらえない時は、ただ優越感に浸ってるだけの可能性が高いので気を付けましょう。

    甘い言葉の例8.もっと甘えてほしいな

    「もっと甘えてほしい」という言葉は、ついつい素直に嬉しく思ってしまう言葉ですよね。

    恋人関係なら、素直に甘えてみると良いでしょう。

    しかし、男性も甘えられてばかりでは疲れてしまうものです。

    男性が疲れている時は、甘えさせてあげると良いでしょう。

    一方で、恋人関係でない男性が言う場合は、注意が必要です。

    性を喜ばせることで、キープしやすくしようと思う心理が働いているかもしれません。

    恋人関係ではないなら、甘える対象は彼ではないはずです。

    冷静に受け流すのがベストでしょう。

    甘い言葉の例9.好きなように自由にしていてね

    「好きなようにしてね」という意味のこの言葉は一見優しい言葉にも見えます。

    ですが、相手にも自由にさせる代わりに、自分の行動にも踏み込まれたくないドライな気持ちもある男性が使いやすいです。

    「束縛しないから、束縛しないでね」という事ですね。

    踏み込まれたくない気持ちは、何かを隠したい不安から生まれていることもあります。

    他の女性とも自由に関わりたい、浮気をしたいと考えているのかもしれません。

    恋人関係である場合、彼の言動を注意してみましょう。

    甘い言葉の例10.いつか一緒になりたいな

    「結婚したい」とは言っていないので、一緒になりたい=結婚とは受け取らないほうが良いでしょう。

    さらに、「いつか」と曖昧な表現をしているのも言葉のまま信用しないほうがいいポイントです。

    「一緒になれる日を待っていたのに、そんな日は来なかった」なんてことになった人も何人もいます。

    特に、恋人関係じゃない相手に事あるごとに、何度も言う場合は要注意です。

    誠実な人なら、何度も言う事はないでしょう。

    以上、10個の甘い言葉の具体例をご紹介しました。

    いくつか言われた経験のある言葉もあったのではないでしょうか。

    言われたら嬉しかったり恥ずかしかったり、素直な女性だとドギマギしてしまいますよね。

    実はちょっとしたことに気を付けておくことで、甘い言葉を囁く男性とうまくやっていくこともできます。

    次の項目では、甘い言葉を使う男性とうまくやっていくための秘訣を見ていきましょう。

    3.甘い言葉を使う男性と上手くやっていく秘訣は?

    甘い言葉を使う男性と上手くやっていく秘訣は?

    出会って間も無いのに、恥ずかし気も無く甘い言葉を囁いてくる男性は、明らかに女慣れしていると言えるでしょう。

    本気では無くリップサービスや、自分の思うままに行動させようと思って、甘い言葉を使っていることが多いです。

    甘い言葉を使う男性とうまくやっていくための方法をご紹介します。

    1. 甘い言葉だけでなく行動もチェックする
    2. すぐに信じずに下の立場に見られないようにする

    甘い言葉を囁かれるたびにドキドキして振り回されないために、それぞれについて見ていきましょう。

    秘訣1.甘い言葉だけでなく行動もチェックする

    甘い言葉だけではなく、行動もチェックしましょう。

    男性が囁く甘い言葉が本気かどうか見抜くチェックポイントは、以下の3つです。

    • 行動が対極していないかチェック
    • 普段からの仕草をチェック
    • 甘い言葉を使うタイミングをチェック

    ポイントを押さえれば、男性の甘い言葉に流されることなく付き合いやすくなります

    一緒に対応方法もご紹介するので、参考にしてみてください。

    行動が対極していないかチェック

    甘い言葉と行動が対極している男性は本気では無い可能性が高いです。

    LINEや通話、2人だけのときには甘い言葉を使うのに、他の人がいる時は他人行儀な男性は要注意。

    実は本命の相手が他にいるから、他の人がいる前ではよそよそしい態度をしているのかもしれません。

    そんな男性には、「人前でも甘えたい」と言ってみると良いでしょう。

    それでもはぐらかされて他人行儀な態度を変えないなら、本気では無いと思ってください。

    甘い言葉を囁かれても、「ありがとう」や「うれしい」などの受け入れるような言葉を使うと、相手の思う壺です。

    「冗談がうまいね」「そうなんだ」と受け流すのがベストです。

    普段からの仕草をチェック

    普段から仕草や話し方をチェックしておきましょう。

    甘い言葉を使うときとの差がわかることで、本気か見抜くことができるのです。

    人が嘘を付くときは、髪の毛を触ったり手元を動かしたり、視線を外したりするなどいつもと違う行動をする特徴があります。

    • 体の一部(顔・髪・首・手など)を触る
    • 体をもぞもぞと動かす
    • 声が上ずる
    • 視線をそらす
    • 瞬きが多い・目を閉じる時間が長い

    本人も知らず知らずのうちにやっている行動なので、相手に見抜こうと悟られることもありません。

    付き合いが長い人ほど見抜きやすいので、見極めやすい方法です。

    甘い言葉を使うタイミングをチェック

    以下のどちらかに当てはまる場合は、本気で言っているわけでは無い可能性が高いです。

    • 女性の機嫌が悪い時に甘い言葉を囁く
    • 甘い言葉を使うタイミングがパターン化されている

    特に、女性の機嫌を取ろうとする甘い言葉は本気ではありません

    都合の悪いことから気をそらすために言っているだけなので、このケースの甘い言葉は一切受け入れ無いでください。

    甘い言葉を使うタイミングがパターン化している男性は、女性の受け答えや反応を予想して言っています。

    つまり、口癖や挨拶代わりに甘い言葉を言っているのです。

    いつもと違う返事をしてみて、とっさに男性がうまく返答できないようなら本気では無いでしょう。

    このように、行動をチェックすることで、相手が本気なのか見抜け、冷静に対応することができます。

    秘訣2.すぐに信じずに下の立場に見られないようにする

    甘い言葉を囁かれてもすぐに信じてはいけません。

    簡単に甘い言葉を受け入れると、男性は女性を下の立場「都合の良い女」として見ます

    「この女性はこの言葉を言えば自分の思うように動いてくれる」と思われて、その後も同じように弄ばれるのです。

    時には借金や浮気などのトラブルの元になることもあります。

    相手が本気では無いと見抜いたら、さらりとかわしましょう。

    以上、甘い言葉を使う男性と上手く付き合う秘訣をご紹介しました。

    本気かどうか見抜けるように、普段から男性の言動をチェックしておきましょう。

    基本的にはすぐに甘い言葉を鵜呑みにせず、信じないようにしましょう。

    相手の言葉にホイホイ踊らされると、男性にとって都合の良い女になってしまいます。

    まとめ

    甘い言葉の具体例10個と惑わされないための秘訣をご紹介しました。

    甘い言葉をそのまま受け取って完全に信用するのは危険です。

    少し落ち着いて、甘い言葉を言ってくる男性の本当の心理を見極める必要があります。

    甘い言葉に騙されず、男性の行動もチェックしてください。

    そうすることで、今よりも幸せになれる恋愛を楽しめるでしょう。